So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

同人ゲーム 「ネノトリ」をクリアーv(`∀´v) [アレ系]

(記事を再構築しました)

逆流ソフトさんの「ネノトリ」が発売されましたねv(`∀´v)
ネノトリ

サークルのブログにあるとおり、オムニバス形式の寝取られ物語で、
初期版には「昔話編」と「望郷編」が収録されています。

もう一つは追加アップデートということですが、今のところ詳しい日時は指定されていません。
これは予定が遅れると荒れる原因になるからでしょうな(;´Д`A


さて、順番的には昔話編→望郷編という順番でプレイしたのだけど、
私的には昔話編の出来が、あらゆる意味で神掛かっていたといえますv(`∀´v)

昔話編は「Tの恩返し」というタイトルがあって、昔話の鶴の恩返しを基本として
そこに"ネノトリ"要素を加えて出来たものです。

ネノトリは不朽の名作「火の鳥」をパロったものでしょう( ´∀`)
物語が進むにつれて、意思疎通はできるのに全く異なる価値観を持つ超生命体的な
思考が明らかになって、主人公達を苦しめます。

恩返しはともかくとして、この「T」というのが本当に曲者で、こんなに一緒に心配して可愛がっていたのに
「~に手を噛まれる」的な流れで、話の作りが絶妙で、アレうんぬんを置いといて
物語単体としてもひじょうに興味深く、面白い内容でした。

これは是非に実際にプレイして体験してもらいたいですね。
おそらく誰もがギョギョっとビックリすること間違い無しです。
これ作った人、本当にセンスがありますねv(`∀´v)

そして今作の一番の特徴が、障子に映る影絵を使ったアニメーションです。
体験版でもその挙動は確認してはいたけれど、本当に完璧なアニメーションです。

まさかこんなにヌルヌルと動くとは思ってもいませんでしたよ(;´Д`)ハァハァ


障子越しに映る巨根、顔を前後させて ちゅぱ音を立てて口取りしている愛しい妻。
絶頂シーンでは小刻みにビクンビクンと動いてるところが憎いです! もうね最高ですv(`∀´v)

昔話編は普段はRPGツクールのチップ絵を、アニメーションシーンでは影絵を主体としたアニメーション。
主人公が見えない場所の補完シーンでは身体の線がよく分かるシルエットスタイルという構成です。

ツクールのチップ絵を見てもそうだし、障子に映る影、シルエットだけを見ても
このヒロインが絶世の美女というのが伝わってくるのが素晴らしいですv(`∀´v)
今作は録音状況が良くて、すごく清楚で明瞭なCVになっているのも良いです。

なんでこんなに隠しているのに、ヒロインの顔すら描かれていないのに興奮してしまうのでしょうかね。
いやそれは、まぁ、「夜這いゲーム」の時から分かっていた事だけどね。

なんと今回、私は、完全に障子を布団のカーテンで覆い隠したシーンで暴発してしまいましたよ(;´Д`A

もう、そこだけ抜き出すと、音声作品じゃね? と思うかもしれないけれど
ここにも作者の見事な構成が発揮されていたからこそのですよq(`∀´;q)

それまでは障子越しに影のシルエットで何をやっていたかが分かっていたのに、
慣れてきたところで完全にシャットアウトして声だけしか聞こえないという
半分見えていたところを全部隠すというシチュエーションです。

そうです、これはプレイヤーの妄想力を試されているのです!!

何をやっているかは詳しく分からないのだけど、こぼれる声から何かをやっているのは確かなので
それを想像するだけで体中に電気が奔りましたね(*´Д`)ハァハァ

もちろん、そのシーンの補完もあって、身体の相性が良いこともあって
イキまくっている妻を見ることが出来て大満足でした。

あとシナリオ上で罪を償う期間というのが設けられていて、その設定がまた とんでもなく秀逸でした。

この発想は本当に凄い。わずかに希望を持たせておくことで、主人公に対する救済やら
プレイヤー側の心を揺さぶっておいてからの十字架あの演出ですよ!

もう、私、褒めすぎだけどさ、ここでこの人、天才だと思っちゃいましたよv(`∀´v)
こういうギミックを入れられるのは現実社会に近い現代編では難しいけれど
昔話編なら すんなり受け入れられたのも大きいですね。


一方で「望郷編」はというと、私にはイマイチでした。

なんというか戦争で引き裂かれる男女の仲を描いたものなんだけど、
戦争という現実を突きつけられて、アレどころではなくなってしまい
モヤモヤがたまり胸の奥が重くなってしまいましたよq(`∀´;q)

フィクションなのに何を言ってるの? と思われるかもしれないけれど、
実際には それに近い話があったかもしれない…いやたぶんあったと思うような
理不尽さを感じてしまい、正直、望郷編ではウツっぽくて起っきしませんでしたよ(;´Д`A

でも、真相を知った時の主人公の何ともいえない気持ちは、ひじょうに上手に表現されていました。
こう、やり切れなさや、今更蒸し返せないところまで来てしまったところ などなど。

あとアレ自体についても、完全にシルエットだったので、
昔話編の身体のラインが分かるシルエットとは異なったので興奮度もイマイチでした。

まぁでも、アレが盛り上がらない一番の要素は、主人公もプレイヤー側も何となくだけど、
もうすでに「どうしようもない」という現実を感じていて、主人公は去るしかないという
選択しかないところでしょうか。

望郷編はちょっと私の趣味とは違ったのでイマイチでした。
私にとっては「昔話編」だけで十分でしたv(`∀´v)

いやはや、久々にハッスルしちゃいましたよ( ´∀`)q

この前プレイした、商業ゲームの「壁の向こうの妻の嬌声2」はエロかったけれど、
今作のようにプレイヤーの私が「喉がカラカラになって何度も水を飲む」ということは無かったしね。

まぁ「寝取られ」と「スワッピング」では焦燥感の違いはあるので、同じラインでは比べられないけれど
私は「不本意」属性を持つので今作の昔話編はド・ストライクな展開で満足しています。

ちなみに直近で、喉がカラカラになるほど渇いたのは「ナナハよ。」以来です( ´∀`)

nice!(0)  コメント(3) 

2016.9.15 雑記。 [徒然と]

今日はペルソナ5の発売日ですね('-'*
手元に届いているのだけど、開封するには至っていないぜ(;´Д`A

最近購入したものもついでに。
最近購入したもの 2016_9_15.jpg

買ってから気づいたけど、やっぱりDL購入にすれば良かったと思った。
やっぱ、ディスクは面倒くさいよ(;´Д`)

そろそろアレゲーでも始まっているけれど、ディスク媒体購入したら
一緒にDLコードも付いている販売方式にしてもらいたいぜ。

※最近はタブレットでゲームをする人がいるそうで、そうなるとディスク読みできないから
インストールすためにクライアントデータをDLするそうな。

ゲーム的には、「銀色、遥か」と「バルドハート」のサバイバルモードをプレイ中なので
とても他に割く時間がありません(;´Д`A

サバイバルモードでコンボを繋いで ちまちまと戦友化目指しています。
バルドハート 戦友コンボ.jpg
武器はパイルバンカーとバトルハンマーが強いね。三匹くらいの敵をまとめて引き寄せて持ち上げます。

あと防御用の兵装でも、密着すると とんでもないダメージが(;´Д`)ハァハァ
バルドハート ヒートプロテクターのダメージが.jpg
何このヒット数、怖いんですけど(;´Д`)ハァハァ

ちなみに「ブースト・プロテクター」は出した後に、ヒートナックル、次元拳法アッパーカットあたりを
使うと盾下のカドに天井ぶつける形でヒットさせる事ができます('-'*


というわけで、毎日忙しいので9月分のアレゲー購入はゼロということになりました。

一応、「修羅の痴漢道(BISHOP)」くらいは買おうかなと思っていたのだけど
やっぱりパッケ箱の絵が気になってしまって食指が動きませんでした。

ももぞのさんの担当するキャラはストライクなんだけど、ジャンルというか
ゲーム性が面倒くさそうというか…うーん、パスだなq(`∀´;q)
このジャンルは同メーカーの「満淫電車2」が好きだったんだけどなぁ汗

リアル生活では、たまりにたまった書籍、ディスク類を整理しようと本棚を購入してみました。
本棚を購入「山善(YAMAZEN) 薄型積み重ね本棚(幅121) ナチュラル CSBS-9012(NB)」.jpg
山善(YAMAZEN) 薄型積み重ね本棚(幅121) ナチュラル CSBS-9012(NB)

同じのを二つ購入して、二段に積み重ねています。

収納力を考えると、奥行きが深いのを選ぶべきだけど、どこに何を収納したのか
収納したタイトルを並べて見たいと思った時は、棚段の奥行きが浅くないとダメなので
このタイプを購入しました。

これで上手くいけば大量にあるアレ漫画も一列に並べられると考えていたのだけど…
そう上手くは行かなかったです・゚・(ノД`)・゚・

この棚は19.5cmまでの高さの本であれば、均等棚幅で全段使用できます。
これは青年コミックあたりまでなら十分に収納できる高さです。

しかし…アレ漫画はちょっと大きくて21.5cmくらいあるので入りませんq(`∀´;q)
入っても4段ある内の一番下の棚くらい。真ん中の棚は固定なので動かせないのでどうしようもない。

もう、オーダーラックしか無いかなと考えています(;´Д`)ハァハァ
アマゾンのこのページのやつです。

211cmのやつならギリギリ入る計算なんだけど
アマゾンで注文するやつは、棚段の板の太さが全部2.5cmなのよね。

標準タイプの棚板は1.7cmで、それが選べれば178cmの棚を選べるんだけど…むむむむ(;´Д`)

あとこのタイプは棚段の取り付け金具がデカイので、それを付けると両端は本が入らない懸念も(;´Д`)
うーん…ピッタリと収まる棚ってなかなか無いね。

とりあえず来月に一つコレ↓を購入してみるとけれど、どうなることやら。
大洋 Shelfit オーダーラック 高さ211.1cm×幅90cm×奥行19cm ダークブラウン NCOT-211090SDBFXX00

今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(2) 

アレ系 「壁の向こうの妻の嬌声2」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはアニムです。
ANIM.teamMM「壁の向こうの妻の嬌声2」を応援中!

ナンバリングタイトルになってはいるけれど、前作とは繋がりはなく、気軽にプレイできますd('-'*
前作の感想記事→http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2013-10-27

前作と比べて、スワッピングして物語が進展していくという流れは変わらないのだけど、
前作1が寝取られが規定路線だったのに対して、今作はちゃんとスワッピングものとして
色々なエンディングがあるのが良かったです。

たいてい、この手のゲームって、嫁も人妻も取られて一人ションボリという結末ばかりなのだけど
今作はその点でも一味違いましたq('-'*


■ここが良かった!■
☆意外に相手の人妻がエロくて嬉しい誤算でした。
☆口取りが多くて良かったです。人妻に驚くほど下品な音で吸われたら、そりゃぁハマってしまいますわ( ´∀`)
☆嫁の卑語の発音が気に入りました。
☆ちゃんとスワッピングからの夫婦間の気持ちの変化を描いて、エンディングも複数あるのが良かった。
☆システム周りが強化されて、フローチャート形式になっていたので物語を理解し、流れを追いやすかった。
☆また自分が通ったチャートを、その場で嫁視点でも すぐに確認できるので分かりやすかったです。
☆「CycloneX10USB」の設定が秀逸で、これまでの全ゲームの中で一番良かったです。

■ここがイマイチ■
★元々、上手な絵ではなかったけれど、それにしたって かなり雑な絵がちらほらみられて残念だった。
★アニメ演出がイマイチだった。なんでこの絵の時に動かす?っていうのが多かった。


今作は何と言っても「フローチャート式」システム周りでしょうv(`∀´v)
壁声2のフロー図システム.jpg

一度通過すると、その場面に飛べるので便利です。まさかアニムにシーンジャンプや
バックログからのジャンプボタンが付くとはビックリです。セリフの長さやオートメッセージに合わせた
バーもメッセージ枠に追加されているので驚きの進歩っぷりです。(ゆずソフトみたいな感じ)

これ、システム周りが紹介されていなかったので、ちょっと前から導入されたのかしら?
低価格シリーズは無視していたのでよく分からないのだけど、この進歩っぷりには驚きました。

驚いたのはシステム回りだけではなくて、スワッピングものとして話が作られていたのも良かったです。

何ちゃってスワッピングで、結局 寝取られ前提~というのではなくて、相手方にも悪気がなかったのも
意外というと変だけど、これまでにない作りになっていました。

上司の部長がEDで悩みを打ち明けられて、主人公が人妻を抱く事に。
嫁とは違った魅力を持つ、豊満な人妻に溺れていく主人公。
そんな交換相手を見て嫁も売り言葉に買い言葉みたいな感じで対抗心を燃やしてしまう。
最初は本当にEDで、悲しそうな雰囲気を漂わせていたのだけど、徐々に改善の兆しが見え始める。
互いに徐々に過激に求め、求められていく。
このお互いのパートナーを交換した関係が楽しくてすっかりハマってしまう。
けれど、EDから完全復活してしまった部長は夜王のように嫁を虜にしてしまう。
危機感を覚えた主人公は…

さてはて、という基本的な流れから分岐が始まり、それまで快楽優先だったのか
嫁を気遣ったりしたのかで最終の到達点が変化するのが良かったです。

つまりはスワッピングを解消して、元鞘に収まるのか。
または部長の攻めを忘れられない嫁が影で関係を続けるのか。それとも逆に相手の人妻を堕とすのか。

この部長の妻が今作のMVPと言ってもよいほどのキャラで、単なる物語の「付属物」では
無かったのが良かったです。付属物というのは主人公の嫁を寝取るためにダシに使うだけという意味です。

前作1はそんな印象が強くて つまりはグルだったわけだけど、
今作は本当に部長がEDでダメだったのが大きく異なる点で、夫を復活させるために承諾し
そして自分の欲求を満たすために半分は演じて、半分は楽しんでいる「女」の姿が印象的でした。

主人公もまた、オヤジ化が進んでいる嫁と比べて、上品で豊満な胸をもつ「上司の人妻」が
ビジュアル面だけでもそそられるのに、本番では味わった事のないようなテクニックを駆使されて
どんどん のめり込んでいく流れが良かったです。

だってあの上司の奥さんが、あの上品な口調の人妻が、主人公に抱かれるのを承諾して、
口いっぱいに珍宝をくわえ込んで、下品な音を立ててシャブリつくしてくれるんですよ?( ´∀`)
夢中にならないわけがない!

正直、嫁への当て馬だけの存在だと思っていただけに、人妻のエロさに驚いて嬉しい誤算でした。
勝気な嫁とは違ったキャラだったので、なおさら引き立ちますね。

嫁は嫁で、部長のEDが復活の兆しが見え始めた頃には、指だけで連続絶頂されられるわ
復活に向けて手や口で勃起の維持と、射精へと繋がるように協力している姿が良いですね。

あと嫁は卑語セリフが良かったです。特に珍宝呼びは わざわざアクセントを付けて強調するので
卑語をセリフで流し読みするだけでなく、ちゃんとシーンを盛り上げるキーワードとして
大事に発音している感じが伝わってきて好感がもてます。

私がここ最近で知ってる中で、珍宝をアクセント付けて読んでくれる声優さんは
今回の美空なつひ さんと、木多野あり さんだけです( ´∀`) 注目していきたいですね。

他、アレシーンにおいては、電動オナホールの「CycloneX10USB」の設定が秀逸で
細かく挙動を変化させる設定がされているので、「翻弄されている」感じが凄く良かったですv(`∀´v)

本家?のワッフルの設定だと、単に高速回転させて痛いだけの設定が多いのだけど
弱~中程度の回転でジックリと高めていってくれるのが良かったです。
(ちなみにホールは「Sexy Spiral」が最強です。これの低速は凄いです)

ちなみにCycloneX10USBの設定が標準で付いているメーカーはワッフルで、
その他にはアニムやクロックアップのゲームが一部対応という感じです。
詳しい対応状況は、各タイトルを調べてみてくだされ。

さて、今作でイマイチだった点はアニメ演出です。

なんかアニメで動いてほしい場面で動かず、「え?この場面を動かすの?」っていう不思議な
使い方をされてて違和感を感じました。…これ、本当はもっと作るつもりだったのに
簡単な場面だけで納期が来てしまい、間に合わずに~っていうパターンだと考えてしまいます(;´Д`A

あ、絵に関してはもう、いつもどおりですね(;´Д`)
ある程度は塗りでカバーできる(陰影で立体感が出るので塗りで原画から印象が大きく変わる)んだけど
今回は固定カメラ視点のような背景絵に組み込んだシーン絵がかなり雑に見えました。

こう、無理やり背景絵に入れようとして手足を折り曲げるので、窮屈な絵になっているんですよね。
今作は覗き見というより、メインは壁の向こうの声演出の方が重要なので
無理やり定点視点を入れるよりかは、バッサリ切っても良かったのにと思いました。

…その点で言えば同人ゲームの「色欲の小毬荘(千星編)」のカーテン越しのアニメーション付き
定点視点の演出は凄かったですね( ´∀`)


■まとめ■
考えていたよりもちゃんとスワッピングしててビックリしました。正直舐めてた。

ここ最近に発売されたスワッピング系のゲームに「交姦の虜たち・・・(感想記事)」があるのだけど
それとは比べ物にならないほど、しっかりと気持ちの変化が描かれているのが良かったです。

突拍子もなく部長にEDを治す手伝いを頼まれた時の夫婦の心情、上司の奥さんを抱くという高揚感、
自分の嫁がイカされている声を聞いたときの興奮と嫉妬心、快楽に流されてて
はたして自分は嫁をきちんと愛していたのかと自問する一面もあり、
主人公の気持ちの変化と 夫婦としての成長が見られてとても良かったです。

ちゃんと愛情を稼いでいると夫婦の危機も乗り越える事ができる。
夫婦に必要なのは珍宝よりも愛だということが描かれていた良いゲームでした( ´∀`)

…実際にEDから復活した部長に対して、同じ土俵で戦うのがそもそも無理ゲーでしたしね。
肉欲だけじゃないのが描かれているのが今作の美点だと思いました。



nice!(1)  コメント(12) 

2016.8.26 雑記。 [徒然と]

いやはや盆休み明けの一週間の労働、長かったです(;´Д`)

そして、その労働の対価ともいえる商業アレゲーの発売日がやってきましたねv(`∀´v)

ででーん!
2016_8_26_買い物.jpg

壁声2の箱はつぶしちゃったので、色紙を並べてみた。
銀遥でも色紙が付いているのだけれど、これ流行っているの?汗

最近、たまに色紙がついて来るね。
こう、忘れられた遺物というか、特典テレホンカードといい、色紙といい、不思議な感じです。

私的には色紙の収集に興味がないので、頑丈な付録だとしか思えないのだけれど、
まぁ、イラストカード?と比べたら作りがシッカリしている分、お得感は感じられます。

特典といえば、「銀色、遥か」を タペストリーの絵柄で選んだため
とらのあなで注文をしたのだけれど、なんと今日の内に届きました。

てっきり来週の月曜日くらいになるものだと考えていたので意外でした。
もう、アレゲーの発売日配達はデフォルトと考えて良いのかしら( ´∀`)


さて、話を戻して、現在インストールが終わったところなのだけど、
恒例のHDD容量の確認としては

「銀色、遥か」 7.20GB
『銀色、遥か』応援中!

「BALDR HEART」 6.09GB
戯画 『バルドハート』応援中!

「壁の向こうの妻の嬌声2」 3.81GB
ANIM.teamMM「壁の向こうの妻の嬌声2」を応援中!
という感じなりました。

銀遥もバルドハートも予定日どおりに出ていれば、じっくり遊べたのに…
この超大型タイトルが同日発売というのが憎いですね(;´Д`)ハァハァ

しかも、もう一点にスワッピング物まであるという(;´Д`)ハァハァ

初回起動して、ディスクチェックや認証を終わらせて、どれからプレイしようか悩みながら
部屋の掃除をしていたらこんな時間になっていたぜ( ´∀`)

…なんか最近、こんなパターンばかりだ。

とりあえず2大タイトルは時間が掛かりそうなので、手っ取り早く終わりそうな
壁声2から進めますか('-'*

明日が仕事じゃなければ、今晩中に終わるというのに・゚・(ノД`)・゚・


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(56) 

2016.8.21 雑記。 [徒然と]

終わるよ~終わるよ~・゚・(ノД`)・゚・

明日から仕事が始まります。
ほとんど家に居たので明日から外の暑さに耐えられるか心配です。

盆休みの思い出といえば、滋賀県にあるイワナの養殖場に行ってコース料理(3000円)を
家族で食べたくらいでしょうか。

たぶん、人生で最も魚を食べた一日でした。
3000円でお魚料理?って聞くと高いように思えるのだけど、5匹以上は余裕で出てきましたね。
刺身も凄くプリプリしててビックリしましたv(`∀´v)
ここ、本当にオススメです!

泥臭さや生臭さもなく、塩味が利いて良い塩梅でした。

魚の数がとにかく多かったので、梅コースで十分だと感じました。
竹コースからはお鍋が付いてくるみたいだけど、とても入りそうに無いですよ(;´Д`)ハァハァ

ちなみに池釣りもしようと父上が張り切っていたのだけど、水温が高いらしくて中止でした。
魚は水温に敏感だし仕方がないです。楽しみたい人は気をつけておいた方が良いかと。


■2016年の夏の無駄使い(同人)■
今年の夏はプレイするアレ系の商業ゲームが無いので、久しぶりに購入したカタログ記事でも
作ろうと思ったのだけど、とらのあな定期便にしているので全く届きそうに無いですね(;´Д`)ハァハァ

そもそも、「予約受付」→「発売日になる」→「一般販売開始」→「一般販売分が届く」→「予約商品が届く」という
順序になっているのでどうしようもないのだけどね。

同人系といえば、今年の夏は色々と期待していたものがピタっと足が止まってしまって残念でした。

「ネノトリ(DLsitecom)」
「涙声のギニヨル(OHP)」
「恋人じゃ…ない。 瀬戸花恋編(OHP)」  などなど、この辺りに動きがなかったのが痛かったです(;´Д`)

てか、本当にネノトリは一体、どうした?(;´Д`A
上記3つの内、これだけは確実に出ると思っていたんだけど。

「ネノトリ」は前作の「姫様と警備兵(感想)」の中途半端な肌色は廃して
元通りのシルエット重視と、そのシルエットにアニメーションが付く演出に期待しています。(体験版参照)

「涙声のギニヨル」は「ナナハよ。(感想)」を作ったところの新作で、期待しています。
体験版はプレイ済みで、感想記事として一応書きました。

5月時点ですでに組み終わっているという話だったけれど、そこから前回と同じ?ように力を
入れまくっている気がしますね(;´Д`A

まだ絵を増やす、イベントを追加とか書かれていたしね(;´Д`)ハァハァ

完成品をプレイするのは楽しみなのだけど、しばらく出ないなら、
「その先のゲスい展開を想像をさせる絵」をチラ見せして欲しいところです( ´∀`)

まぁ、ギニヨルは来年の2月か、来年の夏くらいと思っておけばいんじゃないかと考えています。

最後の「恋人じゃない~瀬戸編」は発売日とかうんぬんの前に、完成させられるのかが気になりますね。
個人的には3分割くらいした方が良かったんじゃないかと考えています。(早く出せというのではなくて)

ほらだって、例えば90ページのアレ漫画があったとしても、読み手がそれを読んで
抜くのって結局一箇所じゃない。90ページの中で一番良いシーンでっていうの。

それが30ページずつの3分割なら、30ページの中で1回、また次の30ページで1回、…というように
同じシリーズ物というのかな、同じキャラでオカズにしやすいじゃない。

90ページを一気に出されても、なかなか今日はここで、明日はここで…とはならないと思うので
気合の入った大量のページ数も良いのだけど、そこそこで良いのになとは思いました。


■8月末はアレ系商業ゲームで決まり!■
とりあえずは、「BALDR HEART」、「壁の向こうの妻の嬌声こえ2」、「銀色、遥か」の3本です。

壁声2はともかくとして、他の2本のボリュームが凄くて、それだけで年末まで過ごせそうで恐ろしいぜ(;´Д`A
上記3つとも体験版をプレイしていないので、初見プレイ時の感触には期待しています。

壁声2は、まさかナンバリングで出るとは思っていなかったので驚いています。

原画の方も変わらずで…まぁ、これはしょうがないか(;´Д`A
まぁ、ここのは原画というよりも塗りが問題で安っぽい印象が強いけれど。

今回も「壁の向こう側から聴こえてくる、妻の聞いたことの無い喘ぎ声」が聴ける演出があるんでしょうかね。
デモみたいな動画ではドアの向こう側から~のように思える背景絵が出てたけれど どうでしょう。

壁声1は、隣のマンションの部屋から聞こえてくる喘ぎ声のシーンがピークだったんだけど
今作も中盤がピークにならないように祈っています( ´∀`)

とはいえ、この新作も結局、同メーカーの「人妻交姦日記」は超えられないかなとも感じています。


最後に、やはり私が一番期待しているのは「銀色、遥か」です。
前作「星織ユメミライ(感想)」が大好評で、この新作も確実にステップアップしているのを感じますね。

マスターアップ記念のニコニコ生放送はもう観れなくなったけれど、製作中の話を聞けて楽しかったです。

余裕でワード数を超えてシナリオを上げてくる戦犯ライターの話に、牛乳を振る効果音の製作秘話、
ヒロインを担当したライター自身が出てきて、見所を語ったり、デバックの中学編で既に泣いてしまったり、
テストプレイで朝から文字を読まずエンターキーをひたすら連打して8時間掛かるボリュームだったり、
アスリートは性欲が強い発言、甘えるとニャン♪と語尾につけるようになるヒロイン、
PSvita版の「星織ユメミライ」のファミ通評価をネタにしたりと面白かったです。

今回は、中学編→高校編→社会人編の三部作のようになっていて、時間の経過を通じて
シナリオ上や声優さんの演技で、日本語がスラスラ喋れたり、喋り方が大人びていたりと
変化をつけているところも面白そうです。

時間軸通りに進めて行くと、声の変化は分かりずらいけれど、一周戻って最初からやると
同じ声なのに全然違うと感じられるという製作側の発見話が楽しかったです。

前作の星織が3ヶ月くらい掛かっていたので、新作はもっと掛かりそうですね(;´Д`)ハァハァ


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | -