So-net無料ブログ作成
検索選択

BG2EE これから始める人向け [バルダーズゲートなど]

(記事を若干、再構成しました)

BG2EEとは、名作バルダーズゲート2を現代の環境に合わせて、さらに追加要素も加えたものです。

前作にあたるBG1EEは低レベルの冒険を、今作では高レベル帯の冒険が行えるようになっていて
強力なアイテムや敵の登場、高度な魔法戦が行えるようになっていて、これまでよりもさらに
PTメンバーの役割や戦術を練るのが楽しくなっています。

これらBG2EEをプレイする上で参考になりそうなことを適当に書いていこうと思います。

とりあえずゲームの区分としてはシリーズを並べると、
バルダーズゲート 
バルダーズゲート テイルズ・オブ・ザ・ソードコースト(TotSC)
バルダーズゲート ブラックピット
バルダーズゲート Siege of Dragonspear(未訳)
バルダーズゲート2 シャドウ・オブ・アムン(SoA)
バルダーズゲート2 スロウン・オブ・バール(ToB)
バルダーズゲート2 ブラックピット2       という構成になっています。

SoAはバルダーズゲート本編の続きで、ToBは完結編となっています。
ブラックピットはEE追加要素の一つで、闘技場のような場所に拉致されて剣闘士のように
戦われされつつも自由を目指すオリジナル物語です。

ゲーム開始はそれぞれSoAからもToBからもスタートすることができるのだけど
取得アイテムや経験値量から考えると、最初から始めた方が有利ですね。

前作のバルダーズゲートと異なる点としては、
★取得経験値上限が8,000,000まで。
★経験値が300万を突破すると、クラス独自の高レベル技能を取得。
★異性NPCキャラとのロマンス搭載。


取得経験値上限が800万とはあるけれど、通常のゲームプレイではおそらく辿り着けないと思います。
SoA部分でおおよそ300万まで。ToB部分と追加のウォッチャーキープを含めて600万くらいです。
デュアルクラスする際は気をつけておいた方が良いでしょう。


■デュアルクラスする際の注意点。
当然ながら転職前のクラスレベルを超えるまでは前職のクラス能力が使えないので
どのレベルの時に、どの場面を想定してデュアルするか考える必要があります。

単純に「剣聖/メイジ」で考えると、SoAで300万、ToBで600万をめいいっぱい経験値を使って想定すると、
剣聖Lv13(1,250,000)/メイジLv14(1,500,000)、
剣聖Lv18(2,500,000)/メイジLv19(3,375,000)という感じ。

ただしこれらは経験値をギリギリまで使っているため、この条件で戦えるのはそれぞれの物語での
ラスボス直前ということになってしまい、冒険中は足を引っ張ったりしてストレスに感じてしまうかも。

また取得経験値が300万を超えると高レベル技能を取得できるはずなんだけど、
デュアルクラス前の経験値量はカウントされないのか、「後に選んだクラス」と、「経験値量」を基準として
高レベル技能を取得していくので、シングルクラスやマルチクラスと比べて技能取得回数が少なくなります。

例を挙げると、シーフ/ファイターのデュアルクラスの場合、
シーフLv15(1,100,000)→ファイターLv20(3,000,000)このような場合だと
ファイターLv20になるまで高レベル技能は取得できず、高レベル技能はファイター分のみとなります。

一方で、マルチクラスの場合は経験値が2分割されていても合計で300万を超えればいいので、
ファイター/メイジのマルチクラスの場合は、
ファイターLv14(1,500,000)/メイジLv14(1,500,000)で合計300万になるので、
このレベルになった瞬間に、ファイター側、メイジ側両方の高レベル技能を取得できるようになります。

またTHAC0についても、両クラスで良いほうのTHAC0の値が採用されるので、
最終的な600万経験値取得を想定すると、一般的なマルチクラス、デュアルクラスを想定すると

マルチクラスだと、ファイターLv20/メイジLv18 で THAC0 1
デュアルクラスだと、剣聖Lv13/メイジLv22 で THAC0 8   となります。

メイジクラスは最大までレベルアップしてもTHAC0値は13までしか向上しないので
ファイター時代のTHAC0値が採用されて8にはなるけれど、それ以上は向上しません。
(実際には剣聖Lv12のアビリティー補正があるので、THAC0-4 ダメージ+4 スピードファクター-3ボーナス)

長々と書いたけれど、結局はどのタイミングで、何をしたいのかによって変わってくるので
単純な戦闘力だけでは語れないですねq(`∀´;q)


■ロマンスについて。
主人公の種族と、異性かによって特定NPCキャラとのロマンスが発生します。
たぶん、人間、ハーフエルフあたりなら大丈夫なはず。エルフでも良かったかな?

種族、性別制限や、複数キャラとのロマンスを解放したい場合は、
Baldur's Gate II Tweaks http://www.gibberlings3.net/bg2tweaks/
を導入して、Convenience Tweaks and/or Cheats のカテゴリー、
Romance Cheatsの項目で調整してください。詳しくは添付されているリードミーを
グーグル翻訳して調べてみてください。

旧作では女主人公は、アノメンしか選択肢が無かったけれど、
EE追加キャラのラサードやドルン?ともロマンスが発生するようになりました。


■呪文関係について。
BG1EEをプレイ済みの人でも、BG2部分のSoAに入ると急に敵の呪文使いが手強く感じると思います。

何故かというと、これら高レベルのメイジ達は、これまでAC向上や幻影による攻撃の回避だけでなく
呪文によって物理攻撃や呪文を無効化する魔法を唱えて完全防御体勢になってから
いやらしく後衛からこちらの戦列を崩そうとしてくるからです。

そうです、BG1EEのように、メイジに向かってマジックミサイルやロングボウを撃っているだけでは
全く歯が立たない状態になります。(通常の矢弾を無効化、低レベルの攻撃呪文の無効化など)

そういうわけでパッと見で分かるように画像を参照しつつ、解説的な事をやっていこうと思います。
面倒くさければ、解呪系は「ディスペルマジック」、「スペルスラスト」、「シークレットワード」、
「ブリーチ」、「トゥルーサイト」あたりを押さえておけば当面はOKです。

( '-').oO(間違っていたらごめんなさい。詳しい検証はプレイヤー各々に任せた!)


■「鏡像体」■ 秘術L1「リフレクテッド・イメージ」、L2「ミラーイメージ」
ミラーイメージ効果.jpg術者を中心に物理攻撃を受けると消失する鏡像体を作り出す呪文。
BG1EEからのメイジの定番防御。
<対処法>
物理攻撃、マジックミサイルなどを命中させて鏡像体を霧散させる。
イリュージョン系呪文の解除魔法を使用する。
(L3「ディテクトイリュージョン」、L5「オラクル」、L6「トゥルーサイト」)


■「かすみ」■ 秘術L2「ブラー」
ブラー効果.jpg術者の輪郭を曖昧にして、攻撃を命中させにくくする。
近接・遠距離攻撃共にの命中に-3のペナルティ、全STに+1のボーナス。

<対処法>
イリュージョン系呪文の解除魔法を使用する。
(L3「ディテクトイリュージョン」、L5「オラクル」、L6「トゥルーサイト」)


■「不可視化」と「上級不可視化」■
秘術L2「インヴィジビリティ」、L3「インヴィジビリティ:10フィートレイディアス」
秘術L4「インプルーヴドインヴィジビリティ」、L5「シャドウドア」、L7「マスインヴィジビリティ」
不可視化.jpg一度攻撃動作を行うと効果が切れるものと、半透明状態が持続するものがある。
半透明が持続するものを上級不可視化といい、命中-4ペナルティ、ST+4のボーナス。
また半透明状態であると直接、呪文の選択対象にする事が出来ない。
<対処法>
不可視化状態に関してはL2「ディテクトインヴィジビリティ」、L3「ディテクトイリュージョン」、
上級不可視化にはL5「オラクル」、L6「トゥルーサイト」が必要。


■複製体■ 秘術L6「ミスリード」、L7「プロジェクトイメージ」、L8「シミュレイクラム」
複製体.jpg術者の複製体を作成して、囮にしたり、代わりに戦わせたりする。
ミスリードは詠唱時間が短く、メイジが難を逃れるための時間稼ぎの呪文として有能。
敵メイジが特に多用するイリュージョン系魔法である。
<対処法>
L6「トゥルーサイト」を使用する。
「ミスリード」の囮と、「プロジェクトイメージ」はディスペルマジックでもOK。
ミスリードの本人の半透明化、シミュレイクラムはディスペルマジック不可。


★探知系のディヴィネーション系呪文の逆引き
L2「ディテクトインヴィジビリティ」→インヴィジビリティ、不可視化の解除。(透明化ポーションなども含む)
L3「ディテクトイリュージョン」→L3以下のイリュージョン系呪文を解除。
L5「オラクル」→L5以下のイリュージョン系呪文を解除。
L6「トゥルーサイト」→すべてのイリュージョン系呪文を解除。


■通常の投射攻撃の無効化■ L3「プロテクション・フロム・ノーマルミサイル」
通常の矢弾属性攻撃の無効化.jpgBG1EEでは定番だった通常投射武器の無効呪文。
BG2EEでも序盤はポピュラーな呪文で、敵に使われると地味に面倒くさい魔法。
<対処法>
L5「ブリーチ」を使用する。
魔法強度+1以上の投射武器を使う。
諦めて近接攻撃する。


■物理攻撃からの防御効果■ 秘術L4「ストーンスキン」、自然L5「アイアンスキンズ」
物理攻撃からの防御効果.jpg命中回数限定ですべての物理攻撃を無効化する。
マジックミサイルのような5発命中するような呪文だと、5回分削られてしまう。
<対処法>
L5「ブリーチ」で物理攻撃防御を解除する。
ひたすら攻撃を命中させてストーンスキン状態を消失させる。(力押し)
ファイアーボールなどの属性呪文で攻撃する。


■物理攻撃の無効化■ 
L5「プロテクション・フロム・ノーマルウェポン」
L6「プロテクション・フロム・マジカルウェポン」
L7「マントル」、L8「インプルーヴドマントル」、L9「アブソリュートイミュニティ」
物理攻撃無効化.jpg物理攻撃の無効化には3種類の系統があり、それぞれ同時に付与する事ができない。
呪文発動は一瞬で、ストーンスキンのような石肌エフェクトが無いため分かりづらい。
文字通り対応する物理攻撃からの完全無効化でひじょうに強力。
<対処法>
L5「ブリーチ」で物理攻撃無効化状態を解除する。
通常武器無効化以外の呪文は4ラウンドしか持続しないため、敵から逃げて待つのも手。


■近接攻撃への反撃系呪文■ 秘術L4「ファイアーシールド赤・青」、信仰L6「ブレードバリア」
ファイアーシールド.jpgブレードバリアー.jpgこちらが完全に物理攻撃を防いでいる場合は特に便利。
敵は攻撃するたびにダメージばかりを負うことになる。
ブレードバリアも似たような効果だが、回復魔法を使う際は
注意が必要。近くにいるだけで味方もダメージを受けてしまう。
<対処法>
L5「ブリーチ」で解除する。


■呪文からの防御(中和系)■ L3「マイナー・スペルデフレクション」、L6「スペルデフレクション」
呪文からの防御効果.jpgデフレクション状態の術者を直接選択した呪文を
中和無効化する呪文を防御する魔法。直接選択されていない場合は効果が無い。
他キャラがファイアーボールの標的にされたり、地面を照準とした場合の爆風ダメージ等。
<対処法>
マイナー・スペルデフレクション→L3「スペルスラスト」以上の呪文防御解除魔法
スペルデフレクション→L4「シークレットワード」以上の呪文防御解除魔法


■呪文の反射■ L5「マイナー・スペルターニング」、L7「スペルターニング」
反射効果.jpgスペルターニング状態の術者を直接選択した呪文を、放った相手に返す呪文。
味方のメイジ1人を囮として、敵メイジの呪文の標的とさせて跳ね返したり楽しい。

<対処法>
マイナー・スペルターニング→L3「スペルスラスト」以上の呪文防御解除魔法
スペルターニング→L4「シークレットワード」以上の呪文防御解除魔法


■特定L以下の呪文からの無効化バリア■ 
L4「マイナー・グローブ・オブ・インヴァルナラビリティ」、L6「グローブ・オブ・インヴァルナラビリティ」
特定L以下の呪文無効化.jpgそれぞれL3以下、L4以下からの呪文効果を遮断するバリアで身を守る呪文。
蜘蛛の糸、吐き気のする霧など持続系の呪文効果をも無効化する。

<対処法>
マイナー・グローブ・オブ・インヴァルナラビリティ→L3「スペルスラスト」以上の呪文解除
グローブ・オブ・インヴァルナラビリティ→L4「シークレットワード」以上の呪文防御解除魔法


★「呪文を防御するための魔法」を解除するための呪文の逆引き
L3「スペルスラスト」→L5以下の呪文防御を全解除する。
L4「シークレットワード」→L8以下の呪文防御を1つ解除
L6「ピアースマジック」」→L8以下の呪文防御を1つ解除し、マジックレジスタンスを下げる。
L7「ケルベンズ・ウォーディング・ウィップ」→L8以下の呪文防御を3ラウンドにわたって1つずつ解除。
L7「ルビーレイ・オブ・リヴァーサル」→すべてのLの呪文防御を1つ解除。
L8「ピアースシールド」→すべてのLの呪文防御を1つ解除し、マジックレジスタンスを下げる。
L9「スペルストライク」→すべてのLの呪文防御を全解除する。


★敵メイジのいやらしい呪文コンビネーション
ひじょうに強力な物理無効化呪文ゆえに、「ブリーチ」呪文一発で完全に剥がされてしまう脆さもあるため
敵のメイジはいやらしい呪文のコンビネーションを使ってきます。BG2EEの敵メイジはいやらしいのです。

敵メイジは主に「幻影による防御」、「物理攻撃からの防御」、「呪文からの防御」の3系統を使ってきます。
戦闘開始直後に瞬間発動する呪文を使ってきて、何が起こっているか最初は分からないと思うのだけど
基本はこの3系統を使ってきます。

敵メイジの思考としては、
1.物理攻撃を防ぎたい→「ストーンスキン」、「プロテクション・フロム・マジカルウェポン」を使う
2.物理無効を剥がされたくない→「上級不可視化」状態になって直接呪文の選択対象から逃れる
※半透明状態の敵は直接選択系のブリーチのような呪文を指定する事ができない。
3.プレイヤーからの呪文攻撃、解呪魔法を防ぎたい。→スペルデフレクション、スペルイミュニティなど。

これらを整えてから敵メイジは攻撃呪文や混乱魔法を使って味方PTに損害を与え続ける存在となります。
逆に言えばこれは、自分たちも同じことをすれば良いという見本でもあるけどね( p´∀`)q

この状態の敵メイジの防御陣を打ち破るのがBG2EEの醍醐味と言っていいでしょう。
手順としてはキャスタ-系のキャラは、呪文の詠唱中にダメージを受けると詠唱失敗となるので
物理攻撃を当てられるようにするのが一番近道です。

というわけで、まずは「ブリーチ」が掛けられるようにするために敵メイジの上級不可視状態を解除します。
上級不可視状態というのは「シャドウドア」や「ミスリード」のような呪文です。
これらのイリュージョン系呪文の解除には探知系の「オラクル」や「トゥルーサイト」が必要になります。

半透明状態を解除できれば直接、呪文選択の対象となるのでブリーチなどを使って物理防御を解除。
呪文で攻撃したければ、呪文からの防御も解除(スペルスラストやシークレットワード)していく流れです。

もちろん敵メイジは解除されたからといってそのままで立ちっぱなしではないので
再び物理攻撃無効化や上級不可視状態となろうとするので、魔法戦という名の呪文の剥がし合いをします。


★呪文解除における「ディスペルマジック」についてのワンポイントd('-'*
「ディスペルマジック」で解除される呪文系統は、ブリーチ系と覚えておけば良いです。
つまりはスペルデフレクションのような「呪文を防御する魔法」は素通りして互いに干渉しません。
もっと単純に考えると、「呪文を防御するための魔法」以外はたいてい解除されるわけです。

仲間キャラのNPC、ケルドーンのクラス「インクウィジター」が何故強いのか分かりますねq(`∀´;q)

ちなみにディスペルマジックは、インクウィジターの場合、クラスレベルの2倍でディスペルの強度を
計算するので、通常の攻略シナリオルートで遭遇するような敵であれば余裕で解除することができます。
(メイジでクラスLv13であればディスペルの強度は13。インクウィジターがL13であればディスペル強度は26)

ディスペルマジックは説明にあるとおり、術者と掛けられた者とのレベル差で成功率が上下するので
こちらのレベルが高いほど効きやすいことになります。バードなんかもレベルが上がりやすいのでオススメ。


★「スペルイミュニティ」の効果d('-'*
選んだ魔法系統からの呪文効果を無効化する呪文なのだけど、使い方次第で便利です。
例えば、このパターンだと…
↓ストーンスキン
↓ミラーイメージ
↓プロテクション・フロム・マジカルウェポン
(敵からのディスペルマジック)
↓全解除

でも、スペルイミュニティを使ったパターンだと…
↓ストーンスキン
↓ミラーイメージ
↓プロテクション・フロム・マジカルウェポン
↓スペルイミュニティ=アブジュレーション
(敵からのディスペルマジック)
↓ディスペルマジックが無効化されて魔法が解けない

ということになります。「ディスペルマジック」は「アブジュレーション系統」なので
スペルイミュニティで無効化しておけば受け付けないわけです。

ただし「スペルイミュニティ」は、アブジュレーション系統からの防御を選択していても
ブリーチやシークレットワードを防ぐことはできないようです。(この辺、把握できないくらいややこしい。)
例でいうと、
↓マイナー・スペルデフレクション
↓スペルイミュニティ=アブジュレーション
(敵からのシークレットワード)
↓スペルイミュニティ=アブジュレーションが解除
(敵からのシークレットワード)
↓マイナー・スペルデフレクションが解除

こんな感じになります。
呪文の設定は優先順位があるので、どこかで調べてみたいですね。

あ、そうそう、BG2EEの一部のリッチ系の敵が使ってくるL9「インプリズンメント」は永久に
対象者を地中深くに封印する呪文で、主人公が喰らうと即死し、仲間が喰らうとPTから外れて
同L9「フリーダム」じゃないと解除できない厄介な呪文なのだけど、この幽閉呪文、よく見ると
呪文の系統が「アブジュレーション」と書いてあります。ということは…もう分かりますよね。

バーサーカーがPTメンバーに居ない時は、メイジが盾になれば良いわけですd('-'*


★召喚呪文について調べてみた。(Near Infinityを使って、それらしいデータをピックアップ)

■秘術L3「モンスターサモニングⅠ」
「ラビッドドッグ」
AC6 HP24 STR14 DEX17 CON13 INT3 WIS3 CHA3 THAC0 18 攻撃回数3

「ウォーグ」
AC6 HP26 STR18/40 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 17 攻撃回数1

「コボルドコマンドー」
AC5 HP24 STR12 DEX17 CON8 INT6 WIS14 CHA10 THAC0 18 攻撃回数1
ショートソードとショートボウ(アローとアロー・オブ・ファイアー)を装備

「オグリロン」
AC6 HP24 STR18/50 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 18 攻撃回数2


■秘術L4「モンスターサモニングⅡ」
「ダイアウルフ」
AC6 HP33 STR18 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数1

「ホブゴブリンエリート」
AC3 HP32 STR17 DEX12 CON12 INT9 WIS9 CHA10 THAC0 17 攻撃回数2
バスタードソードとショートボウ(アローと、アロー・オブ・バイティング)を装備

「ノール・エリート」
AC4 HP32 STR16 DEX15 CON14 INT6 WIS6 CHA3 THAC0 17 攻撃回数1.5
通常武器のハルバード装備

「オーガ」
AC5 HP33 STR18/00 DEX9 CON18 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 17 攻撃回数1


■秘術L5「モンスターサモニングⅢ」
「エターキャップ」
AC4 HP42 STR14 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数3

「オーガバーサーカー」
AC3 HP42 STR18/00 DEX9 CON18 INT12 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数1


■信仰自然L4「アニマルサモニングⅠ」
「ウォードッグ」
AC6 HP17 STR9 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 19 攻撃回数1

「ダイアウルフ」
AC6 HP33 STR18 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数1


■信仰自然L5「アニマルサモニングⅡ」
「パンサー」
AC6 HP33 STR18 DEX11 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 17 攻撃回数3

「ブラックベア」
AC7 HP25 STR9 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 17 攻撃回数3
※STRのデータ、間違ってる?汗

「ブラウンベア」
AC6 HP41 STR16 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数3

「ケーブベア」
AC6 HP50 STR16 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 13 攻撃回数3
※+1相当の攻撃?


■信仰自然L6「アニマルサモニングⅢ」
「ケーブベア」
AC6 HP50 STR16 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 13 攻撃回数3
※+1相当の物理攻撃

「マウンテンベア」
AC6 HP72 STR18/00 DEX9 CON17 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 11 攻撃回数3
※+2相当の物理攻撃

「ウィンターウルフ」
AC5 HP51 STR15 DEX17 CON15 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 13 攻撃回数1

「ライオン」
AC5 HP42 STR18 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数3


★以下、おまけで内部データを探ってみた。

■秘術信仰「アニメイトデッド」
Lv1~6「スケルトンウォリアー」
AC6 HP24 STR16 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 18 攻撃回数1
コールドレジスタンス100、マジックレジスタンス25、斬撃耐性40、刺突耐性50、矢弾耐性60
通常のロングソードを装備

Lv7~10「スケルトンウォリアー」
AC4 HP40 STR17 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数1.5
コールドレジスタンス100、マジックレジスタンス45、斬撃耐性40、刺突耐性50、矢弾耐性60
ロングソード+1を装備

Lv11~14「スケルトンウォリアー」
AC3 HP60 STR18 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 13 攻撃回数1.5
コールドレジスタンス100、マジックレジスタンス65、斬撃耐性40、刺突耐性50、矢弾耐性60
バスタードソード+1を装備

Lv15以上「スケルトンウォリアー」
AC2 HP80 STR18/51 DEX9 CON9 INT16 WIS9 CHA9 THAC0 10 攻撃回数2
コールドレジスタンス100、マジックレジスタンス90、斬撃耐性40、刺突耐性50、矢弾耐性60
ツーハンデッドソード+1を装備


■秘術L6「キャリオンサモンズ」=ミューテイティッド・クロウラー
AC3 HP40 STR14 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 15 攻撃回数4

■秘術L6「ワイヴァーンコール」
AC1 HP63 STR14 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 10 攻撃回数2
+1相当の物理攻撃

■秘術L6「インヴィジブルストーカー」
AC-3 HP64 STR18/10 DEX17 CON15 INT11 WIS14 CHA13 THAC0 11 攻撃回数1
ファイアー・コールド・エレクトリシティ・アシッドレジスタンス30、矢弾耐性80。+1相当の物理攻撃。

■信仰L6「エアリアルサーヴァント」
AC3 HP128 STR23 DEX9 CON9 INT9 WIS9 CHA9 THAC0 5 攻撃回数1
+3相当の物理攻撃

■秘術L7「モルデンカイネンズソード」=魔法の剣
AC-20 HP80 STR12 DEX9 CON9 INT25 WIS9 CHA18 THAC0 10 攻撃回数1
マジックレジスタンス以外のすべての耐性100。+4相当の物理攻撃

■秘術L7「カコフィーンド」=「ナバッス」
AC-5 HP80 STR19 DEX17 CON9 INT9 WIS16 CHA25 THAC0 13 攻撃回数3
マジックレジスタンス50、+3相当の物理攻撃

■秘術L8「サモン・フィーンド」=「グラブレズ」
AC-7 HP80 STR19 DEX17 CON9 INT9 WIS16 CHA25 THAC0 11 攻撃回数5
マジックレジスタンス50、ファイアーレジスタンス100、コールドレジスタンス100、アシッドレジスタンス100
+3相当の物理攻撃

■秘術L9「ゲート」=「ピットフィーンド」
AC-5 HP104 STR18/00 DEX17 CON9 INT9 WIS16 CHA25 THAC0 7 攻撃回数5
マジックレジスタンス50、ファイアーレジスタンス100、+3相当の物理攻撃


召喚魔法は、単に囮として使うのが一般的だと思うのだけど、敵との相性によっては
なかなかの力を発揮してくれるので侮れません( p´∀`)q

ベア系は強いのはもちろんだけど、グラブレズもかなりの肉体派で強力です。
最強のはずのピットフィーンドは伝説級の戦士には簡単にボコられて弱いかもしれないけれど
魔法使い達にはわりと脅威です。何せマジックレジスタンスがあるし、
それに加えてデーモン系は共通して炎無効と覚えておくと良さそう。

スケルトンウォリアーも安定して強いですね。意外なのは信仰呪文のエアリアルサーファント。
小さなエアエレメンタルのような煙ビジュアルなんだけど、タフで攻撃力が凄まじいですq(`∀´;q)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。