So-net無料ブログ作成

アレ系 「ゴールデンアワー」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはMOREです。
gh_banner_600_140_y.jp
発売前から特徴的な絵が気になっていて、予習としてメーカー内の「少女マイノリティ」はプレイ済みです。

プレイ後の率直な感想としては「もったいない」という印象でした。
未プレイの人にマイノリティと比べてどうだったか…と説明しても通じないので
順を追って書いていくけれど、とにかく色々ともったいなくて 残念な気持ちになるところがありました。

なお、アレシーンにおいて、卑語は無しです。


■ここが良かった■
☆エンディングで結局どうなった?ということはともかく、人が人を想う気持ちを描いた物語は良かった。
☆学生という若い世代の積極的なアレシーンは、勢いがあって良かった。
☆とにかく肉感的な後背位の絵面が最高のゲームでした。

■ここがイマイチ■
★結局、最終エンディングで、どういう理由でそうなったのかボカされているので、スッキリしない気持ちになった。
卑語が無いなんて本当に信じられないです(;´Д`)
★ありえないほど誤字が多くて、ウンザリした。


ぶっちゃけて言うと、今作は発売前から気になっていて、さらに予習として始めに書いたとおり
「少女マイノリティ」を事前にプレイしていたので、当然あのエロい肉感的な絵に若者らしい
激しいアレシーンや、「卑語」はあるものだと期待していました。

期待というか、当然あるものだと確信していたのだけど…無かった。
修正がどうとか、頻度がどうとか、そういう話では無かった。

特定ヒロインでの会話で「珍々」と数ワードあるのみで、アレシーンで本当に無かった。
これ、今年に入ってから一番の衝撃ですよ。

確かに体験版ですずの1シーンで無かったのは分かっていたけれど、まさか本当に
すべてのヒロインにおいて皆無だったのが衝撃です。

ゲームの内容に踏み込まず、アレシーンの卑語の有る無しの
こんな事だけで9行も書いてしまうほど私の中では衝撃が奔りました。


物語的には一つの主流となるメインストーリーがあって、各ヒロインに枝分かれする機会があって
そこからは個別に分岐するというもの。最後まで心のどこかでずっと引っかかっている彼女を
追っていれば自然と最終エンディングまで行ける流れになっています。

最初は、事故によってサッカーから離れてしまった主人公が、時間をもてあまし
無為に過ごしていたところから始まり、そこへ謎めいた少女が現れ、主人公を導いていく的な流れ。

物語はかなり不思議な事が起こっていて、それがこの物語の真ヒロインの核心に迫るものなので
ネタバレはしないようにするけれど、最終的な結末はともかく、彼女が主人公を想う気持ち、
どういう気持ちで彼を応援し、後押ししていたかが「ぶわっ」と盛り上がってきて良かったです。

ただし、結末としてはボカされていて、どういう理屈でそうなったのか分からない部分もあって、
クリア後も釈然としない気持ちになってしまいました(;´Д`A

あと「1人の真ヒロインがすべてを持っていく」という最近はあまり見かけないスタイルの物語は
新鮮で面白かったのだけど、この展開だと当然「真ヒロイン以外はありえない」ということとなり
アレゲーにおいて他ヒロインで欲望を満たすのが困難になるのはもったいないと思いました。

もう少し、こんな不思議なギミックを話に盛り込むよりも普通に恋愛して、問題解決して
暴力彼氏から女の子を庇ったり、芸能人と秘密の交際をワクワクしながら続けたりなど
普通の物語をプレイしたかったのが率直な感想になります。

アレシーンにおいては、1シーンごとに絵が多く使われていて、1度のシーンでCG3枚で3発…というように
かなり濃い内容になっていて本当に良かったです。

OHPのサンプル絵にも載っていない、まだまだ魅力的なアングルの一枚絵も多くあって
このあたりは本当に大満足ですv(`∀´v)

ただし、最初からしつこく書いたように、卑語が本当になくて、これだけで気分が盛り下がりました。
最初からそういうのが無いメーカーだと気にはならないのだけど、まさかあれだけ
少女マイノリティで効果的なテキスト回しをしていたのに、こちらの新ブランドとやらでは
一切無かったのが残念です。

というかさ、一応のメイン的なヒロインの夏未は明らかにおかしいよね?

プレイした人なら分かると思うのだけど、絶対に卑語を言わないとおかしいタイミングで
「アレ」とか「アソコ」とか言っているんですよ。
主人公が「優等生なのにエロい」みたいな煽りセリフを言っている場面で。
何らかの横槍が入って、テキスト変えたんじゃないかと勘ぐってしまいます。

ほんと、これ、何だかなぁって感じです(;´Д`)


■まとめ■
卑語皆無という衝撃で、記憶が飛んでしまって、ほとんど感想という体になっていなかったけれど、
私的にはダメージが大きくて、寝込みそうな勢いです。

物語自体は人を想う気持ちが、忘れてはいけないことを覚えていて
それが最後に結実するという流れは良かったです。

とはいえ、個人的にはもっと、ありふれた普通の設定でも良かったのになとも感じました。
(他社で例を挙げると、キスシリーズみたいなの)

アレシーンにおいては肉感的な絵面が最高で、そこだけは本当に期待を裏切らない出来でした。



■ヒロインの順番■
主流となるメインストーリーからの枝分かれ方式で、時系列的にもその流れとなるので
各ヒロインとの問題解決となるような分岐点では、素直にそのヒロインへ流された方が自然です。

つまりは、
「瑠璃」→「すず」→「まりか」→「夏未」→「ユキ」 という シナリオどおりの順番です。

この方式は真ヒロイン総取り的なものになって、シナリオとしてはまとまりはあるのだけど
ゲームクリア後には、各ルートの再プレイや 他のヒロインのアレシーンで裏切った気持ちになってしまって
アレゲーとしては使いづらい内容になっていると感じています。

それにしても…このメーカーの幼馴染とか元カノの扱いって酷くない?(;´Д`)

ゴールデンアワーと少女マイノリティしかプレイしてないけれどさ。
ライターの中では元カノという設定は一般のプレイヤーが思い浮かべる人妻と同じくらい、
それだけで脳内設定があるのかな。

元カノが関わるだけで破滅したり破綻したり、支離滅裂だったりするんだが(;´Д`A

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。