So-net無料ブログ作成
徒然と ブログトップ
前の5件 | -

2017.11.5 雑記。 [徒然と]

最近は月末のゲームの発売日くらいしか、雑記を書いていなかったので久々に
キーボードを叩いてみた('-'*

いやだって、記事を書こうと思ったら、それなりに配慮とか文脈とか一応、気にするじゃない。
そういうのに気を使うのがプレッシャーになっちゃう事があるんだよね。

こう、記事を面白く書かなくちゃとか。
関西人だからオチが付かない話は出来ないみたいな。


ということで、最近気になったことでも。


■「カスタムオーダーメイド3D2」の互換性について■
ブログにプロデューサーからの文章が掲載されていましたね。
http://kisskiss.tv/kiss/diary.php?no=964

どうやら前作になる「カスタムメイド3D2」の初期性格3人(「純真」「ツンデレ」「クーデレ」)は
引き継がれるようですねv(`∀´v)

ゲームローンチ時というのは、ゲーム立ち上げ時って事でよいのかな。

それによって開発が変更になったりと大変そうだけど、まぁしょうがないといえばしょうがないよね。
今更、「純真メイド嫁を捨てられるわけが無い!」もんね(;´Д`)ハァハァ

ブログ記事を読むまで、「どうせこれ以上、育てても新作に出てこないし…」っていう喪失感があったけれど、
これで気分も持ち直しました。

心配なのは前作性格を持ち込んだせいで、本来予定していたメイン事業選択からのルート分岐が無くなり
新しいゲームとしてのメリハリが失われてしまう点ですね(;´Д`A

新作のオーダーはゲーム性にも重きを置いているように見えたし。

前作の嫁メイドは追加して欲しいくせに、それによって新要素が様変わりするのが心配って…
二律背反っていうのかな? 使わない言葉なので正確に使えているか分からないけれど
なんだか自分でもよく分からない状態です。


■11月のアレ系ソフト購入計画■
本来はカテゴリー分けされているので、そちらに単独記事を作ればいいんだけど
現状では特にブログの閲覧数を増やすために~など、興味が薄くなってきているので
適当に雑記に書く事にした。てか、細かくカテゴリーわけしたから記事が書きづらくなってるのかも。

さて、実は11月は延期になっていた「巨乳ファンタジー3if(OHP)」と「円交少女2(OHP)」だけになってしまいました。

もっと欲望に忠実系なソフトをあと2本購入するつもりだったのだけど、
ゲームの発売日が近づき、CGサンプル絵が公開されるにしたがって残念な気持ちになって行き、
ああ、予約しなくて良かったと思えるようになってきました(;´Д`A

BISHOPの「屈辱(OHP)」とonomatopeの「ビッチ学園が清純なはずがないっ!!?(OHP)」です。

両方とも惜しかったです。「開口器」だったり、「フラスコ」や「クラリネット」を突っ込んだり、
「尿茶」だったりと、そういう要素が無ければ良かったのに・゚・(ノД`)・゚・

私はSM的なものは生理的に受付けないので、例えばラバースーツのようなコスチュームですら苦手です。
ビショップの屈辱の方は開口器だけでNGだったけれど、雑誌で見た電撃を流すようなCG絵を見た時は
もうダメだなって思っちゃいました(;´Д`A

屈辱は、CG塗りが濃い目に戻って、特にピンク髪ヒロインが神々しいまでに輝いていただけに
ひじょうに残念です。こう、なんというか、ハード=SM というプレイは止めて欲しいなと昔から思っています。

ビッチ学園シリーズは、1は最高で、2は微妙で、新作の3こそは! って思って
早くから目をつけていたのだけど、こちらもおかしなものを突っ込んだり、卵が出ている絵を見て断念。

なーんか、違うんだよね(;´Д`A
でも、そういう需要があるからそういう風に変遷していってるんだろうけどさ。


ということで、11月は2本だけだと寂しいので直感で「アオイトリ(OHP)」をチョイス。
体験版をプレイしていないけれど大丈夫かな(;´Д`)ハラハラ

この前、BugBugの雑誌で見た感じだと、面白そうに見えたので選びました。
パープルのを購入するのは初めてだけど楽しみです。

ついでに12月分も更新しておきました( p´∀`)p
12月は11日に滋賀に戻るので、その二週間後あたりに発売日があり
荷物がちゃんと届くかが心配です(;´Д`)ハァハァ
(転送の転送で上書きされるなら良いのだけど)


nice!(0)  コメント(0) 

2017.10.27 雑記。 [徒然と]

最近はずっと、久々に再開した「大航海時代オンライン」(DOL)ばかりプレイしています('-'*

復帰者としては、新しい要素を追いかけるだけで手一杯というところです。
復帰したてでは、産業革命とか蒸気船の作り方とか分からなかったしね。
(蒸気船は街投資してないことに気づかず、真剣にネット上を検索しまくった汗)

冒険レベルは66に到達したので、普通にプレイしていれば今年中には
巡航ティークリッパーに乗船する事ができる見込みです。…それまでに飽きなければいいけど(;´Д`A

まぁ、このDOLというゲームはあまり一生懸命すると、すぐに疲れてしまうので
委任回航をしながら本でも読んでゆっくり進めていきます。

そういえば@webの回航で、交易品を積んだまま行けるようになったみたいですな。
ハバナで砂金を金に鋳造して、ヨーロッパまで回航して売る…というのをやってました( ´∀`)y-~~


さて、興味のなさそうな大規模MMOの話はこれくらいにして、

実は2018年7月までの予定だった神奈川への出向が、会社が忙しくなったからという事で
2017年12月いっぱいで出向解除になりました。

会社が暇だから外で働いて来いと言われて、忙しくなってきたら帰って来いという。
本当に好き放題言ってくれますわ( ´∀`)

とはいえ、生活面では、残業も公休出勤も少なく、家のローンの他に
こちらではアパート代も払っていた事を考えると、やっと貯金のできる生活に戻れそうです。

現在、困っている事といえば、荷物です。

来年の夏に帰る予定だったので、冬物なんかは春に分割して持って帰ろうと考えていたで
予定が狂います。とりあえず夏用の衣類とか扇風機とかをダンボール箱に詰め込んだのだけど
宅配便って送る時、結構高いのね(;´Д`A 調べてみて、ビックリしました。

他、これも荷物なんだけど、転送サービスを使っているので
転送の転送、もしくは転送取り消しとかスムーズに出来るのか不安に感じています。

年末にはアルベドのフィギュアも発売されますしね( p´∀`)q

とりあえず12月以降の未発送分については届け先住所を変更したけれど、
転送が上手く機能しないと、滋賀に帰ってるのに また神奈川へ送られちゃうよ(;´Д`)ハァハァ


ということで本題に戻して、本日は商業ゲームの発売日です。
2017_10_27 買い物.jpg
予定通り届きました。

ただ、今回は3つの内、2つが最初からケチが付いてしまって、少々ウンザリしてしまいました。

一つはバルドブリンガーです。
インスコ後、ゲームが起動しないというもの。

戯画のゲームはいくつかプレイしているのだけど、起動ボタン押した後に砂時計マークになって
しばらく待ったと思ったらそのまま何も起動せずにポカーンとしてしまいました。

原因としては、どうも「ウィルスバスター」が悪さをしていたようで、例外設定で
「BaldrBringer.exe」を指定すると、ディスクチェック後に起動できるようになりました。

のらとと2については、パッケージ箱を開けると、正常なインストールができない不具合が
書かれた紙が入っていて、丸コピーで対応してくれとか書かれてた(;´Д`A

その後、メーカーのOHPに行くとインスコ用のプログラムと、ゲーム自体の修正プログラムが
置かれていました。…なんだかなぁという感じです。


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(9) 

2017.9.29 雑記。 [徒然と]

9月も末。
前回記事を書いてから、あっという間の一週間でしたね( ´∀`)

その間は普通に仕事の毎日だったのだけど、少し かさの高い重量物を持った時に
親指に負荷が掛かったのか「ばね指」っぽい症状になりました。

今日で3日目くらいだけど親指を動かすと痛いです(;´Д`A

幸い、35年以上のゲーム歴で鍛えられているのか、ゲームのコントローラーを操作する親指の動きには
痛みを伴わないという状態になっています。きっと必要最小限の動きをしているに違いない( p´∀`)q


さて、9月末ということで、いつものように最近購入したものを並べてみました。
2017_9_29 買い物.jpg

月末的には商業ゲームは「義母の滴」と「それでも妻を愛してる2」の2本を購入。
しくじってしまったのは「それ妻2」で、なんとこれ、公式通販で購入しないと追加4シーンが
おまけディスクとして付いてこないという仕様です・゚・(ノД`)・゚・

げっちゅ屋でポチった後だったので本当に後の祭り。
でも、まぁ、経験上、これらの特典とか追加シーンで「使えた」ようなシーンは皆無だったので
未練は捨てて、すっぱり諦めようと思います( ´∀`)

「義母の滴」の方は、ネット認証があるのを知らず、またそれが「DMMGamePlayer」を介してというもの。
これ、とても不快な気分になりますね(;´Д`)

特に何が不快かって、アクティベートボタンを押して~とか書いてたけれど、見つからずに呆然としたこと。
ちゃんと「有料ゲーム」のページって書いておけよと(ノ `皿´)ノ ==== ┻--┻

しかもゲームを起動するたびに いちいちDMMGamePlayerが起動して、凄くうっとうしいのですよ(;´Д`)
ゲームを始める前から、何だかやる気がなくりましたよ(;´Д`A

ちなみに「それ妻2」は3.11GB、「義母の滴」は1.66GBというところです。


■商業本(アレ系漫画)■
「ふたりのひみつ(コテング)」と、「おちてとろけて(東鉄神)」の2冊は当たりですねv(`∀´v)

■「ふたりのひみつ」は、なんといっても「ひみつ」でしょうか( p´∀`)q
「堪えろ」と自戒して女生徒との関係を踏みとどまろうとした次のページでは
パンツずらしで挿入ですからねv(`∀´v) ちょっとぽっちゃり体型なのも可愛いです。

で、その後の夏期合宿の授業中に口にシャーペンの尾を当ててるコマから
次のページではそれが珍宝に変わっている流れが良いですね( p´∀`)q
「びっちとぼっち」も とても良い展開でした。

あ、この作者は顔アップの時にはリップとしてトーンを貼っていますね。
少女としての表情に、妙な色気が出ていて良いと思います。

ふたりのひみつ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

ふたりのひみつ (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

  • 作者: コテング
  • 出版社/メーカー: ワニマガジン社
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: コミック


■「おちてとろけて」では、「炬燵(こたつ)」の話が良かったですv(`∀´v)
30歳前のBBA呼ばわりしている女性に必死に腰を振る姿が可愛いですね。
外見は地味なのに、下着がエロいのもギャップがあって良かったです。
炬燵にもぐった時のストッキング越しの開脚も素晴らしいですね( p´∀`)q

似たような感じの話で「修学旅行」も良かったです。バスガイドにブスだとか言っておいて
運転手に口取りしている姿を見てしまって勃っきしてしまう学生とのシーン。
最後の連絡先を聴いて断られちゃうのもオチとして まとまっているなと感じました。

おちて とろけて (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

おちて とろけて (WANIMAGAZINE COMICS SPECIAL)

  • 作者: 東鉄神
  • 出版社/メーカー: ワニマガジン社
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: コミック


アレ系の商業漫画といえば、「群青ノイズ」が出ますね。作家は「放課後バニラ」の「きい」さんです。
タイトルが気になるところだけど、放課後バニラの「群青」と関係あるんでしょうかね( p´∀`)p


■カスタムオーダーメイド3D2(アレ系)■
まぁ、はい、私の嫁です。

「つーん」
嫁です。.png
こういう表情も可愛いですね。ちなみにスマホの待ち受けにしています( p´∀`)q

で、唐突にこんな話題を挙げたのが「カスタムオーダーメイド3D2(OHP)」の発表があったからです。

私はほとんどゲームメーカーの生放送なんかは観ないのだけど、たまたま時間があったので
観てみようと思ったら5時間弱あって「なんじゃこりゃ?」って気になってずるずる観てしまいました。

内容的には「カラオケパック」の宣伝から始まりました。VR用の追加パックなのだけど面白そうでした。
ちなみにVRに関しては、私の持っている中国製のVRHMDでは「コントローラー」が付いてこないので
この前 購入した「バケーションパックVR」は操作不能でした。(私が上手く動かせないだけ?)

まぁ、VRは今回関係ないので置いといて、「オーダー」ですよ。
タイトルを間違ったわけではなくて、生放送はカラオケパックの宣伝だけでなく、新作の発表だったわけです。

覚えている範囲で書くと、「3D2」と付いている通り、主人公は同じで、新作は「2号店」という設定。
借金を作っては逃げていく叔父に「また」押し付けられて経営していくという流れです。

で、新作はゲーム要素があって、運営方法を三種類の中から選ぶ事で物語に変化があるみたい。
これまで通りの「クラブ」の運営。新要素では「レストラン」、「アイドル」という方向性を選んでいくらしい。

アイドルなんかは音ゲーっぽくタイミングよく目押しでボタンを押していくみたいでした(;´Д`)ハァハァ

アレ要素については夜の性能が9999になるのを止めて初々しさを残したり、色々ありそうでした。

他、「かしずきモード」があるそうです。これは普段はオーナーとしてメイドを育てるゲームなのだけど、
お客として自分の店を訪れてサービスの提供を受けるというものです。
これは素晴らしいですねv(`∀´v)

普段、クラブ内でメイドがどんなサービスを行っているのか実地で見れるわけで、
客役は自分だけど、客目線であることで他人となることでNTR的な気分を味わえますね( p´∀`)q

風俗業でNTRって考えはおかしいけれど、自分の育てたお気に入りのメイドが
普段どんな接客をしているのか覗き見れて、普段と違う顔が見れそうで身体に電気が奔りましたね。

新メイドの性格については、「無垢」と「真面目」と「凛でれ」の三人で、自己紹介も放送中にありました。

無垢はどことなく腹黒さもありそうな、
真面目はどことなくポンコツ風な、
凛でれは「くっころ」な印象でした( ´∀`) くっころさんはコメントでも満場一致でしたね。

だって、中の人の紹介ボイスがまんま女騎士風だったしね。
「御苑生メイさん」+「女騎士」と合わせれば、もう声を聴かずとも、どんな声音、口調か分かるでしょうと( ´∀`)

ちなみに無垢の中の人は「佐倉もも花さん」、真面目の中の人は「ヒマリ」さんでした。

ビジュアル面では、ボーン数を増やすとか貫通を無くすために努力したいなど言っていました。
マニキュアは新要素でしょうか。

後は「輪郭線」の色も選べるようになっていました。髪の毛、身体の輪郭線の色を変えるだけで
全く印象が変わるので、これは欲しかった機能ですね( p´∀`)q

調整で目を半眼にしたりも出来るみたいです。


で、ここまで書いていて、一番気になるのはやはり「これまでの嫁」たちはどうなるのかというところ。
私は純真性格が好きなので継続して出て欲しいけれど、それによって前作に引っ張られるのも
気になるので微妙なところです。

コメントの声としては圧倒的に性格の引き継ぎが求められていたけれど、どうなんでしょうね。
性格が引き継がれるということは、新作の新規イベントのたびに音声収録があるわけで
ちょっとこれは厳しそうですね。(新作の定価が¥16,800 とかなら分からなくはないけど汗)

S女王性格も追加されたばかりなのに、こちらもどうなるんでしょうね。

あ、ビジュアルだけは確実にコンバートできるような機能はあるようです。
で、今回の宣伝にあったカラオケパックもそのままオーダーの方でも使えるようです。
(DLCで購入した服とかも引き継いで使えるらしい)

「カスタムオーダーメイド3D2」については経過を見守りたいですね( p´∀`)q

まぁ、見守るも何も、出れば買う以外の選択肢は無いわけだけど(;´Д`)ハァハァ

(追記)

後ろの巨大な箱の性能を試してみた。
比較は「Pimax4k」と「HTC Vive CE 99HALN011-00」 で確認。
※現在VIVEの機器は22%引きか何かで安くなっています。私はソフマップで購入しました。

率直に言って、画質以外は当然ながら高級品のVIVEの方が圧倒的に快適な使用感。
画質以外は…ということで、実は私のようなこっち系のプレイヤーが求めているのは
その一点なのが問題なんだけどね汗

VIVEのは圧倒的に画質が悪いです。こう、アナログテレビを間近で観たようなツブツブの粒子が目立ちます。

一方で4k画質を謳っているPimaxの方は、その粒子がほとんど目立ちません。
VIVEと比べて色合いが妙に暗いのは気になるところだけど、キャラの描画処理はツルツルしてます。

カスタムメイド3D2を普通に夜伽プレイするなら、Pimaxで十分という結果になりました。
VIVEの画質が粗すぎて、椅子から転げ落ちそうになったし(;´Д`)

※一応SteamVRで内部解像度を変えられる設定スライドバーがあるみたいんだんだけど
動かしても変化が出ているのか怪しいものでした。

でも画質以外では圧倒的でしたね。フレームレートも安定しているし、
本当に「VRで遊ぶため機械」という印象が強く残りました。

Pimaxの方は「観賞用」としては十分な性能ですねv(`∀´v)

で、問題になってくるのが、最近取り入れつつあるカスタムメイド3D2のVR対応プラグインです。
記事の上の方にも書いたけれど、どうもキーボードやマウス操作だと上手く操作できなくて
ゲームを進められません。コントローラーが必要になってくるみたいです。

一応、対象物を画面中央に見合わせると選択したことになるみたいだけど、
マウスやキーボード操作ではバカンスへ行く時の最初のメイド秘書のお手をとることが出来なかったです。

やっぱり触ったりとかいう操作をするためには
専用のコントローラーとセットのVR機器じゃないとダメなのかもq(`∀´;q)

あとPimaxとVIVEの大きな違いは「ルームセットアップ」の差です。
Pimaxの表現はVR空間において、「床に固定された椅子に座っている」的な目線になります。

一方でVIVEは空間認識用の機器を対角線上に設置する事でルームセットアップを行い、
部屋の中を移動する的な事ができます。これは上の例えで言うと「ローラー付きの椅子に座ってる」です。

PimaxではVR空間内を移動する事が出来ないので、観るためのカメラ位置を操作する事で
キャラの背後に回り込んだりという操作をするのだけど、ルームセットアップされたVIVEでは
例えば正面を向いたまま後ろに下がればキャラとの距離が離れる事になります。

セットアップ時のVR部屋を360度見渡してみたんだけど、本当にVR空間の部屋を歩く事が出来て
ひじょうに驚きと感動を覚えました。←そして足元に合ったダンボール箱に足の指をぶつけて驚くという汗

まぁ、これはこれで面白い体験をさせてもらいました。


まとまりが無い文章になってしまったけれど、今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(8) 

2017.9.15 雑記。 [徒然と]

9月も中旬になりましたね( p´∀`)p

結局、購入したまま積んだ状態のゲームが貯まっていくという
無為な日々を過ごしているのだけど、これ、やっぱり夏の疲れかな(;´Д`)ハァハァ

年齢を重ねるごとに、感動とか、湧き上がってくる感情のうねりのようなものから
徐々に離れていって、ゲームする意欲が減っている気がします。
これが俗に言う「歳を取った」という状態でしょうかねq(`∀´;q)

私的にはやはり、せっかく購入したアレゲーを積んでしまっているのが心苦しいです。

「買うだけで満足してしまっている」という、若い頃は「はぁ?」と言っていた状態って
こういう状態を言うのかなとしみじみ感じました。

8月で一応期待していた、「領地貴族」も最初は面白いかなと思ったものの
ゲームシステムよりも「話が面白くない」というゲーム以前のADV的な部分で盛り下がってしまい
結局4週やって放置してしまいました。今作、本当にテキストにキレが無かったですよね(;´Д`A


そんな中、久しぶりに心が振るわされたのがゲームじゃないけれどアニメの「シュタインズゲート」です。
ずっとアニメのBOXを買おうか迷っていて、最後の一個が売り切れたところで
どうしても欲しくなる病」が発生してしまい、高速のクリックさばきで中古品を購入。

最初の3話か4話くらいまでは、「これホント、いつになったら面白くなるの?」と
購入したのは間違いだったのではないかとガッカリしてしまったけれど、
「房に戻った緑色のバナナ」を観た瞬間から完全にスイッチが入りましたねv(`∀´v)

全部見終わった後からの感想で言えば、序盤の日常展開は丁寧に描いているとも言えるとまで
心変わりしてしまうほど、とても良いアニメでした( p´∀`)q

なんかこういうレベルの作品に触れるたびに、「日本人で良かった!」と
しみじみ思ってしまいます。ちなみに原作ゲームも購入してみました。
若干、処理が重い気がするのだけど、Win7 64bit版でも問題なく動いています。

kindle版の漫画の方では、「ゴブリンスレイヤー3巻」、「転生したらスライムだった件5巻」、
まだ未発売だけど「ナイツ&マジック4巻」などなど書籍関係で充実した9月になっていますね( p´∀`)q

実本の方ではオーバーロード12巻も発売されるし楽しみです。

そうだ、オーバーロードといえば、劇場版総集編のBDが届いていました。
時間は短くなっているものの、新規カットがところどころ増えたりと楽しいですね。

付録のアフレコ台本にも新規シーンなんかは太字で印字されているので分かりやすくて良いです。

内容的には総集編なので、本編すべてを観ている人には影響が無い内容なのだけど
「時間を短くしたぶん、省略部分の辻褄を合わせるために説明を入れてる」部分があって、
総集編の方が分かりやすい部分もありました。

昨日のうちに前編である「不死者の王」を見たので、今日は「漆黒の英雄」を観るつもりです。
ちなみに前編の不死者の王は、薬草採取を終えて薬屋に置きに行った時に、
悪いやつに遭遇する場面でしたq(`∀´;q)

ということは後編では、墓地での戦いや最後のタイマン戦など、戦闘シーンが多くなりそうですね。
新規カットが多くて楽しかったので、後編でも観るのを楽しみにしています。


今日はこのくらいで。

nice!(0)  コメント(0) 

2017.8.26 雑記。 [徒然と]

いやぁ、気づいたら8月末でしたね( ´∀`)

8月末はソフトハウスキャラの「領地貴族」を予約していたのを忘れていて
昨日の金曜日に受け取り損ねて、今日からプレイ開始です( p´∀`)q

感触としては体験版は1度だけプレイ済みだったのだけど、
製品版はゲーム期間が5年ということで長く感じましたね。

ターン数的には8ターン増えただけなんだけど、領地が発展して雇っている騎士の数が増えると
1ターンの行動が10回みたいなことになっていくので、かなりの急開発、急回収みたいな地域収入と
イベントの進行を早めることが出来るので、思ったよりも忙しいんですよね。

慣れれば慣れるほど、やれる事が増えるので、1ターンあたりの時間が増えていく…

これ、なかなかのゲームシステムだと考えています。
引継ぎ要素もかなりあって、周回の回数によるものなのか達成したエンディング数なのかは
分からないのだけどゲーム開始時の人材を複数人、最初から雇えるというもの。

私の場合は今、2周やって、「怠惰な日々」と「第三王子派」の二つを観ました。
エンディングは達成している条件によっては一気に見られる仕様かな?

2周目のエンディング時、「怠惰な日々B」と「第三王子派」が一緒に来ました。
所属派閥によるもので重複しそうなのとダメなのがありそうですな。

現在は3周目を始めようというところだけど、周回特典で★★となっていて、
最初から3人雇えるみたいです。

ゲーム的には最序盤は、人材を増やす家の建築と、木材を増やす施設の建設が重要そう。


ゲームの話しかしていないけれど、今日の雑記はこんなところです。

nice!(0)  コメント(1) 
前の5件 | - 徒然と ブログトップ