So-net無料ブログ作成

「姫騎士アンジェリカ」クリア~ [アレ系]

なんかあっという間にクリアしたというか、飽きちゃいました(;´Д`)
こう、分かりやすい言葉で表現すると「姫辱」って感じです。
知らない人の為に言うと、褒め言葉ではありません(--

体験版1はプロローグを、体験版2ではゲーム開始から三日目までプレイ可能。
体験版2をやった時から、これはダメだなと思ってたけど、やっぱりその通りだったぜ。
注文をまだしてない段階だったら、正直、回避してたと思う出来でした('-'

ストーリーは簡潔に言うと、OHPにあるように、過去に主人公を裏切った元恋人で、
今はエルフの国の王妃におさまっているクリスティーナへの復讐劇。
そのきっかけとして、クリスティーナの娘、アンジェリカ姫を誘拐するところから始まるです〆

tyou教ものだから、ある程度は仕方ないのだけど、
絵が使いまわしばっかりで、つまんなかったぜ(;p´Д`)p
CG枚数を数えてみると差分含まずで82枚でした。少ないはずです。
希望小売価格¥8800円くらいのゲームなら、やはり100枚くらいはボリューム無いとダメですね汗

tyou教モノの弱点は2つあるのだけど、今回の姫騎士はその2つとも克服できてませんでした。
一つはさっき挙げたCG枚数の少なさ。もう一つは同じシーンを見ないとtyou教が進まない
システム的な問題。隠し数値でパラメータが設定されてるのか、
選択の回数なのか分からないけど、やっぱりなるべく同じシーンを見せないように作るべきです。
それか、繰り返しを感じさせない別要素の追加をするべきです。
※そういう意味でエウシュリーの「冥色の隷姫」はよく出来たゲームだと思いました。

既読スキップ機能をオンにしてると、開始時の初回と汎用セリフの変化のみであとは飛ばしまくり。
パラメータ表示型じゃないので、tyou教度の変化タイミングが分かりません。
満遍なくコマンド選択でいいんだろうけど、やっぱり見たくも無いシーンもあるわけで。
今回のこのゲームでも、やっぱり姫・王妃tyou教ゲーはダメだなと思いました。


■キャラについて■
体験版1をやった時は、アンジェリカの演技に関して問題ないと思ったのだけど、
ちょっと声が硬いですね…。表面上、快楽を認めず、主人公を罵倒するのはいいんだけど、
声に艶というか色気が足りないです。気高い姫っていうより、ボーイッシュな感じ。
セリフ的には熱いものがありましたが('-'*
ただ、薬を使われたり、tyou教度が進んでのシーンで、ラリってるのはいかがなものかと。

クリスティーナ役のCVの人は、私の好きな声優さんの一人ですね。
演技的には問題なかったと思うんだけど、なんだか燃えなかったです。
アレシーンの時、ずっとbo乳を吹いてたからなのでしょうか。おじさんはそういうの引きます(;´Д`)

フローラには癒されましたが、CG枚数が少ないので、いかんともしがたいです。
ダークエルフのセラフィーナは完全に脇役扱いですね…脇役でこのCVさんはもったいないです。


■今回気に入ったセリフ■
アンジェリカのセリフです('-'*

「お母様の代用品だなんて言っちゃって、本当は私の事が好きなんでしょう…
私が綺麗だから惚れたんでしょう…」

「ねぇ、本当の事を言いなさいよ…本当の事を言ったら、
私…案外なびいちゃうかもしれないわよ」

お姫様、メロメロです(;´Д`A


■まとめ■
これは…正直、中古が出てから買っても十分ですって感じです。
直前に月光のカルネヴァーレをやったから、余計にしょぼく見えたのもあるかもしれません。
この手のジャンルのゲームにそれを求めるのは酷かもしれないけれど、
ゲーム世界の舞台に、キャラの生活感というか存在感を全く感じなかったのが、ダメな原因かも。

ただ金髪で耳が長いキャラをエルフと呼んでるみたいな。そんな違和感。
おじさん、エルフに関してはうるさい方です('-'*

姫騎士アンジェリカ -あなたって、最低の屑だわ!-

姫騎士アンジェリカ -あなたって、最低の屑だわ!-

  • 出版社/メーカー: シルキーズ
  • 発売日: 2007/02/23
  • メディア: ソフトウェア

おまけ。
エルフ姫ならこちらの方をオススメって事で。

冥色の隷姫~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~

冥色の隷姫~緩やかに廃滅する青珊瑚の森~

  • 出版社/メーカー: エウシュリー
  • 発売日: 2005/09/16
  • メディア: ソフトウェア


nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

鴫野

なんだなんだ?
アフィリエイト?先のアマゾンのレビュー見ると、
ヴァルキリー作った人がディレクターとか書いてあるじゃないか。

…どうりで同じシステムなわけですね(;´Д`)

絵は姫騎士の方が上だと思うけれど、シチュエーションや出来自体は
ヴァルキリーの方が断然上ですね。
※ヴァルキリーは発売からしばらく品切れの大人気でした。
by 鴫野 (2007-02-24 18:28) 

鴫野

そういえば初回特典のオマケディスクなんだけど、
入ってたシーンっていうのが、日本の伝統的?な女学生の服と
伝統的な?体育用服装のシーンでした。

吐き気がしたので、選択肢見ただけでアンインストールしちゃったぜ('-'*

もう、これは拒絶反応の域だなぁ…
by 鴫野 (2007-02-25 21:27) 

鴫野

知らない間に、この記事の閲覧数が2000越え(;´Д`A
メジャーなタイトルなのかなぁ…

2000という数字は、私のブログの中で一番多いですq('-'*
閲覧数で言うと、2位は1800の「峰深き瀬にたゆたう唄」の記事。
3位は900の「恋姫無双」です。

…な、なんかアレゲーばかりですよ><;
傾向で言うと、閲覧数200...いや300を超えると、
あとは勝手に伸びていってますな。
みなさまお使いの検索エンジンがアクセス頻度を測ってるのなら
この300っていう境界線が重要になってるっぽい。
by 鴫野 (2007-07-16 18:13) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。