So-net無料ブログ作成

アレ系 「ウィザーズクライマー」 クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはソフトハウスキャラ。
http://shchara.co.jp/
今作も、すごい一生懸命遊ばせてもらいました( ´∀`)y-~~
とっても面白くて、遊び甲斐があり、久々に全力を尽くした感じです。

ちなみにゲームのデモはこちら。
支援♪ 支援♪ 支援♪



( '-').oO(これに掛かりっきりで、クロノベルトが放置中なわけだが…汗)

コンプにはまだまだ遠いけれど、とりあえず納得できるところまでプレイしたので
きりのいいところで終了です。

その中でただ一つ無念なのは、自力でラズロックとソシエットの
出会いのシーンを見れなかったことです・゚・(ノД`)・゚・
※フル化してみました。

なんかソシエットってゲームモードによっては、シーンがある時と無い時がある気がする。
修行や試練モード限定なのかなぁ…。自力で見てないので条件は不明だぜq(`∀´;q)


さて、今回のゲームは周回プレイ前提ということなので、
初回プレイの一周目では到底クリアできない難易度設定がされていて、
それが逆にヴィオラとかあの辺りの魔法使いは凄いんだなと見上げる視点で
ゲーム世界に触れることから始まります。

この視点は自然とそうなったんだろうけど、高みを目指す意味で良い印象付けがされたと思う。
これにはセリスの育成にも熱が入りますねv(`∀´v)


とりあえず、本格的に感想を書く前に、このゲームの良いところを簡単に3点ピックアップ。

1.プレイヤーの趣向による自由度の高いセリスの育成。
2.塔攻略などの達成感。
3.いつもの?ソフトハウスキャラのノリ。


なんといっても今回の目玉は、セリスを自分の思いのままの方向性に育てられる事でしょう。
魔法使いになりたくて、魔法使い達?の大会に出場して優勝が目的なのだけど
特に「魔法」というこだわりはなく、剣でも弓でもいいし、物魔両用でもいいし。

自由度が高すぎて、何から手をつけていいか判らなくて私は
初回プレイではひたすら格闘術のジャブやストレートを伸ばしてましたよ( ´∀`)y-~~
…いや、貧乏で武器が買えずに素手だっただけなんですが_| ̄|○

まぁ、そこに落とし穴があったわけだけど、それもいい思い出さ('-'*

武器の中には強力なものもあるので、プレイ中に塔攻略時などで良い武器を拾ったら
それを中心に次回周回プレイで育てなおすのもよいですな。私は格闘中心だったけど、
4周目の時に名刀アマツクモを偶然入手したので、それ以降は剣撃中心になりました。
…ハンマーやタルは一度も使ったことがなかったなぁ。
ムチは便利なのだけど、命中率とダメージがちょっと低かった気がする。
後半、HPが多い敵に囲まれると倒すのに時間が掛かってたかなぁ。

おっと、あまり攻略っぽい文章は後回しに…。


塔攻略などの達成感は良かったです。周回を重ねて強くなりすぎると
Ctrlキー押しっぱなしの力押しになっちゃうのが残念なんだけどねq(`∀´;q)
※戦闘を「高速」にしてCtrlキーを押すと早送りになりますd('-'*

敵とセリスの力のバランスから言って、3.4週目あたりが一番ハラハラ感を楽しめそう。
地下迷宮とかになるとさすがに、もうちょい地力が必要かもしれないけど。

デモムービーであったけど、巨大な敵が結構序盤から塔で待ち構えてるのには驚いた。
ただ、それらの敵は動けず、回復もしないので、高いダメージにさえ気をつければ
逆に倒しやすい敵でもありました。召喚魔法系は瞬殺されるのでタイマン勝負だったけど。

塔攻略の楽しみといえばクリア時の達成感もあるのだけど、レア武器探しの旅でもありますな。
上にも書いたけど、剣では名刀アマツクモ(+90)、月風の弓(+60)、伝説の投ナイフ(+30)など。
自力で入手した強力な武器はこの三つ。
アクセでは竜の指輪(HP+3回復)や天使の帽子(詠唱加速+9)でしょうか。
防具は出てないけど、やっぱりあるんだろうなぁ…。
店買いした魔法の鎧のままだよ・゚・(ノД`)・゚・

アイテムゲットにはやはり冒険系スキルの探索や謎解きでしょうな。
特に探索は箱率アップなので、これは最優先で伸ばしたいぜq(`∀´q)


そして最後にこのメーカーのいつものノリ。
ゆるいというか、主人公の性格や物腰に既知感があるというかw
一度ここのゲームをやってみて、主人公が好きになれたら
このメーカーのゲームは大丈夫そうですな( ´∀`)y-~~
私は大好きですよ、この主人公タイプは。

あと周囲の人々のノリもいい感じですな('-'*
妙に庶民じみてるというか、生活感があるのよね。ゲーム全体に。
ファンタージーだし、ゲームの中だし、そこまで細かい事に
セリフを割かなくてもいいじゃないかっていうくらいのもある。

だ が そ れ が い い ( ´∀`)y-~~

主要キャラも個性があって、とっても良かったです('-'*
ただ…ビジュアル的には一番期待してたイエルの印象が薄かったかなぁ。
ライバルキャラなんだけど、ライバルになってないというか汗
大会でも当たらない時があるしね(;´Д`A

主要キャラとサブキャラとの逆転が見られたのはソシエットかな?
シーン数は少ないのだけど、最も初期からセリスを鍛えてる事もあって
日常会話も多く、ラズロックにとってもプレイヤー側にとっても、無くてはならない存在ですな。
逆にイエルは…居ても居なくても…ごほごほTT
てか、初回のノーマルモードとかだと三年目くらいにならないと出てこない気がする汗

ソシエットとセリスの会話で、なぜご主人様と呼ぶかという一連の話は良い感じですな。
自力で出会いのシーンは見れなかったのだけど、出会いの発端となった事件?は
ヴィオラにも一応の関連性があるので、上手に話を作ってる感じでした。

てか、ヴィオラは可愛すぎだろうと(;´Д`)ハァハァハァ
セリスの「結局、師匠ってヴィオラさんラブなのよね」っていうセリフがあったけど、
なんか、このセリフが一番真実を端的に説明してる気がしたぜ( ´∀`)

そしてそれに納得してしまうプレイ後の私…(;´Д`A
まぁ、セリスはメインヒロインでもあり、ゲームの主人公でもあるので
アレゲーでありがちな「誰かと結ばれないといけない」という制約がないので便利だね。
完全に男が主人公だったら、誰々ヒロインENDを目指す必要性があるけれど。

ヴィオラは主人公の古い友人という説明だったけど、傍から見てもラブなのは笑った。
王宮に行く時に付ける香水と、ラズロックに会うときに付ける香水の話とか。
ちょwwヴィオラ、分かりやす過ぎだろうとq(`∀´;q)

場面によっては冷徹さが現れてるけれど、そっけないようで、
基本的にデレてたのは良いバランスでした。
あと、海原エレナさんのCVがいい味を出してるんだよね(;´Д`)ハァハァ

またヴィオラやソシエットを通して、師匠であるラズロックの過去を知るのも
良いアプローチの仕方ですな。この辺もセリスとラズロックの二人三脚、
二人セットで主人公な点を上手に利用して、最も近く、最も謎の多い
ラズロックの過去話を自然に組み込んでいってる。
そして、それらを観て、今の環境やあり方に納得できると。上手にまとめてますなぁ。


アレシーンについては、特に書くことは無いかな。セリス中心だし。
顔に似合わず、意外にグラマーなのには驚きましたが('-';
シーン自体の尺は短く、主人公はいつものように連射してました汗

…最近、この絶倫な主人公が羨ましく感じられるようになってきますた_| ̄|○

シーンの回収はかなり手間取ると思う。散らばりすぎ。
あんまり連続して魔力補給を行うとゲームオーバーだしね(;´Д`A
まぁ、それはそれで微笑ましい絵なのだけど( ´∀`)


■まとめ■
最初はちょっと幼めなセリスに意欲を削がれたけれど、不屈の根性を見せて
塔攻略したり強敵を倒したりしていく姿を見て、自然と好きになれました。
「育ててるのは私だけど、育ってるのは私じゃない」っていう不思議な感覚も楽しかったです。

周回プレイ前提ということで、時間に追われて慌しく感じてしまうかもしれないけれど、
期間があるからこそゲーム全体に締りが出てくることも事実。
周回を重ねると、最後の方は初期段階からイエルと知り合いなので
期限的な縛りはほとんど感じなくなると思います。むしろ時間が余るので
余った時間でイベントシーンを探せと言う感じですな。

今日までで一体、何十時間プレイしたか分からないけれど、間違いなく遊べたゲームでした。
周回の引継ぎをやめて、1からスタートしても、それはそれでまた面白いバランスだと思います。
まだ未プレイの人は是非、遊んでみてくだされq(`∀´q)

ウィザーズクライマー

ウィザーズクライマー

  • 出版社/メーカー: ソフトハウスキャラ
  • メディア: DVD-ROM


■攻略のヒントみたいなもの■
まぁ攻略サイトじゃないので、ずばりな答えを探してる人は、それなりのサイトへどうぞ('-'*


□セリスの育成について。
全く自分の好みに育ててもらって良さそうですな('-'*
ただ、将来的にはやっぱり魔法が強力なので、特に魔法知識関連は
周回中も、たゆまぬ努力で鍛練し続けるのが良いと思いました。

魔法の何が強いって、魔法知識を伸ばすと、地味だけど魔法の威力が伸びることです。
(多分ね汗 …つ、強くなってるよね?(;´Д`)ハラハラ
そして連携しやすい魔法があり、それがかなり強力な点。
一方、各属性の個別鍛練については、ほどほどで良さそう。
魔法知識が増えると2系統同時鍛練が追加されたりするしね。


□あると便利そうな魔法。
とりあえず必須魔法は、土魔法の治癒の魔法。
このゲームは「やくそう」のような消費アイテムはないので、
HPの回復は階層を登る時の、体力回復スキルによる自然回復か
魔法による回復しかありません。水術でも一応は回復できるけれど即効性ではないし。
どんなキャラ育成の方向性にせよ、土魔法を伸ばして治癒と再生の魔法を
Lv10まで伸ばすのは、とりあえずの至上命題と言えそう。
※Lvが上がると、使用回数が増える点も重要です。

タイマン勝負の大会などでは水系魔法があると有利ですな。
「水弾」からの連携が決まると強烈ですよ(;´Д`)ハァハァ

塔や迷宮攻略では火魔法が相性良いですな。
特に「炸裂する炎」あたり。低MP消費で範囲攻撃は良い感じ。
風系の「弾ける風」も塔攻略では使いやすいかも。
結構、翼の生えてる敵が多いです。飛んでる敵は基本的に逃げていくので
剣で斬るのは困難で、倒すまでに時間とHPが削られます。

範囲攻撃という点では、囮役にもなる召喚魔法系も良いのだけど
これって、ほっとくと際限なく発動しまくるのよね(;´Д`A 困ったものだ。
暗黒球や雷球はHPが高いのだけど、炎の蛇は薄いので
特に高攻撃力のハンマーもった敵や、巨大ボス敵とは相性が悪いですな。

光の盾、闇の盾あたりはMPに余裕があれば。
雷歩は使用回数が少ないので、逃げる敵が居る時に奥義にセットして使えば
瞬間移動して斬りつけられそう。逆に追っかけられて間が持たない時に
敵との距離感を遠距離戦にセットして間合いを取るとか。

まぁ、この辺は私の経験則なので、人によってはもっと効率的な使い方がありそう。


□イエル攻略。
とりあえず月一のクインズベル大会で優勝が条件になってそう。あとは塔攻略数?
ちなみにノーマルモードだと条件満たしてもなかなか出てこなかった気がする。
あとに登場するモードほど、人物の登場が早まる、もしくは最初から知り合い状態。

初回プレイの目標としてはとりあえず、月一の大会優勝を目指して、
イエルを登場させて関係を持つことが課題になりそう。
多分、イエルと関係を持つことで、次回スタート時に「修行モード」を選べた気がするし。
モードが追加されると、引継ぎ経験値量も30%→40%になったりするしね。

イエルのエンディングの分岐に関しては、清い関係であるか無いかで変化しそうだ。
あとヴィオラとどうなってるかも影響しそう。


□ヴィオラ攻略。
何度やっても攻略の糸口がつかめなかったので、クリア後のおまけでヒントが貰える
クイズをやってみた。するとヴィオラ攻略のヒントが出ますたv(`∀´v)
言われたとおり進めると、結構あっさりとヴィオラENDにたどり着けました。

ポイントはイエルと関係を持つ前に、「イエルと遊ぶ」を何度かこなしておく事ですな。
周回してて登場キャラの内面や過去の流れを分かってる、モニタの外に居るプレイヤーには
気づきにくい事かもしれないけれど、イエルと遊ぶことによってヴィオラとラズロックの関係を
「その周回内で」認識させる必要があるわけです。この辺はシナリオの整合性でしょうな。

あとは何度かアルバイトの師匠の手伝いをしてると話が自然と進みそうです。
逆にヴィオラとシーンをこなしたのに、話が全く進まない
(ラズロックとヴィオラの過去シーンが見れない)時はセリスの魔法系のスキル…
魔法知識とか魔力増加とか回復とか? そのあたりを鍛練すれば良いのかな。

ヴィオラENDは必見です('-'*
是非、これだけは自力で頑張ってみましょう。


□セリスの各エンディングについて。
普通に最後の大会で優勝すれば家を取り戻すエンド。
そうじゃなければ弟子継続や魔法学園の教師エンドですな。

それ以外に、一般スキルが高い?と(料理・洗濯・掃除)、ラズロックの妻エンドになるようです。
…このエンディングが回想の一番上になるって事は、これが最もしっくりくる話でもあるね。
確かにそうだ。ヴィオラとは意識的に話を進めないとそうならないし。
そうでなければ弟子であり魔力補給を繰り返してるセリスとそういう関係になるのも自然だしね。

自力で見れなかったエンディングは、アレっぽい風になったセリスと、冒険者エンドくらいかなぁ。
二つとも条件は分からないけれど、冒険者エンドは多分、アルバイトの冒険者手伝いの回数や
冒険系スキルLvの高低に左右されそうだ。
あと、多分…かなり優先度が低いんじゃないかな(;´Д`A
周回プレイを重ねて鍛練する必要がなくなってきたら、3年目12月くらいまでスキル降らずに
最後に冒険のみ降ってみるとか、アレ知識だけポイント降ってみるとか試してみたら良さそう。



■おまけ■
今回、一番印象に残ったシーンはヴィオラEND直前の会話でしょうか。
3年目4週目→4年目1週目の間の会話です。

ネタバレになります。


過去回想話にあったセリフをもう一度、私に言わない?というシーン。
「俺の前で涙を流せるならー」という一連の流れにグッときますた(;´Д`)ハァハァハァ
たった一行、地の文で特にセリフは無いのだけど「大粒の~」には、やられました・゚・(ノД`)・゚・

あと、ヴィオラと言えば、クリア後のおまけシナリオもノリノリでしたねv(`∀´v)
その中で「王様げいむ」を読んだ時は吹いたw
「凄く良かった! もう一回やりましょう」のテンション上がりまくりのセリフ回しが最高v(`∀´v)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。