So-net無料ブログ作成

アレ系 「おしゃぶりアナウンサー」 クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはマリンです。
http://marigold.1000.tv/marine/index_main.html
CG枚数は差分無しで100枚。シーン回想数は69。

比率的には、彩 > 梓 > ジェシカ > 亜希子 > 香織 の順で、
さすがメインヒロインということで彩とのシーン数が多いですな。

艶技の一つである口取りというシチュに重点を置いたゲームということで購入したのだけど
良かったところとイマイチなところの幅が大きくて、足して2で割って「普通」という感じでした。

(評価の変更09.3.28)
迷ったのだけど、評価を上げますv(`∀´v)
理由は、このゲームで充実した「音」を堪能してからその後、他のゲームをプレイしてみると
物足りず、「気持ちよくなれなく」なったからです(;´Д`)ハァハァ


■良かった点■
☆「その筋の人を起用した」との宣伝どおり、「良い音」を出していました(*´Д`)
☆コンセプトの「飲むと滑舌が良くなる」というとおり、飲んでもらうのは良いですな。
☆彩とジェシカあたりのキャラ付けは、結構面白かったです。

■イマイチな点■
★肝心の口取りシーンで、絵を使い回ししすぎ。
★肝心の口取りシーンで、絵を使い回ししすぎ。
★肝心の口取りシーンで、絵を使い回ししすぎ。(大切なことなので三回言いました。)
★卑語無音消しが、意外にうっとうしかったです(;´Д`) いつもは気にしないんだけど。


良かった点では、やはり口達者な人を起用ということで、いい音を聴かせてもらいました('-'*
人それぞれにクセのある音を安心して聞き比べられるのは贅沢ですなぁ。

彩はバキューム系?だけど、変化をつけたりして3パターンくらいあった気がします。
メインヒロインという事で一番シーン数も多いし、こういう仕事は大変だなと思ったぜ(;´Д`)ハァハァ
あと、個人的に深井さんは好きなので、メインに起用されて嬉しかったです('-'*

香織はどっぷりと汁気のある下品な音が、清楚そうなキャラ外見と相まって
そのギャップが良かったです。…てか香織のセリフより、そのBGCの方がすごい音なんだが汗
※BGCとは、某スレにてバックグラウンドちゅぱ音の事らしいです(;´Д`A

梓はこの5人のヒロインの中で一番、控えめな音でした。
以前から私は、中の人が上手だとは思ってないので、採点は厳しくなります。
この人の場合は音よりも、男っぽい硬質の声がネックになってて苦手です。

亜希子はキャライメージ通り、包み込まれるような母性的で優しい声で
口でのシーンにとどまらず、本番でも良い声を出しておられました('-'*
やっぱ、この人の声は何度聴いても良いですな。
ただ残念だったのは、胸に挟むシーンが多かったことです(;´Д`)

ジェシカは中の人がS音様ということで、想像してたイメージ通りのドSな声で
セリフを話されていました。話が進むとキツイだけではなくデレたりする所もあって可愛いですな。
音としては「激しく ねぶられる」タイプになるのかな? 
ワンパターンだと言って嫌う人も多いのだけど、口内で舌が蠢いてる妄想が楽しいです(*´Д`)
ただこちらも亜希子と同じく、口でのシーンが少なくて残念でした。(手とか足で減ってる)

さて、このゲームは主人公のを飲むと滑舌が良くなるという話の元で進められてるのだけど
ただ口に出すのが目的ではなく、ヒロインが自発的に「飲む」のがポイントですなv(`∀´v)

これは口取りが前戯ではなく、主要な行為としてコンセプトに定められた必然のものだけど
やっぱりなんだかんで口に出せるというのは嬉しいですなv(`∀´v)
通常だと選択肢で「飲ませる」事はあっても、「飲んでもらう」というのはあんまりないし。


次は悪かった点についてなんだけど、大事なことなので上の方で三回同じ事を言ったんだけど
絵を使いまわしすぎで、このゲームの評価を凡作に押し下げています(;´Д`)

OHPに行ってCGサンプルに注目。口取り絵で背景が黄色っぽい絵は
何度も使いまわされることになります。プレイ前から危惧はしてたんだけど
こうも見事に使いまわしが横行すると、さすがに音以前の問題になります。

一人の声優さんが出せる音やパターン、バリエーションには限界があるのに、
それをほぼすべて、同じ使いまわしの絵を使ったら、代わり映えがなく
「どこかで一度観たシーンと一緒」に思えてしまい、たとえシーン回想数が多くても
印象に残らないものになっています。

せめて舞台裏なら舞台裏。控え室なら控え室の背景くらいは入れて欲しかったです。
口取り絵自体についても、CG差分はあるのだけど「つっこんでる」のもいただけない。

こういうのは口取りシーンが好きな人じゃないと理解してもらえそうに無く、
「お前は何を言っているんだ?」って気もしてきたけど、基本的には「つっこむ」ものじゃなくて
「くわえてもらう」ものでしょうとヽ(`Д´)ノ
差分で絵を動かすなら、棒の方を動かすんじゃなくて、女性キャラの顔を動かさないとダメ。

口取りゲーをコンセプトにしてるなら使いまわしなどもってのほかで、
「舌先」→「さきっちょくわえ」→「奥まで飲み込む」の3差分くらいは頑張って欲しかったです。
それプラスすぐ上に書いた、そのときの状況描写。主人公が仁王立ちで相手は跪いてるとか。

総CG枚数は100枚なのに、使いまわしの印象が強くて、
ちっとも豪華に思えない内容になってるのが残念でした。


■まとめ■
おしゃぶり音は良好だったのだけど、シチュの発想が貧相で、使いまわしの絵や
似たシーンが多くて、心に残るような良質の口取りシーンが無くて残念でした。

それでも尚、その欠点を無視して さらに上を行く手厚い口取りシーンの充実した音は
なかなか他ゲームでは類を見ず、実用面では満足してます('-'*

お口のシチュで気持ちよくなりたいという人にはオススメしますv(`∀´v)



■お気に入りのシーン■
ジェシカとの二回目のシーンだったかな。手でしてる時に興奮度を高めるために
伏字が必要になる言葉を言わせようとしたときのジェシカの反応。

「あなた……この私に放送禁止用語を言わせようと言うの?」

な、なんかアナウンサーという設定で、このセリフを聴くと( ´∀`)ニヤニヤ しますた。


他には亜希子の家でのアレシーンで、行為中に夫である野球選手の様子を
ニュースで観ながらというのは何だか燃えますねv(`∀´v)
三振して、がっくり肩を落としてベンチに去っていく様子も良いですな。
描写的には大したことは無いんだけど、良い寝取り感です('-'*


■おまけ■
このゲームの購入3日前に「聖奴隷学園(2006のゲーム)」というのをプレイしたんだけど
こちらは良作のゲームでした。まだ未プレイで、シチュエーション的にアナウンサーでは
なんだか消化不良だったという人にはオススメですv(`∀´v)

聖奴隷学園

聖奴隷学園

  • 出版社/メーカー: Liquid
  • メディア: CD-ROM


DL購入はこちら。
http://pro.dlsite.com/work/=/product_site/1/product_id/VJ003487.html

…音はアナウンサーの方が出てるのだけど、シチュエーションとしては
聖奴隷学園が10年先を進んでる感じですなぁ( ´∀`)y-~~



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。