So-net無料ブログ作成

アレ系 「真剣で私に恋しなさい!!」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはみなとそふとです。

メインヒロイン5人で、ある程度の話の偏りがあるとはいえ面白かったです。
特にクリス編はタカヒロさんの持ち味を出し切ったルートだったんじゃないでしょうかv(`∀´v)

■長所■
☆魅力的で特徴のある登場キャラ同士の掛け合いが最高ですv(`∀´v)
☆その中でも特に風間ファミリー、とりわけキャップの存在は無くてはならない存在ですね。
☆アレシーンでは後背位・お掃除口取りという主人公のコダワリが良いです。

■短所■
★大本命だった姉さんのルートが…あれ?(;´Д`A
★CG枚数が足りないです・゚・(ノД`)・゚・
★誤字や音声セリフが出てないなどの箇所が多くて目立ちました。

今作はとにかく登場人物たちの会話が楽しかったですねv(`∀´v)
クラスメートのサルとか隣のクラスのハゲとか本当に良キャラですなぁ。

その辺の秀逸さは体験版から分かっていたのだけど、本編に入ってからもっと好きになりました。
てか体験版はかなり端折られていて、いざ製品版をプレイするとオープニングが終わりません><;

どのメインヒロインのルートでもそうなのだけど、風間ファミリーのチームワークが素晴らしいですね。
特にリーダーであるキャップの存在が凄すぎる(;´Д`)ハァハァ

ゲームプレイ前などは、なんでバンダナ付けた男がリーダーなんだよ?って感じで
意味がよく分からなかったのだけど、本編を進めると主人公を喰ってしまいそうなほどの
勢いで驚きましたよ(;´Д`)ハァハァ

またキャップだけではなく、ガクトやモロなどのファミリーの男キャラもいいですなぁ( ´∀`)
ガクトとの会話でマッスルポーズしながら「俺様」連呼してる姿には何度も吹きましたよw

各ヒロインルートでは、どれも武士娘という設定どおり熱い戦いが終盤に組み込まれていて
盛り上がりました。ちなみに私のお気に入りはワン子とまゆっちルートです('-'*

特にワン子編はこのゲームで唯一、泣いちゃいましたよ・゚・(ノД`)・゚・
ああなった結果、これからどうするかを主人公と考えていく話は、
他ルートでははぐらかされたり、ほのめかされたりで放置されてた内容だっただけに
きっちりオチを付けてて良シナリオじゃないでしょうか。

まゆっち編では友人を作ったり、凄まじい戦闘力を発揮したり、PT組んで戦ったりと
目まぐるしい展開で面白かったです。てか、あの人の射撃、スゲー(;´Д`)ハァハァ
…あの人のCVがリアルでもあの声なら、日本も安泰なんだけどねー( ´∀`)y-~~

京編は、このゲームで唯一「アレゲー」というジャンルだったのを思い出す展開でした。
てかね、確かこのゲームで卑語言ってるのってエレナさんだけですよ(;´Д`)ハァハァ さすがです。

内容で見ると主人公とベタベタしてるだけと思われがちだけど、生涯の友人を得るという
形で最後を結んでいるのが印象的でした。あの状況での叱咤は神懸っていていましたな。
本当にあの人の評価がうなぎ上りですよq(`∀´q)

クリス編は最初に書いたけど、一番笑ったルートでしたv(`∀´v)
クリス自身が元々弄られやすい性格なんだけど、このルートではクラスメートなども
はっちゃけていて何度も吹きましたよ( ´∀`)

例えばこんな感じで…隣のクラスが決闘しているのを見た時のF組の様子。

育郎「へ~あの二人って互角なんだなぁ。なんか股間がたぎってきやがったぜ」
梅子「下品な事を言うな。次言ったらその股間を鞭で叩く」
育郎「セッ○ス!」
梅子「いきなり言うとは何事だ俗物が!!」
        びしーん

ちょww サル、あんた凄いよ(;´Д`)ハァハァハァ

速攻でムチを入れる梅子先生も流石です。…梅子先生の声は何だか聴いてて
気持ちよくなってくる気合の入った声でワクワクしてきますな( ´∀`)
ちなみに梅子先生にはショートシナリオがあって、翻弄される28歳が楽しかったです。

肩透かしを食らったといえば意外にも今作の大本命な姉さんでしょうか。
私はプレイ順が、姉さん → まゆっち → ワン子 → クリス → 京 という感じだったからかもだけど
ひたすら戦ってる印象しか残っていない感じなのが(;´Д`A

あと個人的には、有り余る戦闘衝動が「怖かった」です。
最後のクラス対抗の学園を二つに分けた戦いは面白かったのだけど
本編中は戦いばかりでイチャイチャできなかったのが原因かなと自己分析してます。
…アレシーンがアフターでしかないってどういう事よ(;´Д`A

アレシーンと言えば、今作は歴代シリーズには無いほどの濃厚さで驚きました。
主人公は後背位とお掃除口取りにコダワリがあるらしく、メイン全員にそれらのシーンが
あったのは嬉しかったです。このブログの購入履歴にある私の属性とかに書いてる通り
後背とお口を使うのは大好物なのでv(`∀´v)

ただメインの中で口上手はワン子と京だけだったのが残念。
二人は中の人で分かるように安定してましたね('-'*

百代は課題が残るレベルですね(;´Д`)
息遣いは良い感じなので、あとは音を大きくして欲しいものです。
再生音量を上げないと聞き取りにくいのはちょっとね(;´Д`A


次に不満点でも。
このゲームの不満点といえばCG枚数の少なさにつきると思います。
メインヒロイン一人につき16枚枠なのかは分からないけど、勿体無いなと。

今作のアレシーンは過去最大級でネチッこく、絶倫連射してるというのに
テキストと絵が合ってないのがあったりで残念な気持ちでいっぱいです。

梅子先生がCG一枚しか無いなんて、ありえないでしょうと・゚・(ノД`)・゚・

お掃除にコダワリのある主人公なのに、スイーツ相手の時にお掃除させないとか
ありえないでしょうと・゚・(ノД`)・゚・


■まとめ■
とにかく登場人物の掛け合いが楽しいゲームでしたv(`∀´v)
ゲームの雰囲気はOHPにある体験版で味合えるのだけど、それを試すのすら勿体無いですな。

今作はコンセプトが武士娘ということで、戦うヒロインなので各ルートごとに
熱い戦いシナリオが用意されていて、掛け合いの面白さと共に盛り上がりましたv(`∀´v)

シナリオ量に対して絵が少ないのが最大の欠点だけど、「君ある」のような
おなざり感は無く、安心してプレイできると思います。

8月発売のゲームで、これをやってない人は勿体無いですなぁ( ´∀`)y-~~

真剣で私に恋しなさい!  初回版

真剣で私に恋しなさい! 初回版

  • 出版社/メーカー: みなとそふと
  • メディア: DVD-ROM


■お小言■
5人のヒロイン攻略後に新たなルートが開くんだけど、
そこでドSな人との絡みが全く無いってどういうことよ?・゚・(ノД`)・゚・

ああいう人こそ、主人公のもつ特性でガンガン注ぎ込むべきなんじゃないかとヽ(`Д´)ノ

あのドSな人に後穴攻めとかお掃除させないとか、最後の最後で大切なものが
ぽつーと抜けてるなと残念な気持ちになりました・゚・(ノД`)・゚・

これを思った人は私だけでは無いはず><;
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。