So-net無料ブログ作成

アレ系 「装甲悪鬼 村正」 クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはニトロプラスです。

正直なところ、このゲームの購入動機は「OPの動画」と「カッコイイ歌」だけでした。
あとは多分、ニトロプラスだから大丈夫だろうと( ´∀`)y-~~

この三点で衝動買いとも言える買い物をしたのだけど、
よもやここまで面白いとは夢にも思いませんでしたよ(;´Д`)ハァハァ

それではこのゲームの良い所とイマイチだった所を挙げていきますq('-'*

■長所■
☆悩みながらも主人公と共にプレイヤーが「村正の存在意義」を明らかにしていく過程が面白い。
☆決闘シーンの理詰めの読み合いが新鮮で面白かった。
☆横長のゲーム画面、縦書きのメッセージ枠の使い方が印象的。

■短所■
★とにかく超速スキップが遅いので、周回プレイが面倒。
★エンディングのスタッフロールが飛ばせない?のが面倒。

今作は「英雄の物語ではない」や「スラッシュダークADV」というコンセプトの通り
決して明るい未来の話や、幸せになれる内容ではないのだけど、それ故に
これまで目を背けていた「事実」を目の当たりにして、考えさせられる内容でした。

作中では正義とは、殺人とは、罪とは、復讐とは何なのかと考え、悩み、答えを見つけていく。
そして物語の展開と共に「村正の存在意義」がしっくりと納得できる流れは素晴らしいですな。

このゲームは、時間が掛かりながらも「理屈で理解できる」ように書いてあるのが特徴だと思う。

感情に訴えるわけではなく、理屈・理詰めで村正の核心部分が明らかになるので
すべて理解できた時は、すーっと目の前のモヤが晴れ渡ったかのようになります。

物語自体が感情ではなく理屈で説明されていくので、
おおむねクリアした人は同じ感想を抱くのではないでしょうか。

唯一、理屈で対応できない相手が宿敵「銀星号」なのだけど、最後の最期で一瞬だけだけど、
ひじょうに重要なキーワードを得てからは、これもまた理解できました。
これだけは理屈では説明できず、だから主人公は最後まで悩み続けていたのだということを。

銀星号が何を求めていたのかというのは、シナリオ上のトリックというような感じだけど
理詰めの展開の中で唯一、それでは説明できない感情を取り扱っているのが印象的でした。

個別ルートでは香奈枝編が変化があって良かったです。
まっすぐに責められて、香奈枝の事が本当に怖くなったのだけど、主人公が膝をついてる
シーンを見てからは、香奈枝もプレイヤー側の私も、がらりと見方が変わりました。
その後の香奈枝の心の変化と、変わらない性質とのせめぎ合いが良かったです。

理屈と言えばプロローグでもいきなりあるのだけど、今作は一対一の決闘シーンが多くあり
その対決でも自分の実力と相手の力量、間合いをはかる計算が精緻で新鮮でした。

その中でも主人公の初めての決闘では格上が相手ということもあり、文章を読んでるだけで
(;´Д`)ハァハァ 言っちゃうくらいジリジリと後ずさったりする「剣を振らない攻防」が凄かったです。
…てか、この決闘シーンだけで、20分くらい掛かってた気がするよ(;´Д`)ハァハァ

また、その決闘での「手」の解説を絵で解説してくれるのが凄い良かったですv(`∀´v)

ゲーム中の画面を貼るのはあまり良くないのだけど、こんな感じです。
装甲悪鬼村正 決闘シーンの解説図.jpg
こうやって斬るとか、この間合いで待つとか。装甲しての双輪懸のシーンでも
絵付き解説があったので、その辺も本当に分かりやすくて良かったです。

物語のコンセプト、展開以外で目を引いたのが、縦書きのメッセージ枠です。
通常のADVだと画面下方に表示されるのだけど、今作は大胆にもど真ん中に表示されるもので
プレイ前は違和感を感じてたのだけど、すぐに慣れました。

慣れるどころか、これはひじょうに合理的に出来た使い方だなとも思うようになりました。
視線が中央に寄るので疲れないし、下ばかりを向いて文章を読んでるのがADVの基本だったので
これは良い発想だなと感心しました。

さらにメッセージ枠を中央に配置して、立ち絵を左右に振ることで、
自然と対面して会話してるかのような雰囲気が出てるのが特徴的です。
またこれは通常の4:3の画面だと狭苦しくなるところだけど、
今作のゲーム画面は横長のワイド仕様になっているので、その欠点を補えてますねv(`∀´v)

中央にメッセージ配置とは書いたけど、上の図絵のように邪魔になる時はちゃんと
メッセージ枠が横にずれたりと柔軟なシステムになってるのも好感ですな。

これは単に「最近、横長のモニタが普及してきたのでそれに対応しました」というのではなくて、
上手にADV部分を生かすために左右を拡張したのだという意図が見えて好感触です。
まぁ時代というのもあるのだろうけど、それを生かせるというのは良いですなv(`∀´v)


以上、物語上では全く不満が無かったのだけど、システム周りでは大きな不満がありました。

とにかく「超速スキップ」が遅いのですよq(`∀´;q)
おそらくメッセージは飛ばしてるのだろうけど、ツルギでの戦闘シーンは
強制ウェイトによる演出などが効率よくスキップできずにいるのではないかと。
素人考えなので中身がどうなってるかは分からないのだけど、この辺は何とかして欲しかった。

また、エンディングのスタッフロールもスキップできずに2.3分、
ずっと眺めさせられるのはいかがなものかなとq(`∀´;q)

初回クリアとか、トゥルーっぽいエンディングなら分かるのだけど、作中でいくつかある
エンディングで毎回、カップラーメンが作れそうな時間、待たされるのはイライラしました。


■まとめ■
決して大きな声で賞賛を得られる内容(殺人)を取り扱った物語ではなかったのだけど、
それ故に、理屈で一つずつプレイヤー側の理解を深めていくシナリオ構成が秀逸でした。

難しい話題を取り扱っているのに「分かりやすい」のが一番の特徴かも。ゲームの内容を
感情的に嫌悪する人もいるのだろうけど、理屈で説明されているので「理解できる」のですよ。

未プレイの人は、ゲームのジャンルが「暗そうな話」だとか肩の張った見方をせずに
「ニトロゲー」と考えて突撃して、是非プレイしてもらいたいものですv(`∀´v)

装甲悪鬼村正 通常版

装甲悪鬼村正 通常版

  • 出版社/メーカー: ニトロプラス
  • メディア: DVD-ROM


興味が出てきて、今すぐにプレイしたい人のために、体験版はこちら↓
http://www.fmd-muramasa.com/tryal.php
第二編「双老騎」と書いてあるけど、よくよく説明を見ると第一編に、
第二編の内容を「追加」したと書いてあるので、この体験版で二つの話が遊べるようです。

気になった人はチェック〆('-'*
私は、体験版すらプレイせずに、OPデモだけで限定版を購入しちゃいましたが( ´∀`)y-~~


■おまけ■
茶々丸との話は、もう少しちゃんとしたものがあっても良かったような気がします・゚・(ノД`)・゚・
個別ルートではなく、好感度表示の空白枠で隠されている人の派生だったのが残念。

主人公のCV、良かったですねv(`∀´v)
OHPのサンプルボイスを聴いた時にはすごい低い声だなと思って印象にあったけど、
本編でもあのカッコイイ低音ボイスがずっと続くので段々しびれてきますた(*´Д`)

一方で、香奈枝の中の人の巻き舌は相変わらずですね( ´∀`)y-~~

香奈枝関係で言えば、さよの存在って一体(;´Д`)ハァハァハァ
トゥルーエンドへ行く過程の選択肢であったけど、作中で唯一、底の見えない存在ですな。

ちなみに本編中で私が一番萌えたシーンは、拘置所で村正の横腹についた砂を
拭いてあげたところです。…何、この可愛い生き物は(*´Д`)ハァハァ


最後に、短所の項目でいちいち挙げなかったのだけど、アレシーンの内容はお察しの通りです。
てか、今作は微妙に邪魔に感じました(;´Д`A

…かと言って、私が「一般ゲー」と説明されてるようなゲームをわざわざ購入するかというと
疑問が残るところ。こういう風に考える人は私以外でも結構いるんじゃないかなと思ったり。

アレシーンはシチュエーション的、主人公の趣向的にはもっとノリノリになれそうだけど
セリフがほとんどないのは大きな欠点ですな。六波羅の坊主のシーンは良かったですが( ´∀`)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。