So-net無料ブログ作成

アレ系 「黒獣」クリアー [アレ系]

メーカーはリキッドです。

ここ最近は これといったゲームが無く、興味から遠のいていたメーカーだったのだけど
今作はコンセプトが分かりやすく、面白そうだったので購入してみることにしました。

何せ触れ込みが周辺諸国を征服して「奉仕国家建国」宣言ですからねv(`∀´v)

それが実際に成されたのか、企画倒れだったのかは微妙かなという印象です。

■長所■
☆久々に清々しいほどの蹂躙っぷり。
☆オリガの喘ぎと、アリシアの口奉仕は良かったですv(`∀´v)
☆全員罰ゲームが良かったです。(ただし2シーンのみ)

■短所■
★物語性がなく、ヒロイン達をどういう風に弄ぶかのみに特化している。
★やたらとアレシーンの尺が長いのに、CG絵の枚数が少ない。
★口取りシーン重視がアリシアだけしかなくて残念。
★攻略がとっても面倒で投げた\(^o^)/

今作は、連合を組んでいる砦を順々に選択していって、部下に蹂躙させるか
そのヒロインと関わりの深い者に差し出すかでアレシーンに変化はあるのだけど
変化があるのはシーンのみで、どの順番で攻略しても一緒なのでゲーム性がなく、
ただ観るだけのゲームになってしまっています。

元々、物語性・ゲーム性の うんぬんを求めてるメーカーではないのだけど
ここまでさっぱりアレシーン以外の中身がないのは珍しいかも。
その分、早くアレを観れるって事ではあるんだけどね(;´Д`A

ということで感想と言うとアレシーンがどうだったかというくらいしかないので
個人的に好印象だったヒロインを挙げておきます。

ダークエルフの女王オリガと、姫騎士のアリシアですv(`∀´v)

姫騎士は前評判どおり、絵的にもCV的にも安定してて、
さらにはアレのシチュエーションが口取り奉仕に特化してるので
このゲームを代表するキャラですね(*´Д`)ハァハァ

ただアリシアは良かったのだけど、全キャラの口取り分が全部アリシアに
集中しているような印象で、他キャラでは「単独」の口取りシーンが無くて残念です。

( '-').oO(口取りすらない巫女が居たりとか考えられないぜ汗)

てかさ、奉仕国家がコンセプトなら、全キャラに奉仕穴イベントは必須だろうJK ・゚・(ノД`)・゚・

他のキャラでは意外にもダークエルフの女王が良かったですv(`∀´v)

オリガのサンプルボイスや序盤体験版では、役柄と無理して出してる?低い声が
合ってないなぁ…と思って散々こき下ろしてたんだけど、実際にアレシーンになると
裏返った高く綺麗な声でビックリヘ(^o^ヘ)

ちなみにオリガのアレシーンで一番だったと思うのは空中でのシーンです(*´Д`)
虚勢が張れないほどの転落への恐怖で、きゃーきゃー言ってるのは可愛いですね(*´Д`)ハァハァ

オリガの側近、クロエは絵的にもCV演技的にも良かったのだけど
アレシーンのシチュエーション自体がイマイチでした。

アレシーン全体においての短所としては、アレが長すぎてダレてしまう所です。
ヒロインの数が多いので、割り当てられているCG枚数が少なく、1枚絵の差分で
延々と続いて変化が無くて、だんだん飽きてきて最後はスキップしてました(;´Д`A

特に全員で罰ゲームの2シーン。明らかに絵が足りなさ過ぎ。
4つんばで後ろから入れられたままレースなんていうシチュは美味しいのに…
※CG枚数的には差分なしで105枚。アレに関わるものは95枚あるんだけどね…。

好みでもないキャラの延々と長いシーンを見るのは面倒ですね。
てかさ、CG枚数的に明らかに無駄っぽいキャラがいますよね(;´Д`)

カグヤとかルー・ルーとかクラウディアとか。もう少し登場キャラを減らして
砦の攻略順でアレシーンの変化を出すとか、そういう風にして欲しかったかなと。
一応ゲームなんだし。

今作は物語性が無くアレばかりの連続で、結構簡単にコンプ出きるかなと思っていたら
かなり面倒くさいっぽいので、セーブデータをフル化させました(;´Д`)p

ゲームの攻略の流れとしては…
1.適当に砦を選んで攻め込んでいく。その時、部下 or ヒロインと関係の深い者かを選択。
2.砦を全制覇したら、捕獲したヒロインを順々にオークションに掛けてシーン回収。
3.一巡したら罰ゲーム(街中公開シーン)を受けるヒロインを一人だけ選ぶ。
4.オークション二巡目。順々にヒロインを全員選んでいく。
5.二回目の罰ゲームを受けるヒロインを一人だけ選ぶ。
6.エンディング\(^o^)/

何が面倒くさいって、各ヒロインのエンディング条件はオークションが一巡した後に
公開罰ゲームが2回あって、それを選ぶだけでいいのだけど、
オークションを1巡させるのがスキップを使ってもアレシーンが無駄に長いために面倒です。

9人を選ぶ → 罰ゲーム → 9人を選ぶ → 罰ゲーム → エンディング

フル化させたために詳しいことは分からないけど、多分このシステムになってるはず。
9人分のエンディングを見るためには一度シーンを観た、もしくは興味の無いキャラのシーンを
9回 + 9回を9人分、18 × 9 = 162回も見続けないといけないっぽいのは心が折れました。

セーブデータを一回目の罰ゲーム選択の直前で残しておけば少し楽になるけれど
メッセージのスキップ作業をすること自体は変わりなく、やってられません(;´Д`)


■まとめ■
ヒロイン毎に、ある程度の傾向はあるものの1 vs 多数に特化したアレが中心のため、
私が認識する奉仕(=口取り)シーンが特定キャラには集中してあったものの
全体的に観るとライターのコダワリは感じられず、ただただ選択して複数人で弄ぶという印象。

また、シーンの尺が長すぎるのに絵が少ないので途中で飽きてきました。
そのシーン回収がゲームシステム上、ひじょうに時間が掛かる点もマイナス。
とても自力で埋めようとは思わない(;´Д`)

私のような口取りスキーには、アリシアの個別体験版だけで十分じゃないかなぁ(;´Д`A

黒獣(くろいぬ) ~気高き聖女は白濁に染まる~

黒獣(くろいぬ) ~気高き聖女は白濁に染まる~

  • 出版社/メーカー: Liquid
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。