So-net無料ブログ作成

2010年、冬の無駄使いリスト [夏冬無駄使いリスト]

あけましておめでとうございます('-'*

2011年が始まりましたなぁ。
今年は4月末あたりに「神採りマイスター」と「大帝国」の2大タイトルが発売されるので
アレゲーマー的には「実りが約束されている」ような感じですね( p´∀`)q

さて、新年の事は一度 置いておいて、去年の12/31 のアレと言えば通じるのでしょうか。
何だか色々と同人系のものが色々と発売になったので手を出してみました。

今回購入したのはこの6つ。
この記事を書く時点で、一部を除いては一通りはこなしているので書いていきます。


■艶うらら(同人誌)■
製作はYAKIYAMA LINEです。

今回は小冊子程度のページ数で、本番はなく口取りのみの内容。
本番を楽しみにしていた人には残念で、購入の際は注意が必要ですな。
まぁ、私は口取りが大好物なので良いのですが( ´∀`)y-~~

妄想の中でプールサイドでご奉仕されてるシーンがあるのだけど、表紙の三つ編みが
一人だけ現実と同じようにぽつーんと立っていたのが 何だか可笑しかったですq(`∀´q)

てか、この教師おかしいだろ!w ホームルーム中にビクンビクンって(;´Д`)ハァハァ
艶うらら艶うらら



■もんはんのえろほん10■
製作はうどんやです。

モンハンは全くプレイしないのだけど、絵に惹かれて購入を続けて10巻目になります。

内容は「もんはんのえろほん6」に登場したキャラ達のその後の話ですな。
このキャラは前作の6の時と同じく、口取りシーンにページ数が割かれていて嬉しいです( p´∀`)q
今回は7ページ続いていました(;´Д`)ハァハァ

またアレシーンの特徴としては、タマタマを掴んでいたのが良いですね( p´∀`)q
痛 気持ちいいという、なかなか男しか分からない表現なのだけどS気のあるキャラがしてるので
責めもグレードアップして見えて良かったです。

アレの最後のページの仰け反ってプルプル震えてるのもいいですね。
顔が見えないからこそ余計にアレに感じちゃったぜ。
もんはんのえろほん10もんはんのえろほん10



■Saint foire festival 3■
製作は床子屋です。

「汚いおっちゃんにやられちゃう画像」スレで名前が挙がっていて興味が湧いて
購入し始めてから今回で三冊目。オリジナルで基本読みきりなので1~3どこから購入してもOK。

ただし今回は60ページくらいあって終わらず、続く?ようなので注意。
まぁ、現時点で1~3までで、4が無いので今から買い始めても問題はないですな。

内容的には「聖祭の日にキスをしたら幸せになれる」という共通性はあるのだけど
場所、人物などは繋がりがありません。

恋人達がその日に幸せになろうと楽しみにしているのが基本で、
そこから「無残に引き裂かれる」のが、このシリーズの見せ場ですね(;´Д`)ハァハァ

今回はヒロインが幼い時から好きだった使用人の男と幸せになる予定が
親戚の介入で 年の離れた貴族のおっさんを結婚相手に連れてこられて
結婚式前の前払いを奪っていく展開。

とっても良かったのだけど、今作は前回、前々回とは違い、漫画の線が気になりました。
こう、線の太さが全部同じで見難いというか平坦な感じ。
それと共に今回はスクリーントーンを結構多めに使ってたのが気になりました。
Saint foire festival 3Saint foire festival 3




■ハニーウイッチ☆■
製作はinspireです。

前作が悲しい話だった反動なのか、ピンク髪をヒロインとしているように明るい印象ですな。

でも、ドラクエ同人って事なのに ほとんどドラクエと関係ない感じでしたq(`∀´;q)
ドラクエのメインキャラが本編で全くでてこないし。

本編中で主人公の秘蔵本「伝説の人妻達」と「変化の杖」で、ああ なるほどとは直感しましたが。

内容自体は綺麗に収まっていて、最後はハッピーエンドで終わるので後味は良いですな。
ただ、今作はドラクエキャラが、エピローグでただの性欲処理のためだけに使われたのは残念です。
ハニーウイッチ☆ハニーウイッチ☆



■寝取られナース■
製作はSTUDIO TRIUMPHです。

古参ゲーマーには、「むとうけいじ」という名前と絵は色濃く残っているでしょうか。
私は淫内感染シリーズが好きだったので、よく覚えておりますq('-'*

ここ最近、再び ちょくちょくと絵を見かけるなと思っていたのだけど、どう見ても狙ってるだろうと
思えるようなキャラに色付けされた「寝取られナース」を見て購入決定。

寝取り男の眼鏡の光り方とか、ビジュアルは往年の晃先生を彷彿とさせますな( ´∀`)q

内容的には嫁に目を配るか、意識を向けないかで「レクチャー」を受けて寝取られ度が増す仕様。
オール無視か、密通前か、その後かでエンディング分岐があるくらいでしょうか。

NTRものなのだけど、無理やりとか嫌々ではなく「レクチャー」という感覚で進んでいくために
奪われたというより、妻が先輩医師と浮気という感じの展開です。

あと、聞いたことの無い声優さんだったので、心配していたのだけど
演技、普段の発音に違和感はありませんでした( p´∀`)q
寝取られナース寝取られナース



■紅魔城伝説Ⅱ 妖幻の鎮魂歌■
製作はFrontier Aja です。

さすがに東方モノは、本編ゲームがクリアできず、アレンジ音楽とかも飽きてきて
放置気味だったんだけど、この動画を見て 俄然 やる気が出てきたぜv(`∀´v)


最初はキャラの紹介だけど、2:37 あたりから実際のゲームの様子。

な、何?、こ、このクォリティーの高さは(;´Д`)ハァハァハァ
一目見て予約クリックは余裕だったぜ( ´∀`)y-~~

画面は800 × 480 の解像度で、PS3でPS1のゲームをやるよりも
もっと綺麗な絵になってて驚きました。

コンシューマーメーカーも、高解像度のポリゴンゲーをやめて、720pくらいでいいので
こんな感じのゲームを増やして欲しいものです。

さて、少しかじった程度に動かしてみた印象では、難しいというよりシビアという感じ。
当たり判定とか一撃のダメージが大きくて、油断していると結構 あっけなくやられちゃったぜq(`∀´;q)

アクションの中で面白かったのが空中浮遊。
これは元ネタ?になっている、伝統の横スクロールアクションゲーには全く無かった要素ですな。
この空中浮遊感が楽しいです( p´∀`)q

地面を転がりながら敵の攻撃を忙しく回避するのが常だったけれど、
シューティングゲームのように細かい動きでかわせますからな( ´∀`)
紅魔城伝説Ⅱ 妖幻の鎮魂歌紅魔城伝説Ⅱ 妖幻の鎮魂歌


2010年の冬はこんな感じです。


■おまけ■
夏冬の無駄使いリストのリンクを作ってみた。

2012年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2013-01-03
2012年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2012-08-14-1
2011年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04
2011年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2011-08-17
2010年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02
2010年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2010-08-19
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。