So-net無料ブログ作成

アレ系 「黙って私のムコになれ!」クリアー [アレ系]

メーカーはensembleです。

目を惹く絵柄とOPデモ。しかし体験版をプレイした直感ではイマイチだなと
思っていたのだけど、さすがに12月、1月と商業アレゲーを一つも買わないというのも
寂しいので購入してみた今作。出来の方はというと…(;´Д`)ふー

実際にプレイしてみた感触はというと、

「話を作るのはともかくとして、話を書くのが下手すぎる」

というのを感じました。やっぱり直感って大切ですよね('-'*

個人的には直感に頼れば頼るほど、鋭くなっていくものと思うので
私の直感スキルは高いかなと想像しています( ´∀`)y-~~

さて、今作は前回記事の雑記で書いたように厳しい感想になると思います。
てか良かった所が見当らない(;´Д`)ハラハラ

■ここが良かった■
☆絵は良かったです。
☆OPデモムービーは良かったです。

■ここがイマイチ■
★とにかく話を書くのが下手。状況の説明不足です(;´Д`)
★物語の流れと人物の思考に一貫性がなく、ちぐはぐの連続。
★小鳥はともかくとして、他2キャラの天文喫茶ルートが合いませんでした。
★星人会ルートが今作のメインだとは思うのだけど、全体的に暗い話ですね(;´Д`)
★そういうわけでクリア後も後味が悪くて、アレシーンが使えません。


さて、ついさっき、CG残り1枚以外は埋まりました。埋まってないのはバッドエンドなのかな。
ラブレターの少女の名前には衝撃が走りましたが( ´∀`)y-~~

冒頭に書いたとおり、キャラ絵とOPデモで釣られて購入したわけだけど、
プレイ後の感想としては徒労感で一杯になりました。

これまでADVゲームで、眠くなったり(祝福のカンパネラなど)、
話がつまらなかったり(プリンセスラバーなど)したゲームはあったのだけど、
話を読んでて頭痛がしたゲームは「KISS×600」以来、久々です(;´Д`A

ライト系のADVゲームということで、物語重視で隠し設定とかに凝るのはいいのだけど
展開が唐突過ぎたり、核心部分を「隠しすぎて」本当に嫌なヒロインとしか印象のないキャラが居たりで
書き手の説明不足が目立ちました。

こう、イベントの内容でも さじ加減が極端で、
例えばヒロインと親密になる+1イベントがあった後に、必ず-2イベントがあって、
主人公やヒロインを突き落とさないとシナリオが展開しないような運びが目立ちました。

それが演出だと言えばそれまでなのだけど、人をけなすような展開は面白くないです。

あと、物語の流れと人物の思考が不一致で、話の前後で急に心変わりしたりなど
ちぐはぐな印象を受けました。

主人公がヒロインの気持ちを確かめるために問うて、「それは愛じゃない」と
ヒロインの気持ちを主人公が全否定しておきながら、翌日には言い過ぎた、
落ち込ませてしまったヒロインを見て罪悪感。主人公が自虐的すぎます。

そして前日にはヒロインの発言、気持ちを全否定しておきながら、
翌日かそこらにはやっぱり好きだとか言う主人公にウンザリです。

相手の気持ちは偽者と決めておいて、自分のヒロインへの気持ちは好きというのが理解不能。
これらは特に天文喫茶ルートの凛で酷くて、正直ゲームのプレイを投げようかというほどでした。

同じく天文喫茶ルートの分岐で話を進めた 星嵐学園のはぐれメ○ルこと依子にはドン引きです(;´Д`)
ブブブブブブと唸ってる音とか、いくらなんでも話が突飛過ぎて気持ち悪いです(;´Д`)

このゲームの物語のメインとなるのは、凛よりも 星人会ルートの玲央奈・佑里恵の2人でしょうか。
話を進めていくと、そんな過去があったのか!と驚くのだけど、この驚きは普通のものとは違います。

例えば、二階建ての建物があったとして、一階部分と二階部分があり、
二階へステップアップするためには間にある「階段」を登っていくわけですよね。

それがこのゲームだと階段らしきものが無くて、いきなりジャンプして想定外の三階に登ったみたいな
突拍子のないイベント展開になるので違う意味で驚くのですよ(;´Д`)

この辺の振って沸いたような過去話はネタバレになるので書かないのだけど
まぁ、何にしろ説明不足というか、もう少しバランスよく普段からほのめかしておけと(;´Д`A

最後にアレについては、各ヒロイン基本2シーンずつだけど、
依子と佑里恵は4シーンあります。

ただ、このゲームは絵ビジュアルは良いものの、物語は暗い感じの話なので
エンディングを迎えてアレシーンに到達しても、ちっとも「大きく」なりません(;´Д`A

どっち選んでも、やっぱりわだかまりは残るだろうし、後味が悪いんだよね(;´Д`)
ゲーム上では主人公もヒロインも納得してる感じだけど、作中での説明不足のために
プレイヤー側の私はとてもそうは気持ちを整理できずにモヤモヤします。

■まとめ■
ゲームのプレイ前の想像では、学園のお調子者たちによる嫁投票コメディで
ワイワイキャッキャな対抗戦みたいな展開だと思ってたので、プレイ後の落差が大きかったです(;´Д`)

このゲームをキーワードでまとめると、「説明不足」、「気持ち悪い」というところでしょうか。

説明不足というのは、なにも地の文を増やせということではなくて、
本文で二階建ての建物の階段の話を例に書いたけれど、上下の繋がりがなく、
話が一足飛びなんだよね。急に登ったり、突き落とされたり。

それとイベントに関する登場人物の自虐的な精神回路が気持ち悪かったです(;´Д`)
なんだか あまりにも多いので、パターン化してるかのように思えました。

ここ最近でプレイした中では、絵以外は良い点を何も挙げられなかったゲームになりました(;´Д`A

黙って私のムコになれ!

黙って私のムコになれ!

  • 出版社/メーカー: ensemble
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。