So-net無料ブログ作成

アレ系 「らぶ2Quad」クリアー [アレ系]

メーカーはま~まれぇどです。

9月末の予定が崩れたので急遽、購入を決定した今作。
体験版の印象も良く、楽しみにしていたのだけど、実際に最後までやり遂げてみると
話のやり取り自体は面白かったのに、肝心のアレが色々と残念な展開でしたq(`∀´;q)

こう、思ってたのと違うというか、ストライクを外れてずっとボール球を投げられていた感じです。


■ここが良かった■
☆エルとの会話のやり取りが面白かったです。こういうタイプのヒロインは珍しいと思います。
☆ライト系だけど、汁まみれになる絵は新鮮でした。
☆戦闘シーン描写ゲームじゃないので、今作の省き方は逆に清々しいほどですね( ´∀`)

■ここがイマイチ■
★アレなトレーニングを二択で選んでいくのだけど、選ぶ必要があったのかと。
★アレシーンで、絵一枚に対して尺が長すぎです。
★口取り的にはとっても残念な結果。


今作は体験版で感じたとおり、テキストのセンスが良く、キャラ間の会話のやり取りが良かったです。
特にメインヒロインと言えるエルとの会話が楽しかったです( p´∀`)q

こう、ドSという設定と聞くと、一般的にはキツイ性格で可愛げの欠片もないネタキャラ的な感じだけど、
今作のエルはアレに至るまでに大きく時間を割いていて、二人の仲が温まるのをじっくり書いていた分、
ひじょうに丁寧な印象を受けてエルを理解していけたのがポイントだと思います。

デレないツンデレ。でも、思い出したようにデレる。

キャラクターの性格付けで、こういうタイプのキャラは珍しくて新鮮でした。
持ち上げてから落とされたりと、エルとの会話で一喜一憂している主人公が逆に可愛く思えてきましたよ。

一方で、今作の売りの一つっぽい濃厚なアレについては、私のストライクゾーンから外れた
内容が続いて、イマイチ波に乗れませんでした。

当初の全体的なゲームの印象としては、複数ヒロインの中から仲良くしたいキャラを選んで
誘惑に負けずに特定ヒロインと愛を育めるかというのを想像していたのだけど、
実際にプレイするとプロローグが終わるとアンケートがあって、そこから各ヒロインルートに分岐。

ヒロイン別個に攻略に集中する分には良いのだけど、最初の段階でこのヒロインルートへ!と
決められてしまうので、堅苦しさを感じてしまいました。

てかさ、ぶっちゃけて言うと、摘み食いしまくれるゲームだと思っていたのに
実際はルートを固定化されて、窮屈でしんどかったです(;´Д`)

この辺、体験版をあまりプレイしなかったので、私の認識不足だったかもしれないけど
何か違うなぁというのが常につきまとっていました。

あと、肝心のアレについて、トレーニングと称してアレをするわけだけど、
3回機会があって、その度に二択を選ぶわけだけど、選んだシーンによって
エンディングも変わらないようだし、選択させる意味があったのかという疑問。

どうせロードして、もう一方のアレも見るわけだし、選択させる意味が薄い気がしました。

そしてアレについての最大の不満は、尺が長すぎる点。
絵一枚に対して、テキストが長すぎます。

最後の方はもう正直、メッセージスキップさせてましたよ。
それでも長い。

長すぎてシーンの緩急が付けられてないというか、これ、途中で飽きてダレますね(;´Д`A

他、意外だったのは本番が少なめな点。
まぁ、私的には口取りスキーなので、そっちがあれば問題はないのだけど
特殊なシチュエーションを用意したかったのか、キャラによってはアレに至るまでが凄く長く感じました。

もう少し手軽にヒロインと ニャンニャン できると思っていたので、
思いがけず おあずけを喰らう事になりました。

で、私が楽しみにしていた 口取りに対しては…ふー(;´Д`)=3

4ヒロイン中、一番口取りシーンが多いのは不思議系キャラ。
…中の人が巫女キャラの人だったら良かったのに(血涙

巫女の人にも ある事はあるんだけど、回数少ないし
絵的にアップ絵がないので残念な結果となりました・゚・(ノД`)・゚・

■まとめ■
世界を救うためにはアレをして、戦う力を与えなければならないという大義名分の下に
ヒロイン達に無双状態かなと思っていたのだけど、実際にゲームを進めていくと
ヒロイン達ではなく、ヒロイン一人に集中して力を注ぐゲームでした。

あっち行き、こっち行きの選択肢で誘惑に負けずに、一人のヒロインに純愛を貫けるかという内容と
勝手に思い込んでいたので拍子抜けしちゃいました。

プロローグ後にすぐにヒロインルート毎に完全に分岐するので
プレイヤーが選んだというよりも、選ばされたという印象が強くて窮屈な感じです。

話自体は掛け合いが面白くて、特にエルと主人公のやり取り、言葉運びが秀逸でした。
これはココ最近ではダントツのキャラ付けですv(`∀´v)

無駄な部分は清々しいほどスパっと省くところなど良かったです。
戦闘描写をメインとしたゲームじゃないしね。

でも、アレに関しては一枚絵だけで尺が異常に長すぎたりと不満を多く感じました。

今作をアレ目当てで購入したので、そういう意味では
ちょっと失敗したかなぁというのが率直な感想です。

ラブ2quad

ラブ2quad

  • 出版社/メーカー: まーまれぇど
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。