So-net無料ブログ作成

アレ系 「ワルキューレロマンツェ」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはリコッタです。

前作から数年ぶりの新作という事で、随分 長い間 待たされたけれど
大満足の出来で安心しましたv(`∀´v)

前作は物語がイマイチで、アレだけは一級品というアンバランスな出来だったのだけど
今作はストーリーも良く、もちろんアレも十分で 普通に良作で驚きました。

それではいつものように見ていきましょうか。

■ここが良かった!■
☆今回も絵とCGは最強でした。黒スト太ももに顔を埋めて、スリスリしたいです( p´∀`)q
☆ジョストという競技で競い合う内容が、意外に本格的な話の作りで面白かった。
☆ひょっとこ! ひょっとこ! この最強絵とCGでひょっとこが描かれるとか…最高です。
☆アレシーンで惜しげもなく一枚絵を何枚も使ってるのが素晴らしいですねv(`∀´v)

■ここがイマイチ■
★後輩ルートが状況説明不足で不快感が強かった。
★小水癖は治っていないようです。

さて、今作の物語の中核を成すのが「ジョスト」という馬上槍競技というもので、
ゲームを始めたものの内容を理解していないプレイヤー側への競技の説明に際して
素人である美桜を使って、自然と話に入っていけるような作り方は上手だなと思いました。

正直、絵くらいしか興味の無いプレイヤーからすると、女の子に鎧コスプレさせて
適当にイチャイチャする物語っしょ?( ´∀`)y-~~

…くらいしか思っていなかったのだけど、素人である美桜を育てていく、
勝たせるために努力させる、一合ごとの戦術などを考えたりと競技的な対決モノで、
「続きが気になる!」という漫画的な展開にグングン引き込まれていきました。

この「競技的な対決」が今作の肝で、数あるゲームの中で登場人物が敵と味方に分かれて
殺伐とした戦いをするのではなく、スポーツとして技を磨き、己を鍛え上げ
一戦一戦 戦術を練って、競技としての勝利を目指すというのが凄く新鮮でした。

自分で今、感想を書いてて気付いたけど、そういえばアレゲーでスポーツものは無かったね。
スポーツをネタにしたコスプレ衣装はテンプレートであるけど、そのスポーツ自体を
話のメインに持ってきたのが新鮮で、またきっちりと話を作ってるのが面白かったですv(`∀´v)

主人公はベグライターという騎士を補助する役目で、騎士ヒロインとの付き合いが始まるのだけど
補助役として対戦する騎士たちの動きを一目見ただけで、相手のやり口を読んだり
絶妙なアドバイスをしたりと、普通だとその辺のスーパーマン的なキャラ付けが
イヤミになっちゃうだけど、今作は逆にそのベグライター無双っぷりが面白かったです。

もちろん苦戦したり、他のヒロインルートではあっさり勝てた相手が
こっちのルートではやけに強くて苦戦して、突破口を見つけられずに焦燥感に駆られたりと
戦う本人の騎士以上に手に汗握ってるのがプレイヤー側にも伝わってくる場面もあって
この辺の描写も力が入ってるなと思いました。

もちろん主人公が補助役なのに、相手の騎士の動きを読めたりするのには
元騎士という設定が生きているのだけど、ヒロインルートによっては元騎士だけでは
収まらない展開が熱かったですv(`∀´v)

リサやノエルや美桜に関してはベグライターとして。
スィーリアに関しては、素敵な彼女のために他ルートのベグライターとしての立場以上の
奮起をしているのが本当に良かったです。

これは他ルートでは主人公がこうなれば、もっと面白そうだなと思っていたのが
実際に起こったので、スィーリアルートはやはり他ヒロイン勢とは別格扱いですな。

全体的な構成で考えると、理想的なヒロイン攻略順は
リサ → ノエル → 美桜 → スィーリア というところでしょうか。

これは本編で到達する位置にも対応してると思うので、この順番だとすんなり納まりが良さそうです。
てかシナリオの流れに心情を傾けると自然とリサを放っておけない選択肢になると思います。
で、リサ攻略後にリサ絡みの選択肢を外していくとノエルに流れ着くとかq(`∀´;q)

ただリサに関しては、自身のジョストに関する自負と主人公に対する反発心や悩みがあったりと
起伏に富むけど、メインとなる友人がらみのイベントが状況説明不足で、何故あんなに
捻じ曲がったのとか、なんですんなり和解出来たの?など話の作りが雑でした。

リサのキャラ付け自体はニヤニヤするほど良かっただけに、友人絡みの話をメインに持ってきたのが
足を引っ張った感じで残念な印象になりました。てか友人キャラのCVが下手すぎて
セリフ回しも全く含みも無い平べったい演技で、最後まで不快な気分になりました。

他ヒロイン編では、技術的に完成しているヒロインをさらに伸ばしたり、
駆け引きで接戦を勝ち抜いたりと一緒に競技を勝ち抜いていくのが面白かったです。

また、本戦の対決時に佳境のシーンで流れる挿入歌の出来が良くて、
全力で挑む姿と相まって、凄くいいんですよねv(`∀´v)

この辺、ジョストの形式は一回一回、野球の投球のように間があって
じっくりと試合を眺められるので、挿入歌の効果が特に大きく感じました。

あと、何気に本戦は 実況の東雲さんの煽りが絶品で、大会がここまで盛り上がったのは
地味に彼女の功績だったと思っております( ´∀`)

そして仲良くなったヒロインとは、当然 お待ちかねのアレがあるわけで、
またその内容がひじょうに贅沢なCG枚数の使い方をしていて驚かされました。

前作から絵とCGとアレシーンは最高だったのだけど、
今作も変わらずにクォリティを保っていたので安心しました。

小水も相変わらずありましたが…(;´Д`A

アレについては今回 特に口取り絵が各キャラ数回あり、その一回一回に一枚絵が数枚使われていて
その贅沢な構成に、なんという俺得状態で歓喜ですよv(`∀´v)

しかも純愛ゲーでありがちなエアや棒を突き刺しているというような適当なものではなく、
この最高の絵CGで、口取り時にひょっとこ顔が実現><ノ

凄く魅力的で、物語的にも共に戦い抜いたヒロインが、口でも抜いてくれるのにはフルおっきしました。
口取りで演技では、美桜の中の人の技巧に初めて触れて、吸い出すときの音の緩急にビックリだけど、
一番ビックリしたのがスィーリアの中の人の革新ぶりですv(`∀´v)

本当の意味で演技が出来るアレ声優の代表格の一人だけど、常に口取り演技だけは下手で
いつも泣かされてきたのだけど、今作では演技指導が入ったのか分からないけど
普通に及第点クラスのちゅぱ音が出ていて良かったですv(`∀´v)

ちなみに「本当の意味で演技が出来る」と言ったのは、セリフ回し、声音の強弱だけで
そのキャラの表情までもがイメージ浮かぶっていうのが私の中の基準です。
かわしまりのさんにはこの調子で頑張ってもらいたいものですね( p´∀`)q

ちゅぱ音的に安定はリサの中の人ですね。もうこの人はCV名を見ただけで安心しちゃいます。
ただ私的にはリサ編は物語がイマイチだったので、盛り上がりに欠けました・゚・(ノД`)・゚・

ノエルの中の人は頑張ってるようで、なかなか一皮剥けない感じですな。
大器するような片鱗は前から見えるのだけど、進化が止まってる印象。
キャラの性格付けではノエルはお気に入りだったので、その辺は残念でした。

美桜の中の人はアレゲーでは初遭遇で、噂には聞いてたけど
「アレゲーでも手を抜かない」という評価通りの仕事ぶりで本当にビックリしました。
この人は通常演技も本当に上手で、今作はスィーリアと二人して、キャラの存在感が別格でした( p´∀`)q

口取り以外では、マニアックなものがスィーリアと美桜にエクストラシーンとしてあって
この辺もライト系ゲームでは異色のアレシーンでビックリしました。


■まとめ■
前作は設定を生かしきれずに、設定無視をして主人公が好き放題で冗長感が強かったのだけど、
今作は熱血スポーツモノとして競技へひたむきに取り組み、勝利を目指してヒロインは研鑽し、
主人公は補助役としてヒロインを支えて、共に大会を勝ち抜いていくという物語自体が面白かったです。

こう世の中に溢れているような敵味方に分かれて殺伐とした戦いではなく、
スポーツとしての勝ち負けを一生懸命競うという、ありふれたようで今まで無かった
話をメインとして持ってきて、それが実際に面白かったのが印象的でした。

また、アレに関しても前作同様、絵の印象からは想像できないような濃厚なシーンが展開し、
特に口取りシーンではひょっとこ顔まで搭載するなど、文句のない出来でした。

物語もアレもバランスの良い内容で、秀作でした。

ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語]初回限定版

ワルキューレロマンツェ[少女騎士物語]初回限定版

  • 出版社/メーカー: Ricotta
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。