So-net無料ブログ作成

アレ系 「魔法使いの夜」クリアv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはTYPE-MOONです。

物語は一連の通し、流れがあるので中身は語らずにサラサラと書いていきます〆('-'*
まとまりはないので、感想にすらなってない気がしますが…(;´Д`A

さて、ソフマップ通販からの住所確認メールが来るまでその存在を忘れていたゲームで、
プレイ前は「何だか今更だなぁ」という感じで重い腰がなかなか上がらなかったのだけど、
とりあえずインストールして最初のシーンでも見てみようかと思って起動したら…

今の今まで、ずっとプレイしてました(;´Д`)ハァハァハァ

まぁ、プレイと言ってもジャンルは「ビジュアルノベル」。
同じ系統の同メーカーのFateに似たような感じだけど、選択肢は無く、本当に読み進めるだけでした。
ただ、ビジュアルノベルとしての完成度は至極と言っていいほど洗練されていて驚かされました。

やっぱり名作というものは、物語も絵も音楽も、そして演出も最高レベルだなと思い知らされたぜ( p´∀`)q

物語は中盤あたり、少し日常に時間を割きすぎた感じで中だるみはあったけれど、
序盤の山と終盤の盛り上げ方はキッチリと最高のシーンを最高の演出で決めていたのが良かったです。

青子の「撃つ」シーンもいいのだけど、それ以上に草十郎の円心運動の表現が素晴らしかったです。
未プレイの人は何のことか全く分からないと思うけれど、この表現は動画やアニメというよりも
漫画的表現で力量差のある相手との激突の瞬間を捉えた刹那の間合い演出が興味深いですね('-'*

絵については一枚絵と立ち絵が同じレベルのクオリティ、CG塗りで、背景絵と合わせて
凄く動いている感じがして良いですね。ただポーズや表情を変えるだけの立ち絵とは違って、
上手く場面場面を繋げて絵を移り変わらせることで「間」を作り出しているのもポイントですな。

今作はビジュアルノベルで、アニメでもないのに、「間」があるんですよv(`∀´v)

「あ」と驚いた、または思い出した場面などは、背景が溶けるように移り変わったりして
文章の力を演出で強化しているのが良かったです。やはりこの辺りは
他の追随を許さない出来ですね( p´∀`)q

キャラについては活発な青子と、静かな有珠、ズレてる草十郎の三人がメインキャラで、
三者とも強烈な個性があって面白いですね。

青子と草十郎のやりとりは見た目どおり分かりやすいけど、有珠と草十郎の関係も
口数が少ない有珠の仕草の端々に出る無言の感情が面白いですね( p´∀`)q

それが端的に分かるのがエンディングの本の話で、このあたり青子とともに可愛いですね。

一方で女男女という関係なのに、全く色気がない展開なのは驚きました(;´Д`A
いやはや健全なゲームですね( ´∀`)
※今作は一般ゲーム扱いです。

…そう考えるとFateの凛は精神的に未熟すぎる気がしてきましたがq(`∀´;q)

過去作と色々な面で比べられそうだけど、クリア後は なかなかの読後感でよい感じです。

謎のままの部分も残ったけれど、おそらくファンディスクか続編かの追加要素が出ると思うので
解明されていない謎や、有珠のもう一つの三大プロイなんかはそれらで扱うんでしょうな。

てか、人畜無害だけど底が知れない草十郎が、本当に謎のままで終わりましたな(;´Д`)ハァハァ
本編中、おそらく有珠だけが見たと思われる彼の首のあたりがどうなってたのかも気になりますな。

ゲームが終わっても、まだまだ気になる事が多くて楽しいですね( p´∀`)q



■おまけ■
オマケなので、ここからはざっくばらんに。

ここの記事によると、型月ファンには不満なようで、なるほど的確な指摘がありますな。
http://asitagamienai.blog118.fc2.com/blog-entry-1566.html

説明不足やワケの分からない魔法の設定なんかは信者力を試すものだと思ってたけど、
ファンにもこのあたりがキッチリ描かれていなかったようで不満が出てるようですな。

あとは発売までに時間が掛かったわりには本編が短かった点あたりなど。

私はこのあたりは、「別に延期したからといって物語の規模が大きくなるはずがない」というのは
当たり前の話なので、特に何も感じなかったぜq(`∀´;q)

やりこみ系ゲームで、製作中にゲームの規模が予想より大きくなるというのは分かるけどね。
いつもいつも肥大化するエウシュリーみたいな( ´∀`)y-~~

他、アレ要素がない、恋愛要素がないという不満も見られましたな。

一般ゲーム扱いなので、アレがないのは分かるんだけど、確かに恋愛要素まで無いってのは
さすがにビックリしましたね。これは私も感想には書いたけど、サービスカットまで無いとなると
ちょっと異常事態かなと感じた。

健康な若い男女が一つ屋根の下で暮らしていて、男も女もムラっと来ないのは不自然だなと。

性格上、三人とも思考回路にそういうものが無く、魔術至上主義的なところから
生身の誘惑に乗せられないのは考えられるけど、常人とは異なりながらも
絆を築いているわけで、それを結びつけるような決定的なシーンが無いのは不満ですな。

傷ついた有珠を草十郎が背負って帰るシーンなんかは、あれはあれでいいんだけど、
やっぱり何か欲しいですな。

見た感じまとめてみると、

★製作期間の割には本編が短く、さらに連作仕様っぽい構成。
★色々と説明不足。
★アレがないとやっぱり不満。

というところでしょうか。

それでも本編の仕掛けやビジュアルノベルとしての質が悪いわけではないので
未プレイの人は、あまり惑わされずに、「最強のビジュアルノベル」っていうのに興味をもったら
プレイしてもらいたいものですねv(`∀´v)


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。