So-net無料ブログ作成

アレ系 「デモニオン~魔王の地下要塞~」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはアストロノーツです。

最初、このゲームを知った時は見た目が洋ゲー風でカッコイイし、
なんだか「巣作りドラゴン」みたいで面白そうということで興味をもったんだけど、
いざ体験版をプレイしてみると操作性が悪くて 購入候補から外していました。

ただ、発売後にネット上で探ってみると、意外と好評のようで、
操作性は慣れるしかないか…と諦めて購入してみる事にしました。

実際にクリアした現在でも、操作性やユニット一覧を確認できなかったり 画面が見難いなど
細かいところで不満点はあるのだけど、褒めるべき点の方が多くて、
世間での評判どおり良作でしたv(`∀´v)

■ここが良かった■
☆拡張される地下迷宮に部下ユニットを配置して侵入者を撃退するゲームが面白かった。
☆こましたヒロインキャラを味方ユニットとして扱えるのは やっぱり良いですよねv(`∀´v)
☆差分は少ないけど、口取り多めで良かったです。

■ここがイマイチ■
★操作性がイマイチで、また 配置しているユニットの状態が把握しにくかった。
★地下迷宮の通路が固定で、敵を誘導しにくく、計画的に建造物を作る楽しみが薄かった。
★アレシーンのテキストに色っぽさを感じなかった。

プレイ後の率直な感想として「面白かった!」と素直に褒められる、そんなゲームです('-'*

洋ゲー風のビジュアルが新鮮で、地下迷宮に魔物たちを配置して侵入者達を撃退していき
最終的には討って出て王国を支配する事がゲームの目的になります。

ユニットは系統によって得手不得手があり、単に頑丈そうな戦鬼系を並べておけばいいのではなく
魔術師に強いタイプなどと混成させて部屋に配置するなど工夫が必要になります。

そして戦闘が続くと当然HPが減ってくるので、そういうユニットは回収して他のユニットを
替わりに入れてローテーションさせたりとSLG特有の「やりくり感」を味わえたのが良かったですv(`∀´v)

終盤になると弱点があっても それ以上に強力なドラゴンが全体攻撃したりと
楽に侵入者を片付けられるようにはなるけれど、ユニット固有のスキルをもつのもいて、
弱いユニットでも凄く役に立つのも存在したりして、頭を悩ませます( ´∀`)

スライムは配置するだけで部屋全体にスローが掛かるので、侵入者の突破率を下げられますな。

ただ、ユニットの相性で敵を撃退したり、ユニットを回復させるために
ローテーションをさせたりするゲーム要素は素晴らしいんだけど、
ユニット数が多くなったり地下迷宮の規模が大きくなると、一目で状況を把握しにくくなり
油断してると手塩に育てたユニットが あっさりやられたりします・゚・(ノД`)・゚・

このメーカー、今作がデビュー作ということで、ここまでゲームを作り込んだのは素晴らしいけど、
もう少し部下のHPを把握しやすいようなものが欲しかったです。

慣れてくるとマシなんだけど、操作性もいまいちで、この辺はとっつきが悪くなってる気がします。
実際、私は体験版が出たときに軽くプレイしてみたけど、「分かりづらくて」購入候補から外したし。

ゲーム要素といえば、魔王様のテクで堕したヒロインが仲間ユニットとして加わるシステムは
王道とはいえ、やっぱりこの手のゲームでは嬉しいですね( p´∀`)q

地下迷宮自体については、部屋と部屋との連絡口というか通路が固定されていて
敵侵入者を誘導するような建造物の配置が出来なかったのが不満です。

この記事の冒頭で「巣作りドラゴン」を挙げたけど、今作は似てるようで致命的に足りない要素が
この通行口の制御です。

まずはここから、右に回るように誘導して、そこに罠を仕掛けて疲弊した侵入者が
辿り着いた部屋は財宝部屋だけど、あえなく強力なドラゴンに倒されて
持ち金を落として倒されていく…そんな風に侵入者の移動方向とかを制御しにくく
ほとんど無秩序に歩き回っているのはイマイチでした。

巣作りドラゴンだと右にしか曲がれない部屋とか色々ありましたしな。
この辺、デモニオンでも何かそういう区画や要素が欲しかったです。
(誘導部屋はあるけど、効果が薄い)

アレシーンについては女王と侍女以外は、きっちり同じ回数分だけアレシーンがあり、
アレの傾向もわりとオーソドックスなものばかりで、変なものは無かったです。
あるとすると「後ろ攻めを全員制覇」くらいでしょうか(;´Д`A

個人的には、差分は少ないものの、口取りがほぼ全員に完備されていたのが良かったです( ´∀`)y-~~
興味は無いけど、胸が大きいキャラが多いので、胸で挟むのも完備されてました。
…オボロにまであるのには驚きましたが(;´Д`A

アレシーンでの不満点は、テキストがあんまりエロくない点でしょうか。
どこがどう・・・とは上手に指摘、表現できないのだけど
喘ぎが表面上だけで嘘っぽいというか、キャラの力が弱い気がしました。

でもまぁ、これはしょうがないかなとも思っています。
地下迷宮への侵入前に小芝居があって、その中でしかキャラの感情や性格が把握できず、
「ヒロインの魅力を高められない」ってのが大きかったと思う。

1ターン毎に防衛戦で戦闘のあるシステムなので、丁寧にヒロインの環境を描くのは無理だったにしても
雰囲気的には振って湧いたようなテンプレキャラで、あんまり感情移入できなかったという印象です。
キャラの内面が出てこない、見えないから、アレシーンでも喘ぎが嘘っぽく見えるのでしょうか。

ビジュアル的にはシースルーの下着を付けたりと良かっただけに、残念でした。


■まとめ■
不満点も残ったけど、総合的に見て 評判どおり遊べるゲームで楽しかったです。

若干ヒロインの描かれ方が浅く、アレシーンへの導入が弱い印象もあるけれど
捕獲から調教、受け入れた後の貪るようなアレシーンの連続は贅沢な作りだと思いました( p´∀`)q

これからも遊べて、アレシーンの回数が贅沢にあるゲームを作り続けて欲しいものですね。

デモニオン~魔王の地下要塞~

デモニオン~魔王の地下要塞~

  • 出版社/メーカー: アストロノーツ・シリウス
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。