So-net無料ブログ作成

アレ系 「対魔忍アサギ3」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはリリスです。
メーカー10周年記念ということで、リリス初のフルプライスゲームとして発売。

ちょっと個人的な事情(風邪で苦しんでいた)で時間が掛かったけどコンプ完了。

最初に簡単にスペックを書いておくと、
差分なしCG枚数は118枚。シーン回想数は40シーン。
卑語無修正はいつもどおり。

アニメ箇所は7シーンで、コンプのためにはコンフィング設定で
アニメーションを見る、見ないで二回プレイが必要。(直前からのロードでOK)

今回は喘ぎ演技とアニメーション回想の親和性が高くて良かったのだけど
BGVやアレな粘着音なんかは無く、その辺が残念だった。


■ここが良かった!■
☆シーンごとに豊富に一枚絵が使われているのが良かったです。
☆ラスボスとの対決と、アサギに執着する理由が理解できた。
☆アレシーンのバリエーションが豊富だった。
☆アレシーンのアニメーションが凄く良かったです。

■ここがイマイチだった■
★意味があるように思えない設定がたくさんあり、有効活用できているように思えなかった。
★バリエーションは豊富だがハード路線が多くて、シーンの半分くらいはスキップした。

さて、「対魔忍」シリーズの「アサギ」シリーズ完結編?ということと、
10周年記念ということでフルプライスゲームとして発売された今作。

最初に書いたとおり、差分なしCG枚数は118枚もあり、フルプライスに相応しい内容です。
たいていのゲームでは、テキスト文だけでシーンが進んで

「なんでそのテキストで説明している描写のCG絵がないんだ!」

ということがなく、絵とシーンが見事に枠に収まったシーン内容になっています。
一枚絵が多いのは大変なことだけど、やっぱりこういうのは大事ですね( p´∀`)q

そしてシナリオの方はというと、ラスボスとの対決と決着が書かれていて
真エンドでは、上手く終わらせられたなと思いました。

一方で、ラスボスが何故 アサギを手に入れたいのか、その目的は、
そしてアサギを手に入れたらどうなるかも描かれているのも良かったです( p´∀`)q

この辺は章仕立てのシナリオと、アサギ編とアスカ編の2ルートで
物語の全容を把握する仕組みだったのが良かったですね。
…それにしてもエンディングで少年の姿がそのままだったのが ちょっと笑っちゃいました( ´∀`)

で、それはそれとして、物語中で米連とか色々な世界設定がされているのだけど、
割とどうでも良い展開で、序盤以外はシナリオに世界設定が絡まなかったのは残念でした。

これは低価格アレゲーがシリーズを重ねて企画が大型化するのに伴い
肉付けされてきたんだとは思うのだけど、真面目に世界観を取り繕おうとした結果が
取ってつけた感が強くて、話が理解しにくかったです。急に出てこなくなる人とかもいるしさ。

アレシーンにおいては元々がダークな無理やり系の抜きゲーだったこともあり、力が入っていました。

今回はフルプライスということで、いつもの購入層とは異なる人たちがプレイするのを想定してか
色々なバリエーションがあったのは良かったです。

アサギのアレシーンで思い浮かぶイメージでいうと、「ぎぎぎ」とか「ひぇあいぃい」のような
苦痛系とか何を言っているか分からない系のシーンが多かったのだけど、
大衆向けを意識したのか「女を思い通りに出来る力に目覚めた少年が、劣情を爆発」させたり、
「想い人のいるヒロインを調教」というような、これまでのアサギシリーズにはないシーンが
盛り込まれていました。

私的にはアサギよりもユキカゼのシーン傾向が好きなので、
そっち方面に意識して作ってくれた事は嬉しいのだけど、やっぱり「アサギ」と冠しているので
いつものハードな展開がてんこ盛りでもありました(;´Д`A

集団戦はもちろんのこと、針を刺したり、改造したり、触手だったりと
苦痛だけど快楽、快楽だけど苦痛のようなシーンが多くて、
メッセージスキップをするシーンも多かったですq(`∀´;q)

そんな中、アニメーション化されたシーンが7つあり、これら7つは
苦手な私でも珠玉の出来だと思えるほど昇華されていました( p´∀`)q

アリーナへの道中の張型でのお披露目シーン、オークに一週間買われたシーン、
アスカの正常位でのシーンが特に良かったです( p´∀`)q

静止画の一枚絵では、「また喉が枯れたような喘ぎ声をひり出している」としか思えなかったのだけど
アニメーション化されることでシーンと演技の親和性が高まって「凄く自然」になったのに驚きました。
テンポのよい高速ピストンで突いているのが凄く良かったです( p´∀`)q


■まとめ■
アサギシリーズの総決算ともいうべき今作。ただしフルプライスということで
いつものニッチな購買層とは異なる客層にも意識した作りになっていました。
(女を思い通りに出来る力に目覚めた少年が 劣情を爆発させるというようなシーンなど)

物語的にはラスボスの目的が分かり、その対決も2ルートから読み進めて決着するという内容。
この辺はうまく話をまとめたなという感想です。

一方で、抜きゲーなのにごちゃごちゃとややこしい世界観とか設定が
終盤では無意味になっているというところはイマイチでした。

まぁこれはラスボスの目的や存在がそういうものであるので、
しょうがないと言えばそうなんだけど、せっかく作った設定が薄っぺらく
取ってつけた感になってしまうので、もう少し何か考えて欲しかったですねq(`∀´;q)



DL販売はこちら。


■おまけ■
細かい点を色々と。

★W原画仕様だけど、もう一人の方は1ヒロイン担当のみという展開。
★ゆきかぜ、凛子は名前だけで、立ち絵すら登場しない。
★店舗別購入特典のソフマップ分は、「イラストカード」とあるように厚紙に印刷されただけ。
☆初回特典のビジュアルブックは114ページと、内容も充実。
☆単独での口取りシーンがそこそこあったので良かった。
★さくらと紫はオマケ扱いで、基本ワンペアでシーン展開。
★フタナリ化するくらいなら、赤鬼・青鬼コンビを出せと。
★紫と魔界騎士に口取りシーンがないなんて・゚・(ノД`)・゚・
☆紫のブロック化?はちょっと可愛かった。
★アサギの声が、日常シーンから声枯れしていた。
☆アサギが人妻とか未亡人キャラみたいになっていた。
★新衣装の白い忍者服の出番が一瞬だけだった。←これ、マジでどういうことよ?汗

ゲームクリア後、そっと「対魔忍ユキカゼ感想記事)」を起動して、そっちで処理した。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

対魔忍アサギ3=ジャンク

このゲームは本当のがらくたと呼ばれるものです。

すべてのゲームのための最終的な真のがらくたはこのジャンルは永遠に願っています。

このシリーズは私のブラックリストに既にある。
by 対魔忍アサギ3=ジャンク (2013-01-11 22:35) 

鴫野

なんだ一体?(;´Д`)
こんなネットの辺鄙な場所まで ごくろうなことです。

あ、ポエムは自分の日記帳にお願いしますよ。


基本的に私は、どんなものにも「良いところ」と「悪いところ」があると思っているので、
ゴミとか一言で物事を片付ける感想はダメだと思っています。

総じてそういう人は、自分の意見が世界で一番正しい、
自分の意見がプレイヤーの総意であると思っている人が多いという印象です。

毒を吐きたいならメーカーへのメールや、匿名掲示板でやってください。
きっと、同意する意見を見つけられて満足すると思いますよ。

私はあなたに同意するために、このブログで感想を書いているわけでは
ないのですよ。

by 鴫野 (2013-01-12 01:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。