So-net無料ブログ作成

2012年 冬の無駄使いリスト [夏冬無駄使いリスト]

ぽつぽつ届き始めたので今回分の記事を書くことに〆('-'*

購入量が減ってる気がするけど、アニメをあまり見なくなったので
新規開拓が出来てない状況です。

まぁ、同人誌を買うためにアニメを観るってなると本末転倒だしね。


■淫猥催眠整体院(同人ソフト)■
サークルはいらんこです。
昔からのアレゲーマーとしては絵を見ただけで一発で分かる原画の一人ですね( ´∀`)

寝取られナース三部作(妻、幼馴染、姉)が終了し、妻モノには興味が無くてスルーしてました。
今回の催眠モノも、本来は好きなジャンルなのだけど、サンプル絵を見ると
どれも「正気ではない」表情をしていたので迷いました。

私の認識する催眠術プレイの本質とは「認識の書き換え」であり、「操り人形」ではない点。

サンプル絵から様子をうかがうと、どうもこれは認識の書き換えじゃなくて
操り人形っぽいなぁという印象が強くて、辞めようと考えたけど、
CVの人の名前を久しぶりに見たので、手にとってみる事に( p´∀`)q

内容としては凄く無難なものになっていました。

マッサージで気持ちよくなったところに、催眠術を掛けて、最初は簡単なものから
徐々に深い催眠と要求に変化していき、初めてを奪うときなどは認識の書き換えなど
隙のない内容でした。

ただ、ちょっと優しい感じのシーンが多くて、ガッツリ感がなかったのは残念。

美人記者を堕とす目的が、たまたま網にかかった美女というだけで
それ以外には縁もゆかりもない関係もあって、アレシーンだけでいうと
これといって際立ったものが無かったのは残念です。

こういう催眠シリーズであれば、「正気に戻しても、自らの意思とは関係なしに勝手に腰を振る」と
いうようなシーンが欲しかったですねq(`∀´;q)
淫猥催眠整体院


■あずきいろのにくきゅう7(同人誌)■
サークルはねこぽん本舗です。

もう、何も言う事はないでしょう。ネコです( ´∀`)

ネコを飼っている人ならば、必ず「ある!ある!」と手を叩いてしまいそうな
平凡な日常の様子をつづった四コマ漫画シリーズの第七弾。

全22話が収録されています( p´∀`)q
うちは、ハミガキはしないけど、ダンボールチェックはよくするなぁ…

ダンボールに含まれるデンプンに反応してるらしいけど。
あずきいろのにくきゅう7


■魔法少女10.0(同人誌)■
サークルは絶対少女です。

ハーフのブラジル娘が登場するとは聞いてたけど、ビジュアル的にも言動的にも
単なる黒ギャルにしか見えなかったです(;´Д`)

漫画の構成も、新キャラ登場ということで、説明の文字ばかりが多くて、絵が少なかったです。

なんか「文字の説明文の多さ」と、「浅井君のナニのドアップ」と、「新キャラのキララの尻」だけで
魔法少女10.0は終わってしまった印象です(;´Д`A

これまでの魔法少女4人と浅井君では話のネタも、アレのネタも尽きたから
新キャラ出したのかは分からないのだけど、個人的には新キャラを出して話を作るよりは
既存キャラが秘部をイソギンチャク触手に寄生されて、顔を真っ赤にしながら感じてるのを
プルプルして我慢している展開の方が面白いような気がしましたq(`∀´;q)

久々に佐々木さんの絵を作中で見れたのは嬉しいのだけど、最近ちょっと
勢いが無くなってきたかなというのが正直な本音です。
魔法少女10.0


■排泄少女5 気持ちの良い午後(同人誌)■
サークルは波路地です。

今回は秋津さんメインですね( p´∀`)q
これまでと違う点は、学校ではなくて、帰宅後の家で頑張る点です。

衆人環境下ではないので、羞恥心を感じさせるシーンは少ないのだけど
帰宅途中で放屁したり、もよおしてピクピクしているのが良いですね( p´∀`)q

そして最後は、便秘後の会心の一撃が!
その時、お尻を引っ張って穴を広げるのも良いですね。

こういう、秘密を覗き見しているのが持ち味ですな。

排泄少女5


■憧れの女-黒川朋枝編- #1 (同人誌)■
サークルはPARANOIA CATです。
「#1」とあるけれど、その前に前巻「#0」がある点に注意。

前巻の「#0」は大学で再会した中学の時に恋心を抱いていた男の子はオタクになっていた。
ヒロインの女の子はオタク系には興味はなかったが、男の子が気になったのでついていくことに。

そんな折、男の子はひょんなことから出会ったコスプレ写真集を売っている女性と縁があり、
アレをしてしまうのだけど、そこをヒロインが目撃。ヒロインは男の子を取られると思い
乱入して、なんとなく付き合うようになる…というのが#0のあらすじ。

今回はその続きで、なんとなく付き合うことにはなったが、男の子の方は煮え切らない様子。

流され感が強くて、でも、女性をアレで支配する喜びに目覚めた男の子は
相談に乗ってもらったサークルの先輩女性を押し倒してしまうのでした( p´∀`)q

で、今回のメイン話はここからで、ヒロインはその頃、ドライブに誘われるのでした。
ちょっとした寂しさなのか、本当に気晴らしのつもりだったのもあるんだろうけど、
この辺のスムーズで自然な話運びは凄く良かったですv(`∀´v)

男の子との押しに弱い先輩女性も良かったけど、やっぱりメインのヒロインが
本命の男の子のことを考えながら状況に流されて車内と温泉で燃え上がっちゃうところに
読み手の私も興奮マックスですよ( p´∀`)q

次巻の展開も気になりますなぁ。
ただ、ヒロインがあんまり浮気相手に心が向いちゃうと面白くないので、その辺は注目したいですね。
憧れの女-黒川朋枝編- #1


■Saint Foire Festival 9 Anessa■
サークルは床子屋です。

…あれ? SFF8の続きか? と思ったら、今回はアネッサがヒロインの新規の話でした。

今回は久々にヒットしました。
久々に胸糞の悪くなる話をありがとう! そう、声を大きく叫びたいです( ´∀`)

SFFは6.7.8巻と続いて飽きている事もあったけど、それ以上に
正直 ヒロインのビジュアル的にも、話の内容的にも これといったものがなくてイマイチでした。
(何をしたいのか、何を描きたいのかが掴めない)

そのシリーズも今回で終わりかと思ったら、新規ヒロインだったので驚いたわけです。

アネッサの特徴としては、最初に書いたとおり、ここ最近にはない
ひじょうに胸糞が悪くなる話(褒め言葉)で、読後の胸のモヤモヤ感が堪りません(;´Д`)ゼェゼェ

裕福な仕立て屋の若旦那と下働きの女性アネッサの二人の逢瀬から物語は始まり、
結婚の承諾を~という話だったのに、次の日には若旦那に金持ちの娘が嫁いでくるとかいう
話になってて右往左往するアネッサ。

家を訪ねてきた金持ちの娘と若旦那の姿を見て、とっさに隠れるアネッサ。
その時、女グセの悪い男と一緒に隠れてしまい、アネッサが困惑しているところを
やられちゃうというお話です( p´∀`)q

その時の、22ページで昨夜を思いかえしながら、今日は物置小屋のようなスペースで
女ぐせの悪い男に、秘部を指で広げられながらペロペロされている絵が凄く良かったですv(`∀´v)
声が漏れないように、自分で口を指で覆っているのも良い仕草ですね。

場面変わって、話の最後、ドアの外に漏れる「あ───っv、あぁんv、あぁあああっv」という
ドアの向こうの表現も想像を掻き立てられて良いですね。

久々のヒットですv(`∀´v)
Saint Foire Festival 9 Anessa


■福山さん6(同人誌)■
サークルはシュート・ザ・ムーンです。

福山さんシリーズも早いもので6巻目。作者自身も書いていたけど
同一キャラで話を作っていくのはそろそろきつくなってきたようですq(`∀´;q)

内容としては2人っきりで受験勉強をしている時に、エッチになった福山さんが
色々とアピールして、乗ってくるというもの( p´∀`)q

今回のコダワリは割れ目だと思いました。
肉厚というか、そこを弄り倒して、吸いまくってる絵がとにかく卑猥でした(;´Д`)ハァハァハァ

そして挿入感!

肉厚で狭くてギュウギュウなところを、太いもので突き上げているシーンですv(`∀´v)
狭い表現だったので、腰を引くと抜かれるときに一緒に吸い付いて出てくるような錯覚。

まるで初めてのようにキツイという表現が、すごく絵に出ていて良かったです。

ところで後書きに、「次回…衝撃の…」って書かれているのが凄く気になります。

妊娠して最終回なのか、まさかの他の男か女の登場なのか…目が離せませんね(;´Д`)ハァハァ
福山さん6


■陸魚(同人誌)■
サークルはましら堂です。
水泳部の男女の様子を描いた内容。

作者いわく、「痛い青春」と書いているとおり、青春真っ只中の男子にはモヤモヤ感がつもります。

同じ水泳部で、女子の中で気になる女の子がいるのだけど、事故で選手生命を絶たれてしまった。
そんな彼女は今は水泳部マネージャーとして残っているが、主人公の男子は
その女子が昔から気になっていたが、ある日その女子と嫌われ者のコーチとの噂を聞いてしまう。

世間的には寝取られには当てはまらないとは思うのだけど、個人的には気になる女子が
他の男と仲良くしているというシチュエーションは寝取られの範疇に入ると思っています。

アレシーンではドキドキさせてもらったのだけど、中心となっている女子の微妙な心情が
この同人誌の肝になっていて、彼女の心の隙間を埋められなかった、埋めたのが
コーチという中身になっています。

主人公の男子が素直に事故の時になれなかった事や、普段の異性交遊なんかを見てると
まぁ、自業自得というか、彼女の心を手に入れられないのは当然かなぁというのは興味深かったです。

フェチな点を挙げると、制服の下に競泳水着を着込んでいるのは面白いなと思いました( ´∀`)
陸魚


■blue snow blue~scene.14~(同人誌)■
サークルはわくわく動物園です。

読んでみると、うっすらと思い出してきたけど、本筋とか約束とかが全く思い出せませんw

とりあえず続巻も出れば買うけれど、しばらくは本棚に寝かして
まとめて一巻から読み直すつもりですq(`∀´;q)

日付とか時間が把握しにくいしね。
blue snow blue~scene.14~


今回の記事とは関係ないけど、今回はアニメ「宇宙戦艦ヤマト2199」が好評ということで
それらをネタにした同人誌が出ていましたな。…でも、ネタが同じのばかりでかぶってたけどね汗

女性クルーをシモの慰安婦扱いというのは、アレゲーの監獄戦艦を思い出すのだけど、
今回のいくつか購入した同人誌の中では、ただの集団戦ばかりだったのが残念だった。

こう、何故、そうなるまでに至ったのかとか、弱みを握って秘密で楽しんでたのが
知れ渡ってそうなったとか、そういう理由づけなドラマがないので燃えませんでした(;´Д`)

無条件にやってるだけなら、なんというかイメージクラブ?みたいにしか思えなかったぜ。
絵が上手な人が描いている事が多かったので、内容が無いのが余計に残念に感じました。


■おまけ■
夏冬の無駄使いリストのリンクを作ってみた。

2012年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2013-01-03
2012年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2012-08-14-1
2011年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04
2011年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2011-08-17
2010年 冬 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2011-01-02
2010年 夏 http://aumays.blog.so-net.ne.jp/2010-08-19
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

鴫野

こっそりと、パッケージ購入したSplushWaveの「ドラゴンアカデミー」をプレイ中です。
http://www.splushwave.com/

なに、この操作性の良いシステム(;´Д`)ハァハァ
日常はパステルチャイムのような授業で基礎能力を上げたり
各職業のスキルを覚えたりして、土曜日にはダンジョンで実習。

ダンジョンは3D化されていて、不満のないグラフィック。
戦闘は敵をクリックで通常攻撃。魔法や特技は選択性だけど
一度使った技なんかは仕様履歴が残って、コマンドウィンドウ1ページに表示。

戦闘のたびによく使うギラなんかはとっても使いやすいですねv(`∀´v)

こう、操作が直感的なのよね。これは長時間プレイのゲームとしては
すごく重要だと思う。特に通常攻撃くらいは敵クリックだけで選択決定できるとかさ。

錬金壷を使ったアイテム合成、ダンジョン内でもレシピを拾えて
新しいアイテムを生み出したりという要素も充実。

どうしても最寄で発売される商業ゲームの「ギアドラ」と比べてしまうけど
同人ゲームであるはずのドラゴンアカデミーの方が操作性もテンポも最高という出来。

なんかギアドラが心配になってきたなぁ(;´Д`)

ナインテイルの前作も操作性が悪くて、移動はコントローラーで
戦闘はマウスクリックじゃないと動かせないくらい操作性が悪かった。

こういうのは見習って欲しいなぁ…
by 鴫野 (2013-01-06 21:56) 

鴫野

ゲーム中日時で8月6日でLv37。

攻略階層としては、上級ダンジョンの3階というところ。
8月中に上級ダンジョンをクリアということだけど…間に合うかのか?q(`∀´;q)

ゲーム自体は相変わらず快適で、さくさく戦闘もこなしています。
たまに戦闘中に強制終了かかるけど、よく出来たゲームですね。

ダンジョンは見た目がほとんど同じグラフィックで、
戦闘画面の背景も同じなままだけど、モンスターが忠実な再現なので
移入度が凄いです(;´Д`)ハァハァ

まぁ、モンスターの絵柄やBGMはマージャンゲームからの使いまわしなんだろうけど
それでもやっぱり、この再現度はすばらしいね。

今後もなにか拡張版でも出るのかしら?('-'*

現状、攻略できる恋人化するヒロインは、天空の花嫁とおてんば姫と犬姫の三人。


by 鴫野 (2013-01-08 20:49) 

鴫野

上級ダンジョンをクリア(;´Д`)ハァハァ

こちらのレベルは40でした。

上級ダンジョンを守っているのは「せかいのはんぶんをやろう」というお方なんだけど
やっぱり正体は強いですね(;´Д`)ハァハァ

特に痛恨の一撃で300くらいダメージを受けた後のブレス攻撃が鬼だ。

ちなみにこちらのエースはマイユで、「はやぶさの剣・改」を持たせて、
「バイキルト」を掛けて、「テンションを上げて」の「ドラゴンきり」攻撃。

テンション20くらいでも500+500ダメあたってたぜ( p´∀`)q

by 鴫野 (2013-01-08 21:40) 

鴫野

エビルマウンテンをクリア。日程的には10/8あたり。

Lv57で倒したんだけど、一応のラスボス?の名前が
「あくましんかん」?か何かになっていたんだが(;´Д`A

ラスボスだけあって、攻撃が強烈だったよ(;´Д`)ハァハァ
200前後のブレス攻撃と、400前後の痛恨の一撃が痛かったです。

こちらは、ピオリム+スクルト+フバーハ+賢者の石で態勢を整えて、
テンション20+バイキルト+はやぶさの剣・改+せいけんづきで攻撃。

DQ2の主人公の特殊技も強いですね。こちらもテンション上げてバイキルト攻撃。

後衛組は主に回復を担当させたけど、魔法ダメージ2倍を使用しての
メラゾーマも手堅いですね( p´∀`)q

で、クリアしたら、隠しダンジョンが…(´-`)

さすがにそろそろAI作戦が欲しいよ(;´Д`)
グレートドラゴンやアークデーモンあたりがエンカウントするようになると
いちいちの手動戦闘がしんどいです(;´Д`)

まぁ、全体を通して面白かったけどv(`∀´v)

by 鴫野 (2013-01-09 22:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。