So-net無料ブログ作成

アレ系 「ポルノ作家麻由華」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはカトレヤです。

カトレヤのゲームを購入するのは、「未亡人沙苗(感想記事)」以来です。
ここ最近は、びびっと来るものが無いというか、体型的な問題で遠ざかっていました。

しかし今作はビジュアルに強く惹かれたので、久しぶりに購入してみました( p´∀`)q
この絵は一目見て、興味をそそられますね。

■ここが良かった!■
☆タイトルどおりの麻由華ゲーでした( ´∀`) p
☆テキストが小説チックで、状況が分かりやすかった。
☆お竜さん、良いです( p´∀`)q

■ここがイマイチ■
★テキストが小説チックで、状況説明が少し くどく感じた。
★卑語 無音修正(大きめ)がひじょうにうっとうしいかったです。
★姉の呼び方の「たけぼー」は、さすがに無いと思った(;´Д`A
★横顔の絵になると、別人に見えるくらい変貌して、シーンに集中できなかった。


タイトルどおり、今作は「麻由華」先生が縦横無尽の大活躍でした( ´∀`)

4人の年上ヒロインとの恋愛を描いた今作なのだけど、きっかけはというと
主人公の猛アタックとかそういうのではなく、麻由華先生の小説のネタ作りへの協力として
身近な気になる女性へ告白してみろ、その経過を報告しろという
なんとも傍若無人な命令がきっかけで話が展開していきます。

人に言われたから付き合うのはどうよ? ってことで、ちょっと命令されることに違和感を感じる
M属性を持っていない人は「( ゚д゚)はぁ?」ってなりそうだけど、きつく何かを言われる事に
ゾクゾクした何かを感じる人には麻由華先生の口調にギュンギュン来ます( p´∀`)q

もちろん付き合う相手は主人公が気になっている人物であって、それまでの選択肢で
頭に思い浮かぶヒロインが変化するのだけど、個人的には先輩編集者のお竜さんが良かったです。

中の人は年上系となると、人妻や妖艶系ばかりの役が多くて正直、声演技に飽き気味だったのだけど
キャリアウーマンっぽい少し男っぽい口調がさまになっていて新鮮でした( p´∀`)q

編集者と大物作家の力関係で、麻由華先生の無茶な要求に困った風な演技をしているのも良かったです。

付き合うきっかけはどうであれ、燃え上がってしまえば男と女なので後は濃厚なシーンの連続です。
ただ、麻由華先生は主人公を誘惑する事をやめないので、各ヒロインごとに個別か、
麻由華+ヒロインという二人と付き合うルートが用意されているのが面白かったです。

この割り込み方、ハンパないです( ´∀`)

で、そんな麻由華先生だけど、もちろん彼女にも個別ルートがあり、他ルートの情報を得ていたかのように
麻由華先生がキュンとなる発言を繰り返して、傍若無人で主人公を振り回していたあの先生が
顔を真っ赤にしたりなど、「大人ヒロインが意外な可愛さを出す」というツボが押さえられていました( p´∀`)

エロ小説を台本読みするようなセリフを主人公に投げかける一方で、
子供のようにはしゃぐ大人ヒロインは新鮮で、凄い良いキャラ付けだなと感心しました。

それでいて、いざ仕事モードに切り替わると、変人だけどプロだなぁという
思考が垣間見れて、そのギャップにも心を奪われました。

そんな感じで物語の展開やキャラの魅力は十分なのだけど、
テキストの文体とビジュアル面で横顔の絵だけは気になりました。

テキストの文体というのは、本当に小説チックな地の文で構成されていたりして
「相手が何を考えていて、じゃあ こちらはこうしよう」というような心理面の動きなんかを
事細かに書いていて、それは確かに凄く状況説明がしっかりしているのだけど
その反面、ちょっと読むのが面倒くさいというか、くどく感じました(;´Д`)

ビジュアル面の横顔もひじょうに気になりました。

なんかアゴというか…正面顔と横顔で同一人物とは思えないくらいの差があって
アレシーンでもそれが顕著で、集中できませんでした(;´Д`A

特に口取りシーンでは横顔で咥える絵が多かったため、私的には本当に集中できず使いづらかったです。

あ、でも、麻由華先生に禁欲生活させて、解消のおねだりさせて、
正面から咥えて貰うシーンは至高でした( p´∀`)q

ただし、卑語の無音修正がひじょうに気になりました。しかもかなり無音部分が大きい。

今作はゲームの仕様上、エロ小説っぽい文体やセリフ回しが多いので
結構な頻度で主人公を言葉攻めする時に卑語を連呼するんだけど
そのたびに無音でセリフが途切れるのが本当にうっとうしいかったです(;´Д`)

このあたり、もう少しなんとかして欲しかったです。


■まとめ■
タイトルに「ポルノ作家麻由華」とあるように、先生が縦横無尽に大活躍する物語でした。
他ヒロインの個別ルートに入っても、主人公を誘惑して割り込んでこようとするのには驚きました(;´Д`A

麻由華先生や先輩編集者のお竜さんのような大人ヒロインと付き合い始めて
彼女らの可愛い一面を見せられるとキュンキュンしちゃいました( p´∀`)q

この辺はさすがカトレヤだなぁと思いました。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。