So-net無料ブログ作成

アレ系 「BANNYBLACK 3」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはソフトハウスキャラです。

----
2014.8 追記
初期ロットのDVDディスクに経年劣化?による初期不良があるようです。
うちのディスクも調べてみたら情報にあったとおりになっていました。
※ディスク裏面の鏡面が息を吹きかけたみたいに曇っている。
※ディスクドライブに入れても認識されない。(ディスクを入れてくれって口が開きましたよ汗)
現在、公式で不良品交換の入力フォームがあるので、私も入力しておきました。
-----

3DダンジョンRPGのシリーズとして始まり、今作でシリーズ3作目。
それに加えてダンジョン徘徊以外に街作りも! と期待していました。

率直に言って街作りの方は自由度があまりなく、パッとしなかったのだけど、
RPG部分はシリーズ作として色々と踏襲されていて遊びやすくなっていました。

それでは一つずつ見ていきますかq('-'*

■ここが良かった■
☆スキル取得システムが使いやすくなっていて遊びやすかった。
☆抵抗勢力がキャラ紹介よりも多くてびっくりした。
☆新登場の天界勢力組がなかなか良かったです( p´∀`)q
☆玉座でキュリハに舐めさせるシーンが大変昂ぶりました( p´∀`)q
☆原画の紅村かる さんの安定感がハンパないですね。

■ここがイマイチ■
★格の制限が大きく、自由なPT編成が出来ないのが不満。
↑アップデートパッチVer1.10にて、二周目以降に一部ユニットの格が下がるモード追加されました
★大多数のイベントの発生が手動式であるため、見るために何ターンも粘る必要があるのが面倒。
★ソフィアが可愛いのだけど、まともなイベントがなくて凄く残念だった。
★ダークス宮の運営はターンごとの結果報告のみで、役職配置だけのものだった。

基本はBBシリーズは同じ形式の3DダンジョンRPGなので、前作・前々作と楽しめた人は
同じように楽しめたんじゃないかと考えています。
まぁ、第一作目は宝箱の仕様とか9人PT制など前作とは少し違ったけど。

ということでBB2の不評っぽいところを改善してバランス調整されたのがBB3という感じで、
戦闘バランスとかスキルの付け替えとかが出来るようになって遊びやすくなっていました。

不評っぽいというのは例に挙げると、細かい指示を出せるという点。(私は個性的だと思ってたんだけど)
戦闘バランスではBB2では全体射撃攻撃が猛威を振るっていたので その調整など。
スキルの付け替えというのは、スキル所得時に使ったポイントが、消すと返還される点です。

ただしダークスの「格」の問題だけは歴代シリーズを通して制限が掛けられたままで
この辺は本当になんとかして欲しかったです(;´Д`)

一周目はともかく、周回プレイで物語の追加要素も無さそうなので、システム面の制限を解放して
純粋にソフトハウスキャラ製のRPGをやり込めるようにしても良かったのでは思いました(;´Д`)

まぁ、何にせよ、私はBBシリーズが好きなので、格による制限以外は
RPG部分、戦闘部分などなどシステム面で不満はないのでRPGとして楽しめました( p´∀`)q

※アップデートパッチVer1.10にて、二周目以降にゲームスタート時の選択で
一部ユニットの格を下げるモードが追加されました。(マリーアリス格 8 → 6 など)

物語的には1で魔王様と結婚して、2で天界勢が攻めてきたので奇襲で攻め落として吸収、
今作の3は魔王としての能力を疑われて街づくりという流れ。

ダンジョンに潜りながら、資材や住人を採取しつつ、街での収入も合わせながら
マクドゥの納品課題をこなしていこうというのがゲームのメイン。

建物による街イベント、学園イベント、迷宮イベントとイベントの数がビックリするほど多いのだけど
舞台がフォーゼロッテ宮ではなく、新しい街ということで、前作・前々作組とのキャラの絡みが
少なかったのは残念でしたq(`∀´;q)

パニバーナなんて立ち絵があるのに、あんまり出てこないのが・゚・(ノД`)・゚・
でも中の人はモブキャラの商会員として かなりセリフが多かったりします('-'*

メインのストーリーでは冒頭のマクドゥが絡んでくるのだけど、
イライラというか やるせなさの原因が解決したあとの反応が可愛いですね( p´∀`)q

ゲームプレイ前は、ラキアさんと足の引っ張り合いでもして罠に嵌めて
ダークスに献上するんじゃないかと思ってたんだけど、そんなことはなく
乙女な面があったり、大魔王の意図があったりと なかなか面白い展開でした( p´∀`)q

そういえば大魔王の話題がちょくちょく出てきたのだけど、それ以外にも天界の仕組みや
ソフトハウスキャラの世界観が結構 詳しく語られていたので、そちらにも注目していきたいですね。

ゲームの進行上で意外だったのが、抵抗勢力の面々です。

魔界勢としてはマクドゥと、四人のリーダー格くらいの紹介しかなかったのだけど
その四人以外にもかなりの数の抵抗勢力の部族がいて、次々と倒して勢力下に加えて
もちろん仲間としてPTに参加させて戦えるのが良かったです( p´∀`)q

弓使いの人のフィールドスキルの先制攻撃がおいしいですv(`∀´v)
射撃スキルは全体的に下方修正されているんだけど、燃費の良さと安定感のある
全体攻撃はやっぱり良いですね。

他、四人のリーダー格も仲間に加えて戦えます。私はレッドバードのファレンが好みで、
加入後はずっと一緒に戦いました( p´∀`)q
火属性の複数攻撃が最初から最後まで大活躍でした。

他の3人も使いたかったのだけど、格が足りずにPTに入れられませんでした・゚・(ノД`)・゚・

天界組の姉妹と樹神族もなかなかのキャラでした。
特に姉妹は強くて強くて攻略に苦労をさせられましたよ(;´Д`)ハァハァハァ

苦労した分、姉妹を屈服させるシーンでは久々にこの手のゲームで達成感を感じました( p´∀`)q
樹神族の人は見かけによらず、若い頃はかなりぶっとんだ性格だったようで
作中でもところどころ過去をネタにされたりと、見た目とのギャップが楽しかったです。

キュリハに関しては戦闘後のシーン、特に玉座でのシーンが口取り好き的には良かったです。
こう、屈服させた感というか、支配しているような絵面がいいですよね( p´∀`)q

この三人も仲間としてPTを組む事ができるんだけど、極めつけに強くてビックリです(;´Д`)ハァハァ
ミアルテとか強すぎて、逆に使用を自主封印したくらいですよ(;´Д`A

最後にイベントの回収に関してなのだけど、選ばないと発生しないタイプなので
全部見ようとすると何百ターン…は大げさだけど、かなりのターン数を使うのが面倒でした。

もう少し週始めに自動的に発生しても良いのになとは思いました。
まぁ、そうすると それはそれで周回プレイ時に同じイベントを何度もスキップさせるのが
面倒なんでしょうけどq(`∀´;q)

あ、あと、ダークス宮の防衛システムは、階層長なんかの役職にユニットを配置するだけで
ゲーム性は皆無でした。統率が高ければ良いだけ?のシステムで結果報告を見るだけの感じです。

ただしこちらは街の役職とは異なり、レベルが上がるのが特徴。
イベントを見るために、数十ターン配置し続けていると、結構Lvが上がるので、その辺は便利でした。


■まとめ■
「3DダンジョンRPG」+「街作り」ということで、これまでBANNYBLACKシリーズが
好きな人であれば 間違いなく楽しめる安定した内容になっていますv(`∀´v)

前作、前々作のフォーゼロッテ宮から離れた事で、過去作のキャラとの絡みは少なくなっているのだけど
新しい街を作るのがゲームの目的で、その街の住人とのやり取りに重点を置いていると思えば
しっくりくるようになりました。

そして最後は愛され、慕われる魔王ダークスとしてエンディングを迎えるという展開。

一介の冒険者から始まり、魔王を嫁にして、天界勢と戦ったり、街を作り上げたりと
ダークスという一人の男の波乱万丈の人生を描いた面白いシリーズになっていると思います。

このシリーズについては内容うんぬんで色々と言われてるかもしれないけど、
ここまで一人の男について描ききったシリーズはなかったと思います。

BBシリーズは多作構想なので、一作だけで判断せず、シリーズを通して見ることで
本当の面白さが出てくると考えています。

未プレイの人は是非、シリーズ一作目から通して、ソフトハウスキャラの作ったRPGを
プレイしてもらいたいものです( p´∀`)q

BUNNYBLACK3

BUNNYBLACK3

  • 出版社/メーカー: ソフトハウスキャラ
  • メディア: DVD-ROM


■おまけ■
最初に書き忘れていたのだけど、本編に関係ないダンジョン(堕天牢)には行かずに
たいていのダンジョンのマップを踏破率100%にして35時間でクリアしました。

ちなみにダークスLv47で、その他は入れ替えを頻繁に行っていたので30台半ば程度。

シーン回想数が187/255という状態なので、もっともっと内政でイベント発生を粘れば
もう少し時間が掛かるっぽいです。

ゲームクリア後の周回要素には、アイテム引継ぎ、ユニットを成長させた分の能力上乗せ、
踏破済みマップ?の半透明表示化、このあたりでしょうか。

ユニットのLvは引き継がないのだけど、伸ばした能力値は残っているようなので、
3周回ほどしたら、どんなユニットでも能力値がかなり伸びそうですね。

周回時に引き継いだ状態のLv1ダークス
BB3 能力値の引継ぎ.jpg

初回プレイのクリア直前の街の様子
BB3 初回クリア直前の街の様子.jpg

途中から街づくりに飽きて…というか、イベント発生条件がイマイチ分からないので
資源とか多めに入ればいいやという適当な建て方だったため、仲間に加わっていない
ユニットがまだまだいっぱいいるようです。


■ゲームプレイのポイント■
とりあえず今作は覚えたスキルを消去すると、使用したスキルポイントが返還されるので
間違ってつけたり、イマイチに思った時にやり直しが効くので遊びやすいですね( p´∀`)q

これは中盤以降の話になるけど、ボス的な相手と戦う前に属性防御スキルをあらかじめ
セットできれば、かなり楽に戦いを進める事が可能なわけで、普通だったら まともに戦えば勝てない、
ミアルテのような天界勢にも辛うじて勝てるバランスになっているのが良かったです。

まぁ、光属性防御とかつけててもダークマジシャンみたいな防御属性が闇属性だと苦しいけど。

ほか、スキルを覚えさせるときは、各ユニットには「得意攻撃」というようなのが設定されているようで
その攻撃だとダメージが増加するようですな。

ダークスだと斬撃にボーナスが掛かり、さらに初期から持っているダークスの剣で
斬撃ダメージ+20%ということもあって、大活躍する事ができます。

基本的には防御属性の攻撃、もしくは忘れられない基本攻撃スキルが得意攻撃の傾向でしょうか。

役に立ったユニットとしては、今作はベトのベリアルト十三世がかなり便利でした( p´∀`)q

フィールドスキルでは防御力アップ、リザーブでは自身の回復。
最初期はクマンやアリトンの後ろに配置して防御力を底上げしていたのだけど
周りが強くなってもリザーブ能力のおかげで、後ろに下げて回復薬的な使い方が出来るのも良かったです。

歩いていると気力が回復していくしね。前向精神もそうだけど、
ただ今作についてはエンカウント率が高いようなので、回復し切る前に次の敵との戦闘で
消耗が続く事がありました。前向精神もちだからといって全体魔法ばかり覚えさせていると
思わぬ気力切れで苦しくなります。

ベトやダークマジシャン以外では、サキューのサーシャも大活躍でした。
感知能力があるので隠し扉が見えるようになるのがポイント。

またサーシャ自身も能力値が高くて、戦いにも参加させやすいのが良いですね( p´∀`)q
闇魔法が得意なのはもちろんなんだけど、私は急所斬りも覚えさせました。

これは攻撃力の低いクマンにもいえることなのだけど、確率が低いとはいえ
即死できる攻撃を繰り出せるのはひじょうに便利です。しかも急所斬りだと気力-2消費だしね。

抵抗勢力から仲間に加わったイシュも素晴らしいですね( p´∀`)q
邪魔回復の発生率は高くはないのだけど、それだけで敵の行動を一回阻害して
さらに回復させないというのは大きい!

イシュ自体がかなりの攻撃キャラなので、育てるとひじょうに便利になりました。
まぁ、イシュに関しては抵抗勢力として登場したときに高攻撃力で苦労させられたはずなので
その強さは実感していると思いますが( p´∀`)q

回復役としてはダークスとウブズのライカが担当しました。

ライカは気力が最初から多めなので絞って育てやすいですねv(`∀´v)
Lv37で体力383 気力318 まで育てて、ボス戦での回復要員として重宝しました。

リザーブとして活躍したのは、意外といえば変だけど、モーリスでした。
援護射撃というものがあり、これは15%と低いものの味方の受けるダメージを半減するもの。
全体攻撃を受けた時にも発動しているようなので大変便利です。

ちょっとまとまりが無いですが、とりあえずはこんなところです。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。