So-net無料ブログ作成

アレ系 「ワルキューレロマンツェ More & More」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはRicottaです。

意外にも熱い物語と、それに負けないくらいアレ重視の展開が新鮮だった
ワルキューレロマンツェにFDが登場。More & Moreというタイトルで期待していた今作。

クリア後の率直な印象としては、残念ながらイマイチ盛り上がらなかったというのが
正直な感想になります。

無印本編では大会出場に向けての練習とともに、ヒロインとの交流がなされて、
最終目標である大会優勝を目指すという 大きな一本柱があったのだけど、
今作のヒロイン昇格組の三人の物語の中心は、大会後の話になりがちで
ジョストという このタイトルの一番の見せどころが弱かった印象です。

時期的にMore & More とTVアニメ開始で、相乗効果を狙ったんだろうけど
今回はアニメの出来ではなく、原作の方が足を引っ張ってる気がしました(;´Д`)


■ここが良かった!■
☆無印本編で脇役だけにするには惜しい3人がヒロイン昇格したのは嬉しかったです。
☆特にベルティーユ編は、彼女の魅力が存分に描かれていて良かったです。
☆後日談ではなく、メインの物語として主人公の騎士復帰宣言があったのは良かったです。
☆昇格組の3ヒロインともに、ひょっとこ口取り完備だったのは良かった。
☆無印組のショートストーリー、スィーリアとノエルの話がラブラブで ほんわか しました( p´∀`)q

■ここがイマイチ■
★無印本編のような大会優勝を目指すのがメインではなかったため、盛り上がらなかった。
★無印の名曲、「♪Shooting the future」が流れるような場面がなかったのは残念。
★一番期待していた、騎士復帰ルートが地味すぎて「なんか思っていたのと違う」印象が強かった。
★分かってはいたことだけど、昇格組の3ヒロインともに、ちゅぱ音が微妙なのが残念だった。
★無印とモアモアの立ち絵を比べると、モアモアの方が顔がやや縦長になっているのが気になった。


さて最初に書いたとおり、今作は期待していた「熱い戦い」がメインではなく、
その後の話で交流を深めるというような流れがあって、イマイチ盛り上がらなかった印象です。

無印本編では4人の魅力的なヒロインの中から 、誰を補佐するかで夏の大イベントの
大会の行方が変わる面白さがあったのだけど、今作のこの展開だと
モアモア昇格組は優勝できる素養がなかったと言われているようなもので微妙に感じました。

実際に茜ルートだと、「あれ? あれ?」とわけが分からないうちに終わってしまって
ジョストをメインに扱った無印の物語とはかなり毛色の違うものになっていました。

こう、なんというか、「あんまり、ジョスト関係ない」みたいな(;´Д`)

一方でベルティーユ編では、突然のライバル登場には驚いたものの、彼女の意外な特技や
真面目に練習に打ち込む姿なんかが描かれていて、ひじょうに面白かったです( p´∀`)q

ちょい、へっぽこなのを 主人公が鍛えて強くなっていくのって面白いしね。
そしてライバルとの無駄に熱い対決も華やかで楽しかったです。
彼女は全力なのが良いですよね。ひじょうに好感が持てる淑女ですな( p´∀`)q

そして一番期待していた綾子ルートの「騎士復帰」に向けての話の流れは
ひじょうに地味な流れで、「なんか思っていたのと違う」という印象が強かったです。

こう、主人公も大会に出て、古傷に悩まされながらも苦戦しつつ勝ち抜いていったり、
ヒロイン達とジョストの模擬試合をやって総ナメし、全員から惚れ直されてモテモテになるとか、
騎士としてジョストを通して、色々な人たちと交流する物語だと思っていたんだけど
ふたを開けたら恩返しのバイト生活だったりと、ちっとも戦っていない印象が強かったです。

アレに関しては昇格組全員に ひょっとこ搭載の口取りがあったのは良かったです。
ただ、昇格組三人ともにちゅぱ音的に微妙だったので、口取り好きな私としては
モアモアではちっとも使えなかったという・゚・(ノД`)・゚・

で、モアモアをクリア後に、ショートストーリーをプレイしてみると、リサの激しい攻撃に
腰が砕けそうになりました(*´Д`)ハァハァハァ

ちゅぱ音の格差が大きすぎて、ひっくり返りそうになりましたよ。ミ
                                       くてっ  ⊂⌒~⊃。Д。)⊃  ヒクヒク

ショートストーリーといえば、単にアレだけがあるんじゃなくて、
それなりの話の流れがあったのは良かったです。

ノエルやスィーリアのショートストーリーは、話を進めていてほんわかしました( ´∀`)
ノエルの旅館でのはしゃぎぶりや、スィーリアのオムライスにはキュンキュンきましたよ(*´Д`)


■まとめ■
無印では脇役にするには惜しいと思っていた三人がヒロイン昇格になったのは魅力的だったのだけど
肝心のジョストに絡めた話が少なく、あまり戦っている印象がなかったのが残念でした。(特に茜ルート)

騎士は騎士の駆け引きがあるし、ベグライターにはベグライターの読みや指摘ポイントで
ヒロインを支えるというのが面白かったのに、今作のFDは、ヒロインとの恋愛に主眼を置きすぎていて
盛り上がらなかったというのが正直な感想になります。

そんな中、唯一、ベルティーユだけはジョストも恋愛も全力でぶつかってきていたのが印象的で、
モアモアは彼女のために作られた! と言えるほど力が入っているように感じました。

アレに関しては三人が三人とも、こちら側の声優さんじゃないので色々と残念な結果になりました。




nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。