So-net無料ブログ作成

BGEE ゲームを楽しむ。 [バルダーズゲートなど]

とりあえず規定路線の通り、北上してフレンドリーアムインで、ジャヘイラ夫妻と合流。
ファイターと、ファイター/ドルイドの二人組で、自然魔法がなかなか便利。

※「二人組み」です。この夫妻は二人組なので、カリードだけをPTから外すとかは出来ません。

※プリースト系の呪文はレベルアップ時にそのレベルの魔法が使えるようになれば
自動的に全取得するのだけど、気を付けなくてはならないのは「信仰魔法」と「自然魔法」があって、
回復魔法のような基本的な呪文は同じように覚えるけど、防御呪文のようなものは
信仰魔法系列でしか覚えないなど、特徴がありますd('-'*

ゲームプレイ上でいうと、ドルイドの自然魔法は、クラスレベルが上がりやすい分 早熟であり、
攻撃魔法もあり威力も強くなるので、便利です。ジャヘイラは、ちょっとした魔法戦士的に活躍できます。
(自然魔法L2「フレイムブレード」は見た目がカッコいい!)

さて、やっぱり私は自キャラとして、シーフやアーチャーは水が合わないので
またまた主人公キャラを作りなおしました。秘術呪文が使えないキャラって、なんかツライのよね。

キャラメイキング。名前をニアとしました。(日本語の名前は「EEKeeper」で再入力した)
契約したことは守るけれど、穴があれば出し抜く狡猾さをイメージしました( p´∀`)p
魔女な主人公を作りました。.jpg
クラスはソーサラーで、初期の取得呪文は「スリープ」と「チャーム・パーソン」という偏り方です\(^o^)/
(直接攻撃して、敵を倒す手段がない。おっぱいに視線誘導させて魔法で魅了するのだ!)

では「フレンドリーアムイン」から南下しながら、まっすぐ南にある「ナシュケル」に向かうわけだけど
せっかくあちこち歩けるのだから寄り道しないと損!というわけでウロウロしました。

主要街道のマップから外れて、ちょっと森に入ると…ベア発見!!
ちょっと道を外れると熊が出現.jpg
このゲームのベアは、リアルと同じくらい武装していない一般人には致命的な存在で
腕力にモノをいわせた強ダメージ攻撃が脅威。

間違ってもファイターLv1主人公が立ち向かえる相手ではないです\(^o^)/
※主人公の戦闘不能=即ゲームオーバーでセーブデータからやり直しです。
クイックセーブ(Qキー)はこまめに行いましょう。

森の中のベアは、近距離まで接近しないと攻撃してこないので
倒せないと思ったらそっと遠回りするのが無難ですな( ´∀`)旦

マップとマップのエリア間の移動でも不意打ちは存在します。
マップ間の移動には不意打ちの襲撃もあり.jpg
ワイルドドッグの襲撃に、冷静に対処。「スリープ」の呪文が炸裂して気絶させた図。

「スリープ」は弱い相手にしか効かないのだけど、大量に出てくるコボルトやホブゴブリンには有効です。

とりあえずメイジやソーサラーLv1の役割としては、相手を無力化して、
前衛のファイターが倒しやすくさせるのが仕事と考えておいて間違いないです( p´∀`)q

なお、クレリックの場合には、効果は限定されるのだけど「コマンド」という信仰魔法があります。
これは1ラウンドだけ昏倒させるというもの。1匹にしか効かないが、序盤では重宝します。
(効くとダウンしてノーガードで殴らせてもらえるので)

スリープが効かないのはこんな強そうな相手など。←「スリープ」効きました汗
オーガの攻撃力、やべぇ.jpg
オーガはベアと並んで序盤の強敵で、一人では戦ってはいけない相手です。
見た目相応の腕力で、仲間がペチャンコになってしまいます(;´Д`)ハァハァ

※ゲームの難易度を上げていて、復活不可の死に方をすると蘇生魔法が機能しません。
たいていはクリティカルヒットなどで体がバラバラに砕け散った状況などです。

ちなみにオーガには「スリープ」の他に「チャーム・パーソン」が効きません。
「チャーム・パーソン」は人間サイズ以下の人型生物を対象としたもので、範疇外になります。
今回のオーガ戦では、大人しくダーツを投げてました・゚・(ノД`)・゚・

他、モンスター以外にも物語の舞台なる「ソードコースト」では野盗の襲撃があったりで殺伐としています。
野盗に襲われた隊商も.jpg

寄り道しつつ南に向かって、ベレゴストに到着。
ここは宿屋が複数あったり、この地域で有名な鍛冶屋があったりと大きな街です。
キャンドルキープ内で出会った初老のメイジ、ファイアービートの家もあります。
(目の前の宿屋で本を買ってくるという手軽なクエストがあります)

この街では新しく二人のNPCを仲間に加えることができます。
PTメンバーは最大6人までなので、余裕があれば加えておきましょうか( ´∀`)

経験値は山分け方式で、少数PTの方が実入りは大きいけど、戦いは数が力なのだよ( ´∀`)y-~~

マップ画面(Mキー)を開くと、マーカーが付けられているので「カゲイン」の店に向かいます。
ベレゴストで傭兵家業をやっているカゲイン登場。お金にうるさい.jpg
貴族の子息が行方不明らしい。
この前、道端で発見した隊商のようになっていなければいいが(;´Д`A

ちなみにカゲインはイービルなドワーフで、CON値が20という肉壁となります( p´∀`)q
カゲインはドワーフなのでCONや毒に強いのが特徴.jpg
ドワーフなのでLv1時点でも毒などへのセービングスローの値が良いです。

これ以外にも路銀稼ぎをしようと街中を歩いていたら、ゲーリックという名前のバードが
仕事を募集していました。さっそく彼の後を付いていくと

こうやって、普通に悪事の片棒を担がされそうになることも.jpg

店とのトラブルによる護衛と聞いていたのに、なにやら雲行きが怪しい。
どうやら彼らは女主人に宝石をもってこいと言われていただけで、なぜか悪漢になっていたようだ。

このゲームは日本の一般的なRPGとは異なり、
良い事をするクエストもあれば、悪い事をするクエストもある点に注意が必要ですd('-'*

例えば、
「誰々に魔法のアイテムを盗まれた。取り返してきて!」というのがあって、よくよく聞いてみると
その依頼者がアイテム欲しさに嘘の作り話を吹き込んできている場合があります。

そういう場合に役に立つのが、秘術L2、信仰L1呪文の「ディテクトイービル」です。
アライメントがイービルの人物がいると、そのキャラは赤く光ります。
これでイービル=騙そうとしているなどの判断材料にはなります。

( '-').oO(ニアはローフルイービルなので当然、赤く光りましたよ)

今回は怪しい感じがしたので女主人の話を断り、戦闘に突入です(;´Д`)ハァハァ

女主人のシルクは「かなり強力な魔法」を使ってくるので注意が必要です。
(L3秘術呪文のライトニングまで使ってきて、ジャヘイラが即死でしたよ\(^o^)/)
急な戦闘にも対処できるように、プリースト系呪文のブレスあたりは用意しておこう.jpg
我々のような低レベルPTでも出来ることは最善を尽くすのがゲームの持ち味の一つで、
まずは定番の「ブレス」を使うことから始めると良いと思います。

※信仰・自然魔法の「ブレス」は、命中に+1のボーナスが付きます。
レベルアップなしで、魔法の武器も持たないのに、命中が+1されるのは本当に大きい!

街中を歩くときや冒険で野外活動をするときも、とりあえず1回か2回くらいは
ブレスを使えるようにしておくと、突発的な戦闘を有利に進める事ができます。

対シルク戦では、イモエンに「マジックミサイルを撃てるワンド」を持たせておいて、
シルクの呪文詠唱を毎ラウンド妨害しておきましょうか( p´∀`) p - ~~~~>

THAC0値依存の弓と違って、マジックミサイルは確実に命中するので、妨害に有利です。
※逆にマジックミサイルは秘術呪文L1の「シールド」で完全無効化できます。
敵がマジックミサイルを使ってくる場合は注意が必要です。
特に味方メイジはHPが低いこともあって、一発でやられる可能性があります。

戦闘後に一息つこうと宿屋に入ったら、今度はまた違う刺客が現れました。
街を歩けば刺客に襲われる.jpg
ニアはローフルイービルなので、それっぽいセリフを選んで反応を楽しみます( ´∀`)y-~~
(いやまぁ、刺客相手に何を言っても無駄で、戦闘になるのは変わらないけどさ汗)

戦闘後に敵の持ち物を漁っていたら、賞金首として闇社会に指令が出てました。
いつの間にやら賞金首になっていて、賞金額も上がっている.jpg
私の真っ当な人生\(^o^)/オワタ

それにしても金貨350枚分が私の命の価値ですか(;´Д`)ハァハァ
参考に、金貨1000枚くらいが魔法の武器+1程度の値段です。

これは魔法の武器がそれだけ高いのか、命の値段が安いのか、どちらなんでしょうな(;´Д`A

ベレゴストでは他にクモ退治をして、その証拠品である死骸やブーツ、ワインなんかも取得しました。

ベレゴストでの寄り道クエストを終わらせて、さらに南へ向かいます。
するとそこには警邏中のフレイミングフィスト隊が登場し、主人公たちに職質してきました。
治安維持隊(公権力)からの職質を受ける一行.jpg
フレイミングフィストは治安を維持する武装警察のような組織で、本部はバルダーズゲート内にあります。
そのフレイミングフィストが、我々を野盗だと決め付けて糾弾してきました。

ああ、さっきから選んでいる選択肢はわざとそれらしいのをチョイスです( ´∀`)
ちゃんと選択肢を吟味する事で、誤解だと解くこともできます

フレイミングフィストは強いので、スリープが効きません。
街中で拾った魔法が書かれたスクロールは、
メイジ以外に、ソーサラーでも使えるので 今回はそれを利用して直接攻撃しました。

バーニングハンドのスクロールを読み上げる事で指先から火炎が迸った!
呪文の効果範囲を把握しよう.jpg

バーニングハンドは飛距離は短いのだけど、範囲攻撃属性をもっているので
上手く敵が密集しているタイミングで使うことで、一度に複数の相手にダメージを与えられます。

また、フレイミングフィストは強いのでスリープは効かないのだけど、
人型生物ではあるので「チャーム・パーソン」は効きます!

マヌケな脳筋には同士討ちがお似合いです( ´∀`)y-~~
マヌケな脳筋にはチャーム魔法で同士討ちを狙え!.jpg

当人同士の努力で、野盗との決め付けの誤解は解けるはずだったのに、
イービルな私は挑発してしまい戦闘になり、同士討ちを利用して倒しました。

ちなみにチャームされた相手は、仲間キャラのように移動場所を指定したり
誰を目標に攻撃するか操れます。(敵対者は赤丸、魅了状態の相手は白丸になりました)

一方で、せっかくチャーム状態にあっても誤って攻撃してしまうと
呪文が解けるので、注意が必要になります。

戦闘後の身ぐるみ剥ぎです。
強敵を倒すのは厳しいが、それだけに身ぐるみ剥ぎに力が入ります.jpg
強敵を倒すのは、相手が強く、また装備が良い分だけ厳しい戦いになるのだけど
倒してしまえば自分のものになると考えるとモチベーションは上がります( p´∀`)q

3人のフレイミングフィストはプレートメイルを装備していたので、カゲイン、カリード、ジャヘイラに
それぞれ渡して装備してもらいました。鎧を購入する資金が浮いたぜ( p´∀`)q
ちなみにプレートメイルのACは3です。

※この辺りから鎧が重くなるので、荷物の持ちすぎに注意。(重量限界)

このベレゴスト南の一体では、ベレゴスト内で依頼されていたステルスブーツ?を
ホブゴブリンから取り戻すことができます。

緑のホブゴが持ってた。
クエストで依頼されていたステルスブーツを入手したが…さてさて.jpg
未鑑定アイテムだが履いてみると、シーフ技能の「ハイドインシャドー」や「ムーブサイレントリー」が
強化されたので、まず間違いないようです。

ここでこのゲームの面白みがあって、素直にこの素晴らしいブーツを持ち主に返却して
クエスト経験値を貰うか、ずっと所持し続けて冒険で使うかを自分で判断します。

シーフの成長は、複数いなければ、まずはシーフ技能「ファインドトラップ(=リムーブトラップ)」を
優先に伸ばすと思うので、隠密成功率にポイントを振れません。
(モンクや信仰魔法で「罠発見」はできても、「罠解除」だけはシーフの専売特許です。)

だからこのようなブーツは貴重で、手放すのが惜しいわけです( ´∀`)y-~~

もちろんローフルグッドなパラディンなんかは返すのが筋だと思うのだけど
私は悪のソーサラー、そのまま何も知らなかったことにして持ち歩くことにします。
(ベレゴストの依頼者に話しかけると、返却してしまうので注意)

シーフ技能といえば、「バックスタブ」の説明をしていなかったのだけど、
これは隠密状態で敵の背後から近接攻撃を成功させると、与えたダメージが数倍になるというものです。

シーフは最大5倍になるんだったかな。
ただし、元々のダメージ値が低いシーフは倍率が上がっても、あまり強くないかも。

シーフLv1のイモエンが、バックスタブ(×2)を成功させたの図。
シーフ技能のバックスタブ 透明状態で相手の背後からの攻撃を命中させる.jpg
夜で、物陰から隠密ボタンを押すと成功しやすいです。

街道を偵察すると旅人が怪物によって倒されていたので、邪悪な生物と判断。
隠密状態のまま敵の背後に回りこみ、相手を攻撃クリックで命中成功という流れです。

イモエンは腕力がないので弱いのだけど、マルチクラスで作成した「ファイター / シーフ」だと
ひじょうに強力なキャラになります。単純な計算でストレングス18/51だとすると
ダメージ修正が+3となり、それが2倍ダメージだからダメージ6は確定します。

ゲーム中には「ファイター / シーフ」の仲間になるNPCがいるので、
そちらを使ってみるのも良いと思います。

あとバックスタブは「隠密状態からの攻撃」が条件なので、シーフ技能のハイドインシャドーが
下手くそなシーフであっても、「透明になる呪文」で代用できます。

秘術呪文L2「インヴィジビリティ」がそれで、この魔法は偵察用に掛けて先行させたり
敵からの攻撃による的になるのを避けたりと考え方一つで応用が広がります( p´∀`)q

ただし、今回のBGEE1で調べてはないんだけど、
バックスタブは武器が設定されているかもしれません。
片手武器のダメージ属性「貫通(刺突)」しか効果が発揮しないかも。
つまりは「ダガー」や「ショートソード」のみなど。この辺りは注意。

(追記) バックスタブ条件はシーフが基本で装備できる武器なら良いようですな。
×アックス、×スピア、×メイス、×ツーハンデッドソード、×バスタードソード
○クラブ、○クォータースタッフ、○カタナ、○ロングソード、○ワキザシなど

これに加えて、バックスタブは弱点のない相手には効かないという欠点があります。
スライムとかグールとかそのあたりです。

将来的な話をすると、イモエンをシーフとして育てて、「オープンロック」と「ファインドトラップ」が
自分にとって満足いく数値まで伸ばせたらメイジに転職させる。(デュアルクラス)

そしてメイジとして第二の人生を歩み、「シーフLv7 / メイジLv8」になったら
封印されていたシーフ能力が解禁されて、ファインドトラップやオープンロック、
バックスタブが使えるデュアルクラスとなる。(片側が成長を止めたマルチクラスみたいなもの)
↑、一応、今調べたんだけど、何故かデュアルクラスではバックスタブ倍率が×0になってた。バグ?

※「シーフ7 / メイジ8」としたのは、BGEE1では、それ以上の経験値を取得できないためです。


■「デュアルクラス」についての補足。
マルチクラス」は複数の組み合わせのクラスを同時に成長させていくものだけど、
デュアルクラス」はそれまでのクラスの成長を止めて転職して別のクラスを選択するものです。

同時に育つならマルチクラスの方が便利じゃないか!と思うかもしれないけど、
このゲームには経験値を取得できる上限があって、その上限まで得ると
それ以上は成長させられないことになります。

参考に英語マニュアルから抜粋。各クラスのレベルアップに必要な経験値表。(p.140)
BGEE 各クラスのレベルアップに必要な経験値表.jpg

シングルクラスでBGEE1だと、最大160,000程度を得られるので、ファイターであれば
Lv8(125,000)まで育てられます。メイジの場合だとLv9(135,000)が限界になります。
※次のレベルアップは250,000とかだから、160,000の上限に引っかかって上げられない。

マルチクラスだと例えば「ファイター/メイジ」だと、上限を160,000として、
両方のクラスに平等に経験値が入るので最大で80,000 / 80,000 となります。
これを元に計算すると「ファイターLv7(64,000)/メイジLv7(60,000)」までが限界になります。

マルチクラスにはこのような無駄とも言えるような、浮いた経験値が発生するので
キャラの成長を突き詰めていくと、デュアルクラスに行き着くことになります。

デュアルクラスは最初に書いた通り、元来のクラスの成長を止めて、他のクラスになります。

上記のイモエンの場合を例とすると、シーフLv7(40,000)まで育ててデュアルクラスにメイジを選択。
そしてメイジとして成長させて、前クラスのレベル(この場合はLv7)を超えた時に
初めて本当の意味でデュアルクラスとなります。

「シーフLv7(40,000)/メイジLv8(90,000)」となるので、上限の160,000に収まる範囲内です。

これがもしシーフLv8まで上げていたとすると、デュアルクラスとして活躍させるにはメイジLv9まで
上げる必要が出てくるので、その場合は「シーフLv8(70,000)/メイジLv9(135,000)」となり
経験値合計が「205,000」となって、BGEE1内の経験値上限を超えてしまいます。

つまりはデュアルクラスにした意味がなく、シーフの技能が発現しない
「ただのメイジ」ということになってしまいます。

また考え方としては160,000の上限枠をギリギリまで使うのが理想なのだけど
そこまでキャラクターを成長させるためには大冒険を経た後になるので
終盤のダンジョンやラスボス前では役に立たない可能性があります。
(シーフ7/メイジ7 と、もう少しなのに、肝心な高難易度ダンジョンで間に合わないなど)

デュアルクラスは余裕を持った計算で行く方が良いと思います。


■デュアルクラスのまとめ。
☆最初のクラスの成長を止めて、違うクラスのLv1として再スタートする。
☆HPなどは前のクラスのままなので、元ファイターだとHPが有利になる。
☆前のクラスのLvを追い越すと、前のクラスの技能が使えるようになる。
☆ファイター→ドルイドを例に挙げると、本来ドルイドが装備できない金属鎧が装備できたりする。
★デュアルクラスを選択できるのは人間だけである。
★マルチクラスで選択できる組み合わせしかデュアルクラスできない。
★デュアルクラスするためには、前のクラスの主要能力が15、選択する新しいクラスが17必要
★前のクラスを追い越せない経験値計算だとデュアルクラス自体が無駄になる。

※デュアルクラスの補足。
前のクラスの主要能力値とは、例えばシーフだとデクスタリティで、メイジだとインテリジェンスとなる。
シーフ→メイジの場合だと、DEXは15、INTは17必要ということになります。
イモエンの場合はこれを満たしているため、デュアルクラスでメイジを選択できます。

イモエンの他にはイービル系の女ファイター「シャルティール」だと、
ファイター→シーフが可能な能力値になっています。

自分で作った主人公キャラでデュアルクラスを使いたい時は、能力値にも注意してください。


デュアルクラスの簡単な活用方法としては、ファイターでSTR 18/51~以上、
WIS 17以上を作っておいてメイス++とスリング++あたりに武器熟練度を振る。

その後、少しだけファイターとしてレベルアップに励んで、タイミングをみてクレリックへ転職。
すると純クレリックだと攻撃回数が1回なのに、1.5回攻撃できて命中力も高いクレリックが誕生する。

このゲームはシーフとクレリックは必須なので、主人公がそのどちらかを担当すると
他のPTメンバー選びがひじょうに幅が広がります。

ファイター→シーフも強力で、低HPになりがちなシーフの補強になるし、
バックスタブも当てやすくなります。武器熟練度に++振っておくと良い感じ。
(武器の種類には注意)

主人公がシーフだと、イモエンを即メイジへデュアルクラスでメイジへと転向させられる。
(このゲームに登場するメイジはアクが強くて扱いにくい。即デュアルでも「弓が使えるメイジ」は有利)

主人公がクレリックだと、ジャヘイラと二人で回復を担当できるので、
PTの生存率が格段に高まる。クレリックという立ち位置のため、主人公が死亡しにくい。


今回はソードコースト内を色々と寄り道したので、マップが賑やかになってきました。
ベレゴストの東にある寺院は覚えておこう(蘇生用).jpg
ベレゴストの東側にある寺院の場所は覚えておいてください。
ソードコーストの中心にあるので、通いやすい場所にあります。
…主に蘇生用に(;´Д`A

ちなみに寺院には寄付を行うことで名声を上げられます
名声が上がると商品を安く買えるので有利になります。

■寄付額(BG2の日本語マニュアルから)■
名声20  -
↑名声19  -
↑名声18
↑名声17  5000
↑名声16  2500
↑名声15  2000
↑名声14  1500
↑名声13  1200
↑名声12  900
↑名声11  700
↑名声10  500
↑名声 9  400
↑名声 8  300
↑名声 7  200
↑名声 6  400
↑名声 5  500
↑名声 4  1000
↑名声 3  1000
↑名声 2  1200
↑名声 1  1500

名声は寄付以外では、特定のクエストで善いことを行うことでも上がります。
表を見ると分かるけど、高名声は寄付だけでは限界があります。

ただしイービル属性のキャラクターには、高い名声を嫌います。
(悪い事ができなくなりますしね)


では次、ナシュケル鉱山前にある、ナシュケルの街に行きます( ´∀`)y-~~


■「EEKeeper」について■
ゲームのセーブデータをいじるツールで、色々と都合良くできます( ´∀`)

英語なので、注意。まぁ、なんとなく触っていけば分かると思いますが。
DL元はこちら→http://forum.baldursgate.com/discussion/16497/ee-keeper-updated-to-v1-0-2
最初の導入だけ、フォルダ指定する必要があるけど、それからは
何となく触って覚えていってくだされ。

ただ、触れば触るほど、ゲームとしての楽しみが失われるので、ご利用は計画的に( p´∀`)p

てか私的には、経験値を増やして、そのクラスが
どんな感じに成長するのか確認するくらいにしか使ってないけど。

あとは武器熟練殿振り間違いのやり直しなどなど。
例、バスタードソードの熟練度が必要なのに、誰も使いこなせない→詰んだ
(これ、意外とあります汗)

他だと、人間なのにマルチクラスにしたり、Appearanceを触って
例えば「ファイター / メイジ」だとキャラのビジュアルが「ファイタータイプ」になるけど
「Mage Female Human」を選ぶとローブ姿になるなど。

ハーフエルフの外見はエルフと同じ外見になって、少し頼りないので
「ファイター / クレリック / メイジ」のハーフエルフ・アーリアの場合は、
「Fighter Female elf」→「Mage Female Human」こんな風に変えたりしています。

また、このツールを使って名前を日本語入力で保存すると、ゲーム中でも日本語の名前になります。
nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

鴫野

もう、過去の記事をイチイチ訂正するのもあれなので、コメント欄で。

どうも誤解していたようで、「スリープ」がかなりの相手に効きますな。
BGTとの混同があったのか、ちょっと恥ずかしいぜ( ´∀`)

強い敵という表現はあいまいだけど、どのモンスターが
ヒットダイスがいくらかという風に詳しく把握していないので
そういう書き方しか出来ていない感じです。

ベレゴストの民家に巣くったスパイダーや、ナシュケル鉱山にいたあたりの
スパイダーにはスリープが効きました。オーガにも効きますな。

…なんかこれ、めちゃくちゃ難易度が簡単にならないか?q(`∀´;q)
って、ちょっと心配になってきました。

メイジ的にはスリープ無双で基本OKだけど、やはりスリープが効かない
相手との遭遇時が一番、気を使うことは変わり無いけどね(;´Д`A

ゴーレム、ウーズ、スケルトンあたりがネックになるかなぁ。

by 鴫野 (2014-08-13 00:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。