So-net無料ブログ作成

同人ゲー 「姫様と警備兵」クリアーq('-'* [アレ系]

サークル名は逆流そふとです。

前作、一枚絵が一つもなく、すべてシルエットで登場人物とシーンを表現という
かまいたちの夜状態だったのが話題になった逆流そふとの第二弾になりますq('-'*

ちょっと凝った仕掛けが前作同様、よく考えられていて
この仕掛けにはプレイヤーはみんな「やられた!」と色々な意味で
叫ぶことになるんじゃないかという印象です(;´Д`)ハァハァ


■ここが良かった!■
☆シナリオに対する仕掛けが巧妙で、「え? どうなっちゃの?」という展開が多くドキドキしました。
☆政略結婚モノで、王子の活躍ぶりがなかなか良かったです。
☆主人公視点のゲームなので、姫様の本当の肝心な気持ちが読めない分、モヤモヤします。
☆作中で使用されている魔法の力は万能ではないが、よくこんな設定を考えたものだと感心しました。
☆姫様の声が清楚で淑やかな感じが出ていて、よくハマっていたと思いました。
☆とどめの「追い討ち」で追加ダメージ発生ですよ!(;´Д`)

■ここがイマイチ■
★一枚絵は抱き合っての胸押しつけ以外、不要だと感じた。
★特定の男優が活躍しすぎて、中盤以降、展開が飽き気味になった。
★なんらかのランダム要素は欲しかったかも。これは本物か偽物かなど。

さて、今作のキモは「主人公視点の巧妙さ」に尽きると思います。

主人公視点というと、待望のシーンの時に主人公がその場にいなければならないという
制約があるのだけど、このゲーム独自の魔法という設定を使って上手く補間できていた印象です。

で、その魔法が時には王国の危機を救ったり、主人公の未来をぐちゃぐちゃにしたりと
単なる覗き見ツールとしてではなく、魔法という設定だけでも物語をちゃんと
立たせているのが興味深いところです。

主人公視点ということで、当たり前のこととはいえ、他者の思考がシャットアウトされているので
他人が何を考えているか分からないわけで、愛する姫様がどう考えているのか、
メイドの女の子はどう思っているのかというのが見えないことになります。

普通のゲームだったら、主人公が不在のシーンで登場キャラが会話している時は
誰か一人の心理面の描写でもあるんだろうけど、それが無いために
プレイヤー側としては相手がどういう気持ちでいるのか想像するしかないのが良いです。

疑心暗鬼とはよくいうのだけど、ルートを進めて平和になったとしても
本当の気持ちが読めないので、全くモヤモヤ感が晴れないのが良いですね( p´∀`)q

常に湧きあがる不信感、平和すぎて、平穏すぎるのが
逆に何かを隠蔽しようとしているかのようで焦燥感が半端ないです(;´Д`)ハァハァ

前作の夜這いゲームの時も感じたのだけど、絵と文章を見たままだけでは読み取れない
その間にある 見えない感覚的なもの…人間の機微を描こうとしているのを感じて、
この作者はすごくセンスがいいなと思いましたv(`∀´v)

一方で、今作で活躍する男優についてなんだけど、極端に割り振りが偏っていて
そのために後半になってくると、ちょっと新鮮味がなくなるというか飽きてきました。

攻め自体は男優達は基本的な行為のみで、オーソドックスなのでプレイヤー側としても
受け入れやすいんだけど、このあたりはもう一工夫欲しかったですq(`∀´;q)
(路線的には姫様をエロく開発していく)

一枚絵も、最初の「抱き合っての胸押しつけ」はグッジョブv(`∀´v) の出来だったんだけど
それ以降は微妙っぽく感じて、もう少しシルエットを増やしてもいいんじゃないかと思った。
これはゲームの性質上、「近接の場面」が多いため、そういう風にしたんだろうけどさq(`∀´;q)

というかさ、一枚絵のカットインよりも、モザイクがポリゴンっぽいのが一番 気になります(;´Д`A
おじさん、これ最初に見たとき、茶色っぽいので排泄物かと思いましたよヽ(`Д´)ノ

シーン自体は姫様役の声の人が、清楚で淑やかな印象が上手に表現されていたので
なかなかそそりますね。この淑やかな姫様が自分以外との行為で
どのような声で啼くのか、どのような表情でハメ倒されるのかと思うだけで妄想が高まります( p´∀`)q

最後に特定のルートを進んだら選べるモードがあるんだけど、それが面白いことに
追い討ちになっていて、見事にトドメをさされた印象です(;´Д`)ハァハァ

この追加ダメージは面白い試みなんだけど、個人的には真っ当なルートも欲しかったかなと
ちょっと残念に感じてしまいました。(プレイ後の清涼剤になるしね)


■まとめ■
主人公視点というのが貫かれていて、主人公が見れない部分をプレイヤーが妄想できるように
上手くシナリオが組み立てられていて、プレイ中のモヤモヤ感が凄まじかったですv(`∀´v)

ヒロインの姫様も清楚な声と立ち振る舞いをしていて、そんな彼女が主人公以外の男達によって
変えられていく姿が良いですね( p´∀`)q この声の娘にイクイク言わせるのは快感です。

また、最後に謎解きの答え合わせがあって、それを知った時の主人公とプレイヤーの
「やられた!」感がまた凄くて、これは本当によく練られたシナリオだなと改めて感心しました。

一方で、前作では活躍していたシルエットの表現が今作は控えめになっていて
その代わりに投入された一枚絵のカットインがやや微妙に感じました。

塗りを鮮明にすると暗室での閨の様子が表現できないし、この辺りは難しいところですな。

姫様と警備兵

■おまけ■
姫様に卑語が無かった?のはちょっと残念でした。
(メイドはあった。)

口取りの表現は良かったです。
真上から見下ろして、丁寧に舌を使ってくれていて、
その表現が姫様の後頭部だけというカットイン絵はなかなか良かったです( p´∀`)q

男優の一人なんだけど、かなり粗野な男で、テレパシーで流れてくる心の声が
下品すぎて、逆にその表現におっきしてしまいましたq(`∀´;q)

こう、高貴な相手を前にして、興奮している雄そのものの心意気というか
そういう勢いって良いですな( p´∀`)q

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。