So-net無料ブログ作成

アレ系 「美少女万華鏡3 神が造りたもうた少女たち」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはomegastarです。

ざっくりと書きます〆('-'*

よく、値段の割りに~とかいう表現が出たりするのだけど、今作に関しては低価格なのに
絵やアニメが凄いだけでなく、哲学的なところも物語に盛り込まれていたのが良かったです。
すなわち人とロボットのあり方とかそういうところ。

絵とアニメと濃厚なアレ描写に、卑語の連呼という他に、これまでのシリーズでは
それほどコレだ!と思わなかった 物語自体が面白かったのも新しいです。

また物語の舞台となる場所も、完全にSF的な荒廃した未来だし、
そういう場面設定も相まってとても興味深かったです。

作中では色々なことが次々発生して、上手く感想としてまとめられないのだけど、
機械に育てられ、しかしその孤独から家族を欲し、昔から夢見ていたロボットを起動して
にぎやかな日常と、大地を再生させる研究を続け、近くの集落とも交流して
自らの置かれた環境との差を感じたり、荒廃した世界の原因となった悪魔の存在などなど…

万華鏡シリーズ特有の、世にも奇妙な物語というよりも、未来モノとして読めて楽しめました( p´∀`)q

もちろんシリーズ特有の恐怖感や焦燥感も味わえて、特に今作は博士やロボット二体に
感情移入していたので、物語の展開で苦境に立たされた時の胸のモヤモヤ感が半端無かったです。
それが感じられるくらい、丁寧に二人との交流を描かれていたということでもありますが。

エンディングはあっさり目だったけれど、引きずっても仕方が無いので、そういう終わり方かなと思いました。
向日葵は再生の象徴っぽいし、エンディングで持ってきたのは良い表現でしたね( p´∀`)q

それにしても…あの悲劇はやっぱり辛いですね。
どれだけ嫌われても、友達だったんだし。でも、リリーは…・゚・(ノД`)・゚・

その辺の苦さも乗り越えてのエンディングなので、読み物としては興味深いものとなりました。


アレに関しては口取り成分が多めで良かったです。
あと、卑語の連呼はいつもどおりで安心しました。

Wヒロインの一方のCVの人が、純愛ゲーム名義の名前だったため
もしかして修正入るのか!?って心配してたのでq(`∀´;q)

ちなみに金髪の方が珍宝派で、黒髪の方はおとなしい言い方でした。
…無修正卑語なのには変わりありませんが( ´∀`)

物語が面白くて、挿入はアニメのある絵があるし、口取り多めで、卑語無修正という
4コンボで大満足のゲームでした( p´∀`)q

個人的には万華鏡2が合わなかったので心配していたのだけど、3は満足できましたv(`∀´v)

美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-

美少女万華鏡 -神が造りたもうた少女たち-

  • 出版社/メーカー: ωstar
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。