So-net無料ブログ作成

アレ系 「花の野に咲くうたかたの」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはあっぷりけです。

まぁ、まずはOPムービーでも。


ひじょうに良くまとまっている物語という印象です。
ただ、それがまとまりすぎていて、あともう少し シナリオの「おかわり」が欲しいなとも思いました。

前作の「黄昏のシンセミア」級の出来を期待すると厳しいのだけど、
「見上げた空に落ちていく」くらいを想定していると ちょうどいいと思います。

一言でいうと、「ちょっと上品過ぎた」という感じでしょうか。
「魔妹」という造語が生まれるような日常ギャグパートが無かったのは少し残念でした。

ただし、プレイ前の第一印象では、いずれくるであろう「別れ」がテーマだと思っていて、
もっと悲しい物語かなと思っていたのだけど、そういう方向性で無かったのは良かったです。

今作のテーマは「記憶」です。


■ここが良かった■
☆日常から一歩外れると 途端にオカルト的な要素が顕現してくるのが面白いです。
☆主人公と桜花のありかたの対比が面白いですね( p´∀`)q
☆主人公の目の秘密が判明した時は驚きました。
☆各ヒロインルートで、真相への断片が散りばめられていて、それらが集約する展開が熱いですね。
☆桜花ルートでないと真相には辿り着けないけれど、辿り着けなくても特に問題のない流れは良いです。
☆フローチャートシステムはあるけれど、セーブ箇所が多めに用意されているのは好感が持てます。
☆相変わらずBGMが良くて、聴き惚れます( ´∀`) 

■ここがイマイチ■
★シンセミア級のシナリオ規模、ギャグ風味を期待すると、肩透かしをくらいそうです。


昔の事故により、他人の「色」が見えるようになった主人公が、学園の仲間たちと一緒に
周囲で発生するちょっとした事件なんかを解決していきながら、交流を深めるというゲームです。

そのちょっとした事件というのが色々とあって、それらが繋がっていたり繋がっていなかったりと
プレイヤーを「考えさせる」内容になっていて、事件の謎解きで
プレイヤーと主人公が桜花のアドバイスを貰いながら、色々と考えるのが面白いです。

この辺、桜花のアドバイスのさじ加減が絶妙で、読みやすいテキストと合わせて
物語への没入を深めてくれます( p´∀`)q

主人公の思考と桜花のアドバイスが合わさって、プレイヤーを答えに導いたり
間違えたりするように思考を誘導したりと、読み物としてひじょうに楽しませてもらいました。

事件と一口にいっても、現実的なものからオカルト的なものまで色々あって面白いです( p´∀`)p

登場キャラそれぞれで事件の反応は異なるし、関わる度合いで
自然なヒロインルート選択になっているのも良かったです。

例えば「この子が可愛いから この選択肢を選ぼう」というようなものではなくて、
この事件が気になるから調査を進めるのか、それとも込み入った事情っぽいし諦めるなど
主人公の興味次第で、物語とヒロインが「付いてくる」という感触です。

だからプレイ中、分岐があっても、どのヒロインを攻略しているのか というのを
気にせずにいられたので、物語に集中できました。

それにしても主人公と自称幽霊の桜花の関係が面白いですね( p´∀`)q

自称幽霊の超常現象である桜花が頭脳を使って事件のアドバイスを出して、
人間である主人公が超常の力を使って事件を解決するという組み合わせが新しいですv(`∀´v)

主人公とはあり方も価値観も違う存在が双方に良い刺激を与え合っていて
特に桜花とは会話が面白いというよりも、対話が楽しいです。

一方で、物語の中心舞台となる学園の中では幼馴染二人や友人、先輩、後輩がそれぞれに
悩みごとがあったり、調べたいことがあったりと、事件へのフラグがバリバリです( ´∀`)

事件の内容としては、やっぱりオカルト絡みの内容のものが面白かったです。
特に雫ルートはガチな現象に遭遇してしてしまって、久々にテキストを読んでいて
「死んでもおかしくない」くらいの危機に陥りました。

まぁ、ガチな現象とはいうけれど、それよりももっとイレギュラーな超常現象が
身近にいるわけだけどさ( ´∀`)

各ヒロインルートで物語の真相の断片が散りばめられていて、最終ルートで
それらが一気に集約していく流れも良かったです。

黄昏のシンセミアの時は、答えを聞いても、いまひとつ理解出来ない点があったのだけど
今作においては真相が分かると すべて納得できて、プレイ後の後味が良くスッキリしました。

すべてはそれから始まり、それによって主人公は力を得て、桜花という存在と出会い、
事件やイベントで話に広がりは出てくるけれど、根本はひとつで最後にまとまるのが良いです。

でも別に真相に辿り着けなくても、それはそれで幸せになれるという話の作りにもなっているので
メインヒロイン総取りというような、他ルート排除みたいな流れが無かったのも良かったです。

後輩の涼子ルートなんてそれの最たるもので、平穏を選べば、なんと主人公は
平穏で平凡な人生を歩めるんだろうと、逆にこの手のゲームでは珍しいくらい普通の展開になって
逆に新しいと思ってしまいましたよ( p´∀`)q

ちなみに今作でヒロインたちに見惚れたシーンは、桜花と麗奈ルートのキスシーンで、
二人とのシーンは、それはそれは印象的なシーンでした( p´∀`)

内容的には実際にプレイしてもらって確かめてもらえると、話の運びの巧みさにビックリすると思います。

でも、綺麗にまとまっている分、ちょっと物足りなさも感じてしまって、
あともう少し 事件やらトラブルが発生して、主人公や桜花、学園の仲間たちと
事件解決に奔走するシーンが見たかったのも本音です。

主人公と桜花が文字通り身体を重ねたシーンでは、伝奇バトル物にでもなるかと思ったぜ( ´∀`)p

そのシーンでの描写は戦闘に利用することしか描かれていないのだけど、それも伏線になっていて
それをすることで どういうことが出来るのかも、真相が分かると納得できるのが面白いですね。

最後に、BGMは相変わらずのクォリティーで大満足です( p´∀`)q
音の一つ一つが凄く綺麗なんですよね。

変な言い方だけど、ゲームの曲じゃないみたい。
それはBGMの枠内から少し外れて、印象が強すぎて どうなのかっていう点もあるけれどね( ´∀`)
アレシーンの曲がムーディーすぎて、ちょっと笑っちゃいました。

5人のヒロインのテーマ曲である、「撫子」、「丁子」、「砥粉」、「秘」、「紅桔梗」。
桜花荘の5曲、「天色」、「遊部活」、「今在るがままに」などなど雰囲気があって良いですね( p´∀`)q

主題歌の「華暦」(冒頭のOPデモの曲です)もキリっとしていて良いです。


■まとめ■
綺麗にまとまっている物語で、プレイ後のスッキリ感が良かったです( p´∀`)q
伏線が随所にあって、それらがしっかりと回収されているのが良いですね。

作中でメインヒロインである幽霊との対話も、超常現象相手に理屈で理解しようとするので
読んでいて「不思議」感がなく、逆にリアルな存在として感じました。

だから最終ルートで桜花がそういうことになった時に、逆に「そんなことが起こるわけがない!」と
ファンタジーな物語なのに、そのファンタジーをプレイヤー側の私が否定してしまうほど
リアルで緻密に描かれているのが面白かったです。

ちなみにこの場合のリアルとは、現実的というよりも「納得できる理由付け」という意味あいです。

今作のプレイ後の今、贅沢をいうとすれば、もう少しボリュームが欲しかったくらいでしょうか。
桜花の名探偵ぶりや仲間たちと一緒に、日常にひそむオカルト要素に挑む展開が
本当に面白くて、もっと!もっと!活躍を見てみたかったです。

そんな桜花の名推理を聞きながら、主人公と一緒に
色々考えたりするのが面白いので ぜひ、未プレイの人はプレイしてみてくださいv(`∀´v)

花の野に咲くうたかたの プレミアム初回限定版

花の野に咲くうたかたの プレミアム初回限定版

  • 出版社/メーカー: あっぷりけ
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。