So-net無料ブログ作成

アレ系 「恥辱の制服」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはビショップです。

今作は人妻を除き、ヒロインたちが何らかの制服を着ているのが特徴で、
そんな彼女たちを盗撮やらで脅迫のネタを仕入れて、制服ヒロインを征服して行くという物語。

メインとなるようなストーリー性はいつもどおり無いのだけど、ヒロイン攻略は
ちゃんと段階を踏んで一歩ずつ進んでいくのが良かったです。

征服メーターなるものが表示されるので、視覚的にこのくらいまで進行中というのが一目瞭然で
あとどのくらいポイントを溜めれば次のシーンが見れるか判断つくのが良いですね。

アレ的にはいつもどおり卑語は無修正なのだけど、いつもより控えめなような気はしました。
これは上で段階を踏んでいると書いたとおり、征服度が50%を超えないと
ヒロインが絶頂しないという制限があるから少なく感じたのかも。
(まだ堕ちていないので理性が、卑語や絶頂を我慢する)

おっと…前書きで色々と書いてしまうとネタがなくなるので、
いつものように書いていきますか〆('-'*

■ここが良かった■
☆段階を踏んでいるので、初回→調教→絶頂→隷属化という変化が分かりやすくて良かった。
☆絶頂させてからのよがりっぷりが絶品で、これまで抑えられていた卑語が出るのが良かった。
☆スチュワーデスへの立場逆転の流れが良かったです。ラストはやりすぎ感あったけど汗
☆青髪ナースの珍宝連呼が新鮮で、特に初絶頂シーンが良かったですv(`∀´v)
☆人妻の中の人は やはり超安定だなと改めて、しみじみ感じました。

■ここがイマイチ■
★なんで中に出しただけでお腹が膨れるかが意味不明のシステムだった。
★メインヒロインはエロい設定のはずなのに、逆に没個性になっていたのが気になった。
★口取りシーンの尺が短くて、しかもほとんど会話交じりだったので全く使えなかった。
★脱ぎ脱ぎシステムが退化した印象。チラ見せ脱ぎとかがある方が良かった。


今作はとにかく段階を踏んで、征服度が上昇していって、それに合わせて
シーンが過激になっていくのが良かったですv(`∀´v)

ポイントとなるシーンはやはり初回と、初絶頂を迎える中盤、そして最後の
身も心までも主人公のものになるのを期待する総仕上げのラストですねd('-'*

個人的には初回の嫌がっているシーンと、初絶頂のシーンがどのキャラも好きです( p´∀`)q

特に嫌がりつつも 入れられた時に発した人妻の色気のある「イヤぁぁぁあああぁぁぁっ!」の
発声は素晴らしいですね(;´Д`)ハァハァ

「イヤぁぁぁ」はかすれた高い声で、「あああぁぁぁ」は喉を震わせながら
息を抜いていくような発声の仕方で、入り口から中に進入した深度を声だけで
表現しているという国宝級のセリフ回しですね( p´∀`)p

他のヒロインたちもナースと学生以外は経験豊富な人たちだけど、
やっぱり人妻の中の人は一味違いましたね。
ノってるというか、そういうのが感じられました。

一番心配していた青髪ナースの人は、サンプルボイスと同じく日常でもかなりギリギリな
感じだったけど、アレシーンで絶頂後に卑語を連呼するあたりから良くなってきました。

この癖のある声で珍宝の連呼は股間に響きますね(;´Д`)ハァハァ
中盤の初絶頂シーンは、なかなかのものでしたよq(`∀´;q)

まぁそれ以外は、セリフを一字一字しっかり読むという棒読みっぷりが目立ちましたが(;´Д`A

他ヒロインは可もなく不可もなくという印象です。

スチュワーデスに対しては、これまでの関係性が逆転するシナリオがよかったですね。
ただ、Sは打たれ弱いとはいえ、あの程度で逆転するのか?って言われると疑問だけど。
(芹華に関しては脱糞くらいじゃないと、とても堕ちそうにない気がしました)

メインヒロインはいつもどおり、空気とまではいかないけれど、地味な印象でした。

エロい設定なのに、シーンを見るとエロさを感じないという展開(;´Д`A

普段からエロ下着とか道具を使っているので、征服度による変化が分かりにくいのが原因かな。
こう、主人公に責められていくうちに開花していくというのが弱かった印象。

さてアレシーンについてはどのキャラもそれなりに安定して良かったのだけど、
その中でどうしても気になった点は、「中に出すとお腹が膨れる」というシステムです。

これ、「おっぱいハート」のような二段階勃起とかの方が良いと思うのだけど…。
私はお腹が大きくなる絵図は苦手なので、下腹が膨れる表現は気持ち悪かったです(;´Д`)

あと私が好きな属性といえば口取りなのだけど、全キャラとも咥えた一枚絵のシーンがあるのに
尺が短く、しかも ちゅぱ音の前に会話が混じっているのが多くあって使えませんでした。

芹華の強制口突っ込みは、終わった後の吐き出し方が リアルすぎて引いたりとかもありました。


■まとめ■
アレシーンが段階を踏んで、征服度に見合った反応をヒロインがするので
どのくらいまで快楽に抗っているか、堕ちているかが分かりやすくて良かったです。

特に全キャラとも初絶頂のシーンは、これまでの抗っていたシーンから一気に
いつものビショップらしさが出るので、その変化っぷりが楽しくて気にいっています( p´∀`)q

近作と比べるとマイルドでヌルい雰囲気なので、この手のジャンルが苦手な人でも
わりと大丈夫そうな印象を感じています。(唯一、扱いの酷い芹華に関しては、
学生時代の恨みもあるので、これはこれでしょうがないかなという解釈です)

恥辱の制服

恥辱の制服

  • 出版社/メーカー: BISHOP
  • メディア: DVD-ROM



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。