So-net無料ブログ作成

アレ系 「時を紡ぐ約束」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはあっぷりけです。


さくっと行きます〆('-'*

今作はあっぷりけの歴代シリーズのような3者コンビ(絵、音楽、シナリオ)じゃなかったので
購入するつもりはなかったのだけど、体験版をプレイしてみたら思いのほか
雰囲気が良かったので、急遽購入することになりました。

ゆっくりと流れる時間、主人公を受け入れてくれる街や仲間、仕事と学校の両立などなど
物語の取っ掛かり部分に丁寧に尺を割いてゲームへの導入はバッチリでした。

これにはBGM音楽の要素もひじょうに大きくて、ゲームのBGMなのに
まるでCD音源のような綺麗な音と、それに負けない風情のある景色、演出があって良かったです。

しかし今現在、ゲームをクリア後の率直な印象としては、
「テキスト部分で描き方が足りない」というのが強く感じて、残念な気持ちになりました。

体験版を最後までプレイしていないので、どのあたりまでが体験版範囲だったかは分からないのだけど
共通シナリオ部分と、以後の個別ルートのテキスト差が大きく出ていました。
こう、共通と個別で、全く別人が書いているかのような印象を強く感じました。

友人たちと仲良くなって、セリフ回しがノってくると、会話セリフばかりで前のめり気味になるし
序盤のしっかりと落ち着いた、周囲に目を配っているような空気感はどこに行った?という感じでした。

そういうこともあって、メインとなるストーリー自体はとても良いとは思うのだけど、描写不足で、
書き込みが足りないせいで、物語の印象が浅くなってしまい 安っぽく見えてしまいました。

ただのキャラゲーというようなジャンルであれば これで十分だったかもしれないけれど
大きな感動を狙ったような今作のようなものだと、もう少し頑張って欲しかったです。

ということで、4人のヒロイン中、身辺問題が無い、完全無欠の心春ルートは良かったです( p´∀`)q

心春はあっぷりけの歴代シリーズの中でも類を見ないほどの可愛さで、プレイ中はニヤけ顔が
止まりませんでした。立ち絵の表情変化も豊富で良キャラでした。

心春の場合は、シナリオ的に特に問題が起きないし、将来的に起きたとしても
完全無欠の彼女がすべてまとめてくれるような期待感がありますね( p´∀`)q

だからこそ、個別ルートで一番 話が短いというのが(;´Д`)ハァハァ

ちなみに私のプレイ順は、心春 → 穂乃香 → 唯依 → 美咲 です。
プレイ順はこれがベストだと考えています。

一方で、一番ビックリしたのが先輩の穂乃香ルートで、これまた歴代のあっぷりけのゲームの中でも
類を見ないほどのバイオレンスな展開にハラハラしました(;´Д`)ハァハァ

デビュー作の「見上げた空におちていく」も主人公はかなり危険な目に遭っていたのだけど
穂乃香ルートでは抗争に巻き込まれて、戦闘行為になっていたのが印象的でした。

てか、ここ、どこの修羅の国よ?ってq(`∀´;q)

穂乃香ルートではデビューでハラハラしたり、抗争でハラハラしたりで、落ち着かなかったです。
きっとエンディング後も怪我をするんだなと思ってしまいました。

あと穂乃香ルートでは、主人公の魔法が活躍していて良かったです。
魔法へ入る演出がとってもカッコいいのが印象的でした。

唯依ルートは主人公の過去との関係が取り上げられ、物語の真相というかトゥルーエンドに向けての
布石を整えていったという印象ですね。

主人公の過去についても、穂乃香や唯依ルートでは主人公のトラウマが発現したりするし。
一方で、心春ルートの場合はそういうことが起きないというのがなんともはやq(`∀´;q)
(そういう意味でも心春は完全無欠という表現にしてあります。主人公を悩まさない。)

で、ここまでなら良かったのだけど、最後のトゥルー的な美咲ルートの展開が問題で、
圧倒的に描写不足を連発してて、ウンザリしました。

あまりにも話がポンポン進むというか、何もかもが上手く行き過ぎるというか、
描写が足りないせいで、すごく浅く感じてしまいました。

美咲ルートクリア後に、「──という夢を見たのさ」って言われたとしたら
信じてしまいそうなくらい現実感が無くて、物語の骨子自体は悪くないのに本当にもったいないと思いました。


■まとめ■
物語の骨子、構成自体は悪くない出来だったのに、テキストによる描写不足が足を引っ張った印象です。
魅力的なBGM、綺麗な背景、演出などなど、テキスト以外はいつものあっぷりけクォリティでした。

とはいえ、いつものライターの人だと、テキスト描写や狙って計算された展開などは安心なのだけど、
心春のような可愛いキャラは出てこないかもしれないし その辺は難しいところですねq(`∀´;q)

最後に、記事を読んでいて色々と悪い風に聞こえたかもしれないけれど、
話自体は悪くないし、雰囲気もしっかりしているのでゲームは普通に楽しめました。

ただ、もう少し上も目指せたのに…という思いがどうしても残ってしまいますね。

時を紡ぐ約束 プレミアム初回限定版

時を紡ぐ約束 プレミアム初回限定版

  • 出版社/メーカー: あっぷりけ
  • メディア: DVD-ROM


■おまけ■
今作は印象に残るBGMがとても多かったですv(`∀´v)
ゲームの雰囲気作りに一躍かっているというか、大きく底上げしていた印象です。

特に好きなのが、学校からの帰り道などで流れる「♪心解き放たれる時」という曲で、
夕暮れ時のちょっと哀愁っぽいイメージがとてもよく合っていました。

BGM単体で聴くと、大仰な印象も感じるのだけど、実際にこのBGMが流れながら
会話が続くと、すごく良い雰囲気になるんですよね( ´∀`)q

夕方向けの曲としては「♪夕日に染まる湯煙」も風情があって良いですねv(`∀´v)

ゲームのBGMなのに、まるでゲームのBGMじゃないみたいな感じで、
自分でも何を言っているのかよく分からないのだけど、聴き減りがしないBGMですね。

バックグラウンドミュージックと言わず、普通に聴いていられる音楽です。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。