So-net無料ブログ作成

アレ系 「DearestBlue」クリアーq('-'* [アレ系]

メーカーはLiLiMです。
Dearest Blue

LiLimのゲームは、ガッカリな内容だった「Wedding Blue」以来になるのだけど
今作のDearestBlue(ディアレストブルー)はとても良かったですv(`∀´v)

ゲームへの参加を促すためのメッセンジャーとしてやってきた元ゲストの
青年の言ったとおり、「信じられるのは自分だけ」という助言が本当にその通りでしたね。

今作のハッピーエンド?を見た後だと、一つでも足を踏み間違えれば
彼と同じ道を辿っていたのかもしれないという恐れを感じました。

本編中でも信じられるのは自分だけということで、ゲームの参加者を疑うことはもちろん
ヒロインである彼女の言動、行動すらも時には疑って、疑心暗鬼にもなりつつも
さまざまな選択肢をかいくぐり、見事にやってのけたという確かな達成感がありました!

未プレイの人は、是非、攻略情報なんかには頼らずに、ハッピーエンドを目指して
思考をめぐらせて、その状況状況で最善の選択をしていくと没入感を味わえて良いです。

まさか良かれと思って選んだ選択肢がこんな結末に!!! なんてのを味わえる良いゲームです。


■ここが良かった!■
☆単に生贄としてヤラれるだけのヒロインではなく、主人公から何かを感じて考えようとするのが良かった。
☆登場人物それぞれに思惑があって、キャラが立っているのが良かった。
☆まさしく「ゲーム」であり、そこに世間一般のモラルや倫理観が存在しないのが良かった。
☆なかなか主人公へ股を開かない、開いても決定的なキーワードを言わないヒロインにヤキモキさせられた。
☆エンディング直前のシーンでの「落とし穴」は不意打ちを喰らった感じで呆然としてしまいました。

■ここがイマイチ■
★シーンのシチュなどは問題がないが、若干 絵の崩れは気になった。


さて今作は体験版をプレイせずに、ゲームのコンセプトと原画に触発されて手に取ったのだけど
想像以上の没入感を味わえて、ゲームをプレイ中は焦燥感に駆られたり
分かってくれないヒロインにヤキモキしたりと、気が気でいられない状態になりました(;´Д`)ハァハァハァ

もちろん分かってくれないのは当然で、主人公は「ゲーム」のルールとして
それをヒロインに知られてはならない状態で、ヒロインの処女を、合意の上で、
挿入して欲しいと言わせた状態で、処女を散らす というのがゲームの勝利条件になっています。

周りのライバルプレイヤー達は、権力や取り巻きを使って、または手駒として使われている事すら
分からないままゲームに参加させられて、ヒロインをあの手この手で落としに掛かろうとしているのが良いです。

「ゲーム」特有の「ツーショット」というルールも焦燥感を駆り立ててくれて、
制限時間の1時間の間、一切なにも手出しできないという展開が燃えますv(`∀´v)

もちろんツーショットが発動しているということはヒロインが迫られているわけだけど、
ヒロインの身を守る事だけを考えればルールを無視すればいいけど、それをすると
主人公はルール違反の報復を受けて、結局はヒロインを守れなくなるので我慢するのがよいです。

でもそこで大人しくしているだけでないのが今作の主人公の良いところで、
ルール違反スレスレの頭脳プレイを使って意図的でない妨害をしたりなど面白かったです。

そしてヒロインは単にヤラれるために用意されたようなアホは子ではなく、ちゃんと自分の意思を持っていて
主人公の言動やただならぬ様子に自分なりに探りを入れたり、何かを感じ取ろうとしたり
ヒロイン自身も「何かが自分の周りで起こっている」ことを認識しながら、渦中に巻き込まれていく
怒涛の展開がとても良かったですv(`∀´v)

とはいえ、いくらしっかりしていて意思が強いヒロインとはいえ、ライバルプレイヤーからすれば
やはり小娘なので、密室で脅しを掛けられたり、これまでそういう扱いをされたことのない
お嬢様な生活をしていた身分からは想像もできない粗雑な扱いを受けて、怯んで
流されそうになったりと、歳相応の反応もするところが良かったです。

隙が多すぎるのも困り者だけど、鉄壁すぎるのもゲームが成り立たなくなるので
その場面ごとに、ライバルプレイヤーの傾向によって圧力の掛け方に違いがあり
それぞれ反応が違うのが良かったです。

また選択肢によって、しっかりとヒロインを救う事もできたのも良かったです。
主人公のすべてを投げ出さないといけないくらいの重いものだけど
主人公はちゃんと意識を強く持って守っていく姿に好感が持てました。

そんな主人公がすべてを賭けて守ろうとするヒロインだけど、友達以上恋人未満的な
一番微妙な関係性の中で、ゲームの勝者となるためにヒロインに対して股を開かせるという
ド直球な要求をしなければならないのが物語の妙となっていて、親しいゆえに
その距離感がなかなか縮まらない展開に、何度もヤキモキさせられました。

もうね、お願いだから、「言って」よって何度も思いましたよ(;´Д`)ハァハァ

相手の合意の上で、「セクロスしてください」的な言質を録音アプリで録って
その上で初めてを散らす必要があるので、いざ そこまで辿り着いたときには達成感がありました。

ようやく! ようやく!! ようやくヒロインと結ばれる!
これで勝者となって、ヒロインを守れた!!

…と思った時からの「落とし穴」も完備されてて、その不意打ち感には正直なところ
達成感が急激に萎んでいって、リアルでゲーム画面を見ながら呆然としてしまいました(;´Д`)ハァハァ

なんか私、このゲームをめっちゃ楽しんでるなq(`∀´;q)

ゲーム中に気になった事といえば、一番の特徴である絵です。
時々崩れているというか、絵が安定していないのが気になりました。

弱々ひょっとこ っぽい口取り絵は毎回のように差分であるのだけど、とってつけたような
口線を引っ張っただけで、なんだか適当な印象を受けました。


■まとめ■
実はまだ、もう1人のサブヒロインである乃亜の回想シーンが全部埋まっていないのだけど
本編のメインヒロイン一本だけで十二分に満足できる展開で良かったですv(`∀´v)

さまざまな策略や仕掛けから選択肢を駆使してヒロインを守りきり、時には鋭く肉体的に、
時には明晰な頭脳をもって嘘を見破ったりと出来る主人公の姿もカッコよくて良かったです。

ヒロインもただ単に生贄として、シーン回収のためだけに登場するのではなくて
ちゃんと自分でものを考えて、主人公の意思を読み取ったり 何かを感じ取ったりしながら
悪意に対して立ち向かって行こうという自立したヒロイン像が最近のゲームでは珍しくて好感が持てました。

もちろんそんなヒロインを、それを上回る暴力や脅迫で
合意を無理強いさせたりするのが最高なんですが( ´∀`)

Dearest Blue

Dearest Blue

  • 出版社/メーカー: LiLiM チーム DARKNESS
  • メディア: DVD-ROM


■一番、興奮したシーン■
実は私がプレイ中に一番、興奮したシーンは「水着のグラビア撮影」ですv(`∀´v)

ネタバレしてしまうとポロりもないのだけど、撮影現場の周囲の大人全員がグルになって
ヒロインに胸だしを要求して、騙されそうになったり、ヒロインが芸能界としてやっていく上で葛藤したり、
下種な目で見られて憤慨しつつ、でも目は涙目になったりと色々な心情が見て取れて
ひじょうに興奮しましたv(`∀´v)

やっぱり煽りとか、焦らしって大切だなと思いました。

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。