So-net無料ブログ作成

同人ゲーム 「ネノトリ」をクリアーv(`∀´v) [アレ系]

(記事を再構築しました)

逆流ソフトさんの「ネノトリ」が発売されましたねv(`∀´v)
ネノトリ

サークルのブログにあるとおり、オムニバス形式の寝取られ物語で、
初期版には「昔話編」と「望郷編」が収録されています。

もう一つは追加アップデートということですが、今のところ詳しい日時は指定されていません。
これは予定が遅れると荒れる原因になるからでしょうな(;´Д`A


さて、順番的には昔話編→望郷編という順番でプレイしたのだけど、
私的には昔話編の出来が、あらゆる意味で神掛かっていたといえますv(`∀´v)

昔話編は「Tの恩返し」というタイトルがあって、昔話の鶴の恩返しを基本として
そこに"ネノトリ"要素を加えて出来たものです。

ネノトリは不朽の名作「火の鳥」をパロったものでしょう( ´∀`)
物語が進むにつれて、意思疎通はできるのに全く異なる価値観を持つ超生命体的な
思考が明らかになって、主人公達を苦しめます。

恩返しはともかくとして、この「T」というのが本当に曲者で、こんなに一緒に心配して可愛がっていたのに
「~に手を噛まれる」的な流れで、話の作りが絶妙で、アレうんぬんを置いといて
物語単体としてもひじょうに興味深く、面白い内容でした。

これは是非に実際にプレイして体験してもらいたいですね。
おそらく誰もがギョギョっとビックリすること間違い無しです。
これ作った人、本当にセンスがありますねv(`∀´v)

そして今作の一番の特徴が、障子に映る影絵を使ったアニメーションです。
体験版でもその挙動は確認してはいたけれど、本当に完璧なアニメーションです。

まさかこんなにヌルヌルと動くとは思ってもいませんでしたよ(;´Д`)ハァハァ


障子越しに映る巨根、顔を前後させて ちゅぱ音を立てて口取りしている愛しい妻。
絶頂シーンでは小刻みにビクンビクンと動いてるところが憎いです! もうね最高ですv(`∀´v)

昔話編は普段はRPGツクールのチップ絵を、アニメーションシーンでは影絵を主体としたアニメーション。
主人公が見えない場所の補完シーンでは身体の線がよく分かるシルエットスタイルという構成です。

ツクールのチップ絵を見てもそうだし、障子に映る影、シルエットだけを見ても
このヒロインが絶世の美女というのが伝わってくるのが素晴らしいですv(`∀´v)
今作は録音状況が良くて、すごく清楚で明瞭なCVになっているのも良いです。

なんでこんなに隠しているのに、ヒロインの顔すら描かれていないのに興奮してしまうのでしょうかね。
いやそれは、まぁ、「夜這いゲーム」の時から分かっていた事だけどね。

なんと今回、私は、完全に障子を布団のカーテンで覆い隠したシーンで暴発してしまいましたよ(;´Д`A

もう、そこだけ抜き出すと、音声作品じゃね? と思うかもしれないけれど
ここにも作者の見事な構成が発揮されていたからこそのですよq(`∀´;q)

それまでは障子越しに影のシルエットで何をやっていたかが分かっていたのに、
慣れてきたところで完全にシャットアウトして声だけしか聞こえないという
半分見えていたところを全部隠すというシチュエーションです。

そうです、これはプレイヤーの妄想力を試されているのです!!

何をやっているかは詳しく分からないのだけど、こぼれる声から何かをやっているのは確かなので
それを想像するだけで体中に電気が奔りましたね(*´Д`)ハァハァ

もちろん、そのシーンの補完もあって、身体の相性が良いこともあって
イキまくっている妻を見ることが出来て大満足でした。

あとシナリオ上で罪を償う期間というのが設けられていて、その設定がまた とんでもなく秀逸でした。

この発想は本当に凄い。わずかに希望を持たせておくことで、主人公に対する救済やら
プレイヤー側の心を揺さぶっておいてからの十字架あの演出ですよ!

もう、私、褒めすぎだけどさ、ここでこの人、天才だと思っちゃいましたよv(`∀´v)
こういうギミックを入れられるのは現実社会に近い現代編では難しいけれど
昔話編なら すんなり受け入れられたのも大きいですね。


一方で「望郷編」はというと、私にはイマイチでした。

なんというか戦争で引き裂かれる男女の仲を描いたものなんだけど、
戦争という現実を突きつけられて、アレどころではなくなってしまい
モヤモヤがたまり胸の奥が重くなってしまいましたよq(`∀´;q)

フィクションなのに何を言ってるの? と思われるかもしれないけれど、
実際には それに近い話があったかもしれない…いやたぶんあったと思うような
理不尽さを感じてしまい、正直、望郷編ではウツっぽくて起っきしませんでしたよ(;´Д`A

でも、真相を知った時の主人公の何ともいえない気持ちは、ひじょうに上手に表現されていました。
こう、やり切れなさや、今更蒸し返せないところまで来てしまったところ などなど。

あとアレ自体についても、完全にシルエットだったので、
昔話編の身体のラインが分かるシルエットとは異なったので興奮度もイマイチでした。

まぁでも、アレが盛り上がらない一番の要素は、主人公もプレイヤー側も何となくだけど、
もうすでに「どうしようもない」という現実を感じていて、主人公は去るしかないという
選択しかないところでしょうか。

望郷編はちょっと私の趣味とは違ったのでイマイチでした。
私にとっては「昔話編」だけで十分でしたv(`∀´v)

いやはや、久々にハッスルしちゃいましたよ( ´∀`)q

この前プレイした、商業ゲームの「壁の向こうの妻の嬌声2」はエロかったけれど、
今作のようにプレイヤーの私が「喉がカラカラになって何度も水を飲む」ということは無かったしね。

まぁ「寝取られ」と「スワッピング」では焦燥感の違いはあるので、同じラインでは比べられないけれど
私は「不本意」属性を持つので今作の昔話編はド・ストライクな展開で満足しています。

ちなみに直近で、喉がカラカラになるほど渇いたのは「ナナハよ。」以来です( ´∀`)

nice!(0)  コメント(3) 

nice! 0

コメント 3

鴫野

十字架の演出は本当に上手いね!

背負う十字架がまさか重くなる事もあるとは(;´Д`)ハァハァハァ


やっぱりこの人、話の作り方のセンスありますわ( ´∀`)

by 鴫野 (2016-09-18 21:21) 

鴫野

昔話編をクリアーv(`∀´v)

最後は火の鳥をもじった、ネノトリが真相とか語ってくれます。
その真相に直面した時の無常観というか、そういうのが
本家の火の鳥に通じる何かを感じましたねv(`∀´v)

こう、意思疎通はできるけれど、全く別の価値観を持っているというか
まるで宇宙人的な印象を強烈に受けました。

結末が、不幸になったのは主人公だけというのもまた(;´Д`A

それにしても「Tの恩返し」ですか。
本当に絶妙なタイトルですねv(`∀´v)

私のウィークポイントがNTRよりも、もっと広い部類の「不本意系」を
基本としているところがとても良かった。

そしてそこからの妻の裏切り、身体で堕とされるという
黄金パターンが見事に炸裂していました。

今日はもう、疲れきってプレイできないけれど、
望郷編も交換条件なんかを見せて、主人公がつらい思いをするんでしょうな。

by 鴫野 (2016-09-18 22:05) 

鴫野

「望郷編」を始めました。

なんかアレが楽しみというよりも、戦争という現実が
心をモヤモヤさせますね(;´Д`)

この物語がフィクションだとはいえ、なんだか苦しい気持ちになります。

by 鴫野 (2016-09-20 02:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。