So-net無料ブログ作成

アレ系 「神待ちサナちゃん」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはフリルです。

いやはや大変良かったです( p´∀`)q
実はまだ回想埋まっていないけれど、サナちゃんルートだけで満足しています。

フリルの低価格路線はヒットが続いているように感じますね。
この前の「円交2」や「ヤリサー」は微妙だったけれど、これはディレクターの趣向の差?でしょうかね(;´Д`A

物語上で盛り上げるところと、プレイヤーが望むエロ要素をきちっと押さえたところが好感です。
いつも後ろの穴も盛り込まれるのはディレクターの指示でしょうかね。

こう、出すヒロインは必ず、全穴制覇みたいな( ´∀`)

若干、いい話の後なのに、そこで目隠しでする? って場面もあってアンバランスなところもあったけれど
満足しています。アレゲーはやっぱりいいね。わくわくして、生きている充実感を感じられますv(`∀´v)


さて、物語としては行き場の無い少女達を宿泊させる「神」としてコミュニケーションツールを使って
やり取りして若い身体を喰っていた主人公が1人の少女と出会うことから動き始めます。

大人の男を前にしての警戒感とか、とても雰囲気が出ていて良かったです。
脅えていながら行き場のない状況で条件を飲まされて、奉仕する姿にはゾクゾクしましたよ( p´∀`)q

そこに至るまでの会話のやり取りも、ゲームの特徴に挙げていた「E-mote」システムにより
感情移入が高まります。過去、色々なメーカーで同じシステムを使っているのを見たことあるのだけど
ここまで完璧に使いこなしているのは今作が初めてではないでしょうか(*´Д`)

ゲームの画面解像度が高くて、全く、これっぽっちも絵の境界線に粗が無い点も大きいのだけど
本当に自然に動くんですよ。

この前の他社の、「如月真綾の誘惑」もレベルの高い動きだったけれど
そのゲームは立ち絵のポーズごとで動く分、どこかコマ落ち(動きが飛ぶ)しているような影響を受けて
「ああ、ゲームだな」という動きの断片化が感じられたのだけど、
今作は顔アップで切れ目無く表情が変化したりするので「生きている」
「中に誰か居て動かしているんじゃないか」ってくらい自然に感じられました。

そういうわけでヒロインへの感情移入の前提として、仕草からでも1人の等身大の少女として
プレイヤーの私が認識して、自然とゲームに入っていく事が出来ました。

話を戻して、そんなサナちゃんと宿泊の交換条件でアレをしていくわけだけど、
フリルというブランドの性質上、ああ、この後は高品質にまとめたアレが展開されて終わりかなと
考えていたら とんでもなくて、実にtone work's 的な話の盛り上げ方で きっちりと物語も
作ってきていることにビックリしました。

アレシーンでアニメーションするので、その分HDD容量が大きいのかと思ったら違っていて、
シナリオ量もかなりのものでした。低価格なのに、このゲームのHDD容量は「4.02GB」ですよ(;´Д`)ハァハァ

家出少女はなんらかの家庭環境での問題を抱えているのだけど、このサナちゃんもそうで
交流が続くうちに徐々に問題が浮かび上がってきて、それと同時に主人公の生い立ちも語られ
収まるべき終着点にまとまるというシナリオ運びが秀逸でした。

主人公の勤め先とヒロインの親との関係も無駄のないシナリオ運びだし、母娘の関係を描いて
愛が深いゆえに暴走気味の母に気づかせる演出など、無駄が一切無い
すべて計算されつくした内容でゲームクリア後にとてもスッキリした気分になりました。

ヒロインの母に関しては、とても共感の持てる事を言っている一方で拘束しすぎな面も浮かび上がっていて
それが主人公の生い立ちには眩しく見えたりと、この辺の心境の妙もとても良かったです。

アレ要素については、アニメーションの威力が凄かったです。
アニメーションする場面は少ないのだけど、力強いストロークの腰使いが表現されていて、
上り詰める時にはガンガン腰を振るピストン運動がとても良い動きをしていました。

口取りに関しては小ひょっとこ も披露するなど、サナちゃんは頑張っていましたね( ´∀`)
若干、タコ的な不自然な絵の時もあったけれど、普段のサナちゃんとのやり取りを考えると
とても下品でエロかったです(*´Д`)ハァハァ


■まとめ■
個人的にはtone work's 的なゲームの1ルートを抜き出したかのような、丁寧で計算された
シナリオ運びでゲームクリア時にとても達成感のある物語となっていまいた。

脅えていた初対面の印象から、交流が続くうちに人の良さが表れて
ニコニコと からかい合うまでの人間関係の変化をシナリオだけでなく
E-moteシステムを使って表情を変化させてリアルタイムに感じられたのは初めてではないでしょうか。

ここまでの出来を見てしまうと、tone work's でもE-moteシステムで立ち絵を動かして欲しいなとも
思っちゃいますよね。例えば「銀色、遥か」だと、べスリーや雛多が このレベルのE-moteで動いたら
私はもう、三次元には戻れなくなりそうです( ´∀`)

でも、それやるとスタッフが倒れそうな気もしますが( ´∀`)

このゲーム、とても満足しています。

神待ちサナちゃん

神待ちサナちゃん

  • 出版社/メーカー: Frill
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。