So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

PCゲーム 「Tyranny」を遊んでみよう! チュートリアル [一般ゲーム]

前記事:キャラ作成編 https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01

コンクエストの選択はアペックスの女王を降伏させた以外は忘れたけれど、
一年目の「首府バスタード制圧」ではスカーレット・コーラスを支援しました。

これにより主人公は「シアリング・パルム」のアビリティを獲得しました( p´∀`)q
Tyranny_キャラクターを作成する9_首府バスタード制圧でアビリティ入手.jpg
これは「火の印章」の基本魔法です。ということはですね、コンクエストで首府バスタード制圧にて
スカーレット・コーラスを選んでおけば、最初から火の印章を入手済みということになります。

ゲーム中に買ったり、探したりする必要が無く、即戦力として効果を発揮するアビリティです。
あ、言い忘れていたけれど、今作はエンカウント毎に1回や休息が必要なアビリティは少ないです。

少ない分、致命的な威力を発揮したりするのだけど、それらの独自アビリティ以外は
基本的にクールダウン時間が設けられているだけで、何度も使用できます。

このシアリング・パルムであれば24秒のクールダウンが必要なので、
使用後にそれが過ぎればまた発動できるようになりますv(`∀´v)

この記事を書くにあたって、こういうのを紹介するか迷ったのだけど、まぁ一応このキャラで
少し進めてみる事にしているので、戦闘が有利になる火力アビリティとして選びました。

補足しておくと、シアリング・パルムは相手を炎上させる効果があり、火属性のスリップダメージを与えます。
リカバリー速度が遅くて攻撃1回の比重が高くなる両手武器なんかと相性が良いですね。
次の攻撃まで待ってる間、地味に燃えててダメージを受けててくれるのですから( p´∀`)q


さて、ゲームを本格的に始める前に、基本情報を確認しておきましょうか。
Tyranny_キャラクターシート.jpg
Cキーのキャラクタ画面です。

選んだポートレートが表示されています。ポートレート右上には歯車みたいなマークがあって
そのアイコンをクリックすると、服の色とか変更できます。

技量値については、数値を上げるほどに該当する項目の使い勝手が良くなる感じです。
個人的には今作は魔法の使用回数が撤廃されて、クールダウン制になったので
物理アビリティや魔法の回転率を上げたい場合は敏捷を確保するのが良いと考えています。

■武器スキル
Tyranny_武器スキル.jpg
マジックスタッフ、両手武器、二刀流、弓、格闘、片手武器 と それぞれあるのだけど
これらは攻撃の命中力に直結するので重要です。

とはいえ、今作は武器をもって敵を殴っていれば、該当武器系統のスキルが上昇していくので
それほど心配しなくても良いです。ちなみに「格闘」はグローブや小手を装備するとダメージボーナスがあります。

■サポートスキル
Tyranny_サポートスキル.jpg
「パリー」は近接攻撃をミスさせる能力、「伝承」は魔法の詰め込み容量と会話用に、
「体術」は会話用とマップ移動中の山登りなど、「回避」は遠隔攻撃をミスさせる能力、
「隠密」は鍵開けや会話用に。

これらも使っていけば勝手に上昇するので、気にしなくて良いのだけど、
伝承だけは魔法を使わないと上昇しないので、近接キャラに魔法を使わせたいなら
積極的にお金を払ってトレーニングした方が良いです。(拠点に教えてくれるキャラが居る)

■魔法スキル
Tyranny_魔法スキル.jpg
覚えている魔法系統ごとにスキルレベルがあります。攻撃魔法系統は命中率なんだけど
回復魔法や状態異常魔法系統は、スキルレベルにより回復量が増えたり
状態異常時間が延びたりするのは覚えておいたほうが良いでしょうか。

■ステータス1
Tyranny_ステータス1.jpg
ポートレートの下のハートマークは生命力です。今作はエタニティのように生命力とか耐久力のような
ややこしいシステムは無いです。技量値の体力にポイントを振るほど生命力にボーナスが付きます。

その横、射的のアイコンは「プレシジョン」率の表示。
これは実際の命中ロールの結果から%の確率で一つ上の命中判定になるというもの。
画像だとプレシジョンが2%とあるので、例えば「グレイズ」判定の場合、2%の確率で一つ上の
「ヒット」判定となるもの。※「グレイズ」判定とはかすり気味の命中で、ダメージ半減、状態異常付与なしです。

その下、ハンマーと剣が交差したアイコンは、現在装備している武器の命中力、その右の砂時計マークは
リカバリー時間で、行動後にこの秒数、このキャラだと4.6秒を待たないと次の攻撃に移れないわけです。

両手武器の大剣装備だったり、重い鎧を着ているほど、リカバリー時間が延びます。
その分、大剣のような武器は強力に設定されているわけです。

その下、剣マークの12-16 は装備している武器のダメージ幅です。(+1)の緑文字表示は
筋力ボーナスでしょうか。その横の黄色いアイコンの斬撃と刺突は装備武器の属性です。

■ステータス2
Tyranny_ステータス2 ※バリック.jpg
ちょっと初期状態だと分かりづらいので、終盤の壁キャラをサンプル画像に。

それぞれの攻撃の種類に対する、
「耐久防御力」、「精神防御力」、「魔法防御力」、「回避」、「パリー」の数値です。
これらの数値が高いほど、該当する攻撃を受けた際、ミスを誘ったりグレイズ判定になって被弾を軽減します。

もう一つの下の方の防御項目は、ダメージ軽減に関してです。
上の防御は被弾するのを少なくするもので、
下の防御の項目は、被弾した時に どれだけダメージを減らせるかというもの。

この場合だと 基本は-18ダメージを軽減し、そこから修正込みで、
斬撃なら-22、刺突なら-44、凍結は-40もダメージ軽減するというもの。

逆に基本は-18軽減なのに、打撃には-4だけしか軽減されず、
火炎に至っては軽減0というマイナス修正が入っています。
(この辺は詳しい説明無かった気がするけれど、エタニティと同じはず)

ダメージ軽減横の盾アイコンは「デフレクション」で、これは命中の「プレシジョン」の逆で、
自分が「ヒット」の命中判定を受けた時など、%の確率で一つ下の命中判定にするもの。
「ヒット」で命中したはずなのに「グレイズ」判定になるわけです。

一応、防具の傾向としては、ダメージ軽減力が高い重装備はデフレクション率が低めで
ライトアーマーなどのダメージ軽減力が低い軽装備デフレクション率が高めになっているようです。


■命中に関して。
詳しくはゲーム中のトピックスを読むと良いのだけど、命中の判定には
「クリティカル」、「ヒット」、「グレイズ」、「ミス」の四種類があります。

今作は命中率の計算が、複合的な計算になっていて難しいのだけど、
戦闘ログのダメージをマウスカーソルで選択すると、そのダメージに至った内訳が表示されるので、
やけにこのキャラはグレイズばかりだなと感じたら、一度どういう計算で算出されているか調べると良さそう。



さて、そろそろゲームを開始しましょうか。
Tyranny_遅々として進まぬ侵攻に大帝カイロスが怒る.jpg
まぁ、その、いきなりなんだけど、重大な危機が迫ることに。

カイロス軍の二大軍閥がお互いに足を引っ張り合い、遅々としてティアーズ統一が進まない事に
業を煮やした大帝カイロスは、この地域の出入り口である谷を魔法で崩して周辺一体ごと
敵味方を閉じ込めて、主人公に期日までに決められた拠点を占拠しないと全滅する布告を
読み上げるように命じられました(;´Д`A

この辺はディスフェイバードの一員との会話でもありますね。
Tyranny_ディスフェイバードのオーロラと会う.jpg
ここでの選択肢に[伝承20]とあるのは、伝承スキルが20以上あると選べる会話選択肢です。
そしてそのような選択肢を選ぶと、伝承スキルの経験値を取得できて、スキルレベルも上がるようになります。

ちなみに布告というのはコンクエストでもあったのだけど、大帝カイロスを絶対の存在とたらしめるもので、
戦略級の魔法攻撃によって地域一体災害級の被害をもたらすものです。

火の布告、嵐の布告、石の布告とあったのがそれです。
嵐の布告なんて血筋が耐えないと魔法が止まらないという条件発動されているので
通常のリアルでの戦略兵器よりも凄いような気がしますね。何年も持続するわけですからq(`∀´;q)

そんなわけで主人公は布告を読み上げる大役を受けて、敵と味方の二大軍閥と共に
この地域に閉じ込められたわけです(;´Д`)ハァハァ

会話後、戦闘になるのだけど、とりあえずは取得した魔法を確認しておきましょうか。
Tyranny_所持している魔法を確認する.jpg
キャラ作成時に二次知識として得た電撃系呪文の「チャージド・フィスト」と
コンクエスト1で首府バスタード制圧でスカーレット・コーラスを選んで得た「シアリング・パルム」です。

敵を吹き飛ばす電撃と、火の持続ダメージを与える魔法を上手く使って戦闘を乗り切っていきましょう( p´∀`)q
Tyranny_積極的にアビリティを使っていこう.jpg
火の印章を使って敵を攻撃するの図。字が小さいけれど「獄炎」と表示されてスリップダメージを与えています。

よく見ると画面左下のミニ顔アイコンの横に「火炎の操法+1」とあります。
これは火の印章を使った事で魔法スキルが上昇したことを示しています。
攻撃系の印章術は魔法スキルが高いほど命中力が高まるので、
単純にヒットしやすくなりダメージも伸びるというわけです。

使っていくと伸びるのでドンドン使用していきましょう。
なにせこのゲーム、一部の特殊なアビリティを除き、クールダウン制なので
時間が過ぎれば何度も使用可能です。

通常攻撃の合間にアビリティを使うのではなくて、
アビリティのクールダウンの間に通常攻撃をすると覚えておくと良い感じです。

戦闘自体は難易度はハードでしかも一周目なので特に難しいこともなく最初の敵を撃破。

(追記)
あ、書くのを忘れていましたが、テンキーの横にある「+」を押すと時間の流れが速くなって早く移動出来ます。
また、「Alt」キーは隠密状態、「スペース」キーはポーズ機能があります。

このまま東に進んでも良いのだけど、画面右下のミニマップを見ると西側にも進めそうなのでそちらへ。
Tyranny_マップオブジェクトには行動を選択できる場合がある.jpg
崖にロープが張ってあって、降りられそうです。選択肢としてはふたつ。
体術が要求値を満たしているのでロープで降りる事に。

ちなみに果敢に飛び降りると怪我をするようです。怪我をすると度合いによって
最大生命力がドンドン下がっていくので注意です。

まだ先の話だけれど、高難易度の敵になると生命力の低い味方を徹底的に狙ってくるので
それによって一度倒れると最大生命力が下がって、またそれが狙われて…と悪循環することも。

私もまだまだ初心者なので、敵の攻撃を防ぐ手段をいつも何か考えています。

さて崖を降りると祭壇のようなものがあり、調べてみると高い伝承スキルによってレリックがあるのを発見。
Tyranny_サポートスキルが規定値以上あると、アイテムを得られる場合も.jpg
伝承スキルさまさまです( ´∀`)y-~~ とはいえ、実際の道中では鍵開け(隠密スキル)の方が重要かな。

さっそく入手したアクセを装備。体力が+1アップ。
Tyranny_装備画面。さっそく入手したトルクを装備して体力+1.jpg
しょぼいといえばしょぼいのだけど、体力を+1上げるにはレベル+1アップしないとダメなので
これはこれで良い物です( p´∀`)q

では探索を再開して東へ。大岩の向こう側で敵味方が争っている場面に遭遇。
Tyranny_ここにも体術が要求されるオブジェクトが.jpg
ここにも選択出る大岩オブジェクトを発見。

体術はキャラ作成時に30まで上げていたので押せます( p´∀`)pぐりぐり
Tyranny_岩をゴロゴロして押しつぶす.jpg
敵一人をぺちゃんこにしました。これ、一人だけじゃん!って思うかもしれないけれど
難易度パス~でやってると ありがたみが凄く分かります(;´Д`)ハァハァ

さらに進むと、多勢に無勢でありながら闘争心をむき出しに戦っているコーラスの女戦士を発見。
Tyranny_先に進むと仲間が倒されつつも果敢に戦っている女戦士を発見.jpg
「切り込み隊!戦争も3年目だというのにまだ生きていたのか?」と緑色文字で表示された箇所は
マウスカーソルでなぞる事で解説が出ます。こんな感じでコンクエストで選んだ選択によって
登場人物が様々な反応を示してくれるのは、このゲームの特徴と言って良いでしょう( p´∀`)q

加勢して敵を撃破、会話にて「中程度の忠誠、恐怖を獲得」という項目が出ました。
Tyranny_会話の選択肢で登場人物の関係に変化が出る.jpg
ネタバレってほどでも無いのだけど、仲間になるキャラには主人公に対して
忠誠心と恐怖心というような感情を覚えて行動を共にします。

忠誠心が高くなると信頼関係が生まれ、詳しい身上を教えてくれたり、魔法を教えてくれたりなど
色々な恩恵があります。恐怖心でもそうだけど関係が深まる事で「合体技」アビリティが使えるようになります。
これらの合体技は1戦闘に1回だけとか、休息が必要とか制限があるけれど強力なものになっています。

1/エンカウント のようなものは減るものじゃないので、どんどん使っていきましょう( p´∀`)q
休息が必要なのは多勢を相手にするときに一気に敵の数を減らしたい時とか
勝てないボス戦で使うみたいな感じでいいんじゃないでしょうか。

ヴェルスとの会話で持ち物を漁れと言われたので倒した敵を調べると
Tyranny_掌握の小印章(修飾)を入手!.jpg
なんと「掌握の小印章(修飾)のスクロール」を発見しましたv(`∀´v)

ここで、エタニティには無い、このゲームの特徴である「スペルクリエーション」でも。

このゲームの魔法はまず「基本印章」を選ぶことから始めます。
基本印章というのは電撃だったり火だったり凍結、回復や幻影など色々とあります。
Tyranny_基本印章.jpg
まずそれらの基本印章を選んだら、今度は「表現型」を選びます。
これは基本印章をどのような形で発動させるのかを選ぶことになります。

最初は単発で発動することしかできない表現型しか持っていないのだけど
旅を続ける事で、各地で色々な表現型の印象も入手することができます。
Tyranny_表現型.jpg

これら「基本印章」+「表現型」で魔法は形作られるわけだけど、
そこへ「修飾」を加えることで、その形作られた魔法を強化する事ができますv(`∀´v)
Tyranny_特殊な修飾印章など.jpg
修飾の小印章には こんな特殊なものも。頑張って探していきましょう( p´∀`)q
というか、私もまだ見つけていないものがいっぱいあるかも。

今回は「掌握の小印章(修飾)」をスクロールとして入手したので、イベントリーから開いて習得します。
習得するには決められた伝承スキル値が必要なので注意が必要ですq(`∀´;q)

習得したらスペルクリエーションのタブを開いて、魔法のアップデートをやってみましょうか。
Tyranny_基本印章+表現型で魔法を形作り、修飾語で強化する.jpg
「チャージド・フィスト」に「掌握の印章Ⅰ」を加えることで射程が 2m → 4m に伸びましたv(`∀´v)

しかしそれにより必要な伝承スキル値が+10されて、合計25必要になりました。
主人公はキャラ作成時に伝承スキル値が40以上あったので範囲内に収まりますね。
仲間のヴェルスも伝承スキルは26なので、ギリギリです。

このように伝承スキル値の高低によって魔法を強化できる範囲が変わってくるので
伝承スキルは高ければ高いほど良いです。

特に今回の掌握の印章は射程を延ばすので、特定の魔法にとってはひじょうに有効です。
回復魔法なんかは回復させたい相手にくっつかないと使えないものがあるのだけど
それを使うために前衛の壁役に近づくと、自分がやられてしまうという場面で
安全な遠隔から回復魔法を使ったりできるので有利です。

ちなみに修飾型は10カテゴリーあって、各カテゴリー毎に1種類ずつ付けられるので
理屈で言えば最高10種類の修飾で強化できるわけです。

ダメージアップ+10、射程+4、範囲を広げる、状態異常時間を延ばす、命中+15、…みたいな感じで
伝承スキルが高ければ高いほど、伝承値内で収まるならば複数つけて強化できます。

修飾による強化例。
Tyranny_ニア・ディアーナのオリジナル「ファイアボール」をスペルクリエーション.jpg
自キャラ「ニア・ディアーナ」のオリジナル ファイアボールです( p´∀`)q

通常は一度に一発しか撃てないファイアボールを、修飾によって射撃数2にすることで2つ撃ち出します。
また命中すれば反跳とあるように近くに居る敵に跳弾効果が出て同じ攻撃が繰り返されます。
反跳数が多いので、当たっては跳弾して、跳弾したファイアボールがまた跳弾して…という風に
敵の間を往復します。クールダウン時間も修飾型により短縮しているので、手軽に使っていけます( p´∀`)q

こんな感じで自分だけのオリジナル魔法を造ってみましょう。

私はウィザード脳なので、どうしても魔法の話になると長くなってしまうのだけど
そろそろ話を戻して先に進みます。

もう少し先に進むと、今度はディスフェイバードの指揮官が人質に取られていました。
Tyranny_指揮官が人質に取られる.jpg
体術スキルが条件を満たしていれば、周囲の味方もあっと驚くような手際の良さで始末できるのだけど
主人公はコンクエスト2でアペックス攻略にて、女王を降伏させたとして「平和の使者」と呼ばれる存在として
今回は話を進めているので選択肢2を選びました。条件が[コンクエスト]となっているので
その進め方でないと選べない内容になっています( p´∀`)q

とはいえ、結末は同じなるのが悲しい・゚・(ノД`)・゚・
一応、「私にとって誇りはお前にとっての剣と同じくらい重い。忘れるな。」と言っておきましたq(`∀´;q)

影響度の変化が知覚できるので、どうしても人間、好かれようと思うような選択肢を選びがちだけど
それだけでは重要なことを見逃したりするので、せめて一周目くらいは好きなように選択肢を
選んでいきたいものです。

捕虜の処遇で揉めている両勢力を仲裁するのもフェイトバインダーとしての主人公の仕事です。
Tyranny_捕虜の扱いを仲裁する.jpg
ちなみに「コーラスは新しい戦士を徴兵する機会を与えられるべきだ」というのは
この組織の構造的な思想の一つで、敗者には死か、投降して仲間に加わるかの選択肢を選ばせます。

投降して~というと無条件のように思えるのだけど、実際には捕虜同士で殺し合いをさせて
生き残ったほうが入団できるというような血生臭いものであり、少数精鋭で同じ国出身の者達が
結束して戦うディスフェイバードの面々とは全く思想が合わないものになります。

主人公の仲間に加わったヴェルスもスカーレット・コーラスであることから、まぁ、そういうことです(;´Д`)
その辺はヴェルスと仲良くなれば身の上話も聞けるでしょう。

さてこれでこのマップでの用事は終了です。マップ右下に門があるので、そこから外に抜けて、
次なる目的地へ進みましょうか。
Tyranny_このマップでの用事は済んだので、ディスフェイバードの駐屯地に向って移動します。.jpg
今回の記事はこれで一旦、区切ります。

前記事:キャラ作成編 https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2018-12-01


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。