So-net無料ブログ作成
アレ系ソフト月別 購入計画。 ブログトップ
前の5件 | 次の5件

2013年10月のアレ系ソフト購入計画。 [アレ系ソフト月別 購入計画。]

10月なのに気温30度越えとか…暑い暑い(;´Д`)

空を眺めてもモクモクした雲で、夏みたいですな。

暑いといえば9月にエアコンが壊れてから放置していたのだけど
今週購入しました。14畳用で20万円の出費です(;´Д`)ハァハァ

でも、これまでのものと比べると格段な差が出てて、
かなり離れているのに扇風機・強 並の風が一瞬で出てきました( p´∀`)q

「快適エコ自動」ボタンというのを押しただけなのに涼しすぎる。
今年はあまり使用することはなさそうだけど、来年の夏には大活躍してくれそうだ。

あ、でも冬は冬で暖房の時に、加湿機能がついてて
水補給なしで潤いを出してくれるらしい。

毎年、暖房+加湿器で湯気を出していたのだけど、一台だけで済むなら便利そうだ。
来年の夏だけではなく、今年の冬も楽しみになってきました( p´∀`)q


さて、近況はこのくらいに。
いつものようにげっちゅ屋の10月分の月別リストを貼っておきますね。
http://www.getchu.com/all/month_title.html?genre=pc_soft&gage=all&year=2013&month=10


■ワルキューレロマンツェ More&More■
メーカーはRicottaです。

正直、本編は絵と口取り目当てだけで購入したようなものだったのだけど、
プレイしてみると意外も熱い馬上槍試合で盛り上がり、楽しかったのが記憶に新しいです。

そんなワルキューレロマンツェなのだけど、アニメも始まり、
今回のFDといい、今、ノっているタイトルですね( p´∀`)q

アニメはこちら。スィーリアの中の人の声が聴けて、嬉しいです。

内容はアフォっぽいけど、笑えたので面白かったです( p´∀`)q

今回は本編のサブキャラだった、茜、ベルティーユ、綾子がヒロインに格上げされて
熱い馬上槍試合が再び!ということでひじょうに楽しみにしています。

本編では主人公がサポートに回ってヒロインに勝たせるというのが基本姿勢だったのだけど、
スィーリア編でもあったように、主人公は情熱を忘れていたわけではないので
何かのきっかけがあれば騎士として再出発するという下地がありました。

そしてFDでは綾子ルートで騎士復帰へのシナリオが掲示されましたね( p´∀`)q
『ワルキューレロマンツェ More & More』応援中です!
まさかの攻略対象に

エンディングで復帰というのはあったのだけど、シナリオとしての騎士復帰はなかったので
これは注目したいですね( p´∀`)q

サポートもいいけれど、やっぱり主人公は男なんだから戦わないとヽ(`Д´)ノフォォォオォォ!

綾子さんは本編から気になっていた存在で、FDでのシナリオに加えて
彼女自身にも興味があったので期待とか色々と膨らみますね。

サンプル絵の四枚目、黒スケの下着姿でパンツに指を這わしている
一枚絵を見ただけで、勃ってきました( ´∀`)アヒャ

唯一、懸念するのは、口取り絵に定評のあるアレシーンが多いメーカーだけど、
口取り演技がダメな人がメインヒロインっぽいのがもどかしいです・゚・(ノД`)・゚・
…スィーリアとか今回の綾子さんとか(;´Д`)ハァハァ

まぁ、なんにしろ、発売がひじょうに待ち遠しいです。

ワルキューレロマンツェ More&More

ワルキューレロマンツェ More&More

  • 出版社/メーカー: Ricotta
  • メディア: DVD-ROM


■壁の向こうの妻の嬌声(こえ) ~愛する妻の肢体(からだ)はもう、隣の旦那を忘れられない~■
メーカーはアニムです。

ANIM.teamMM「壁の向こうの妻の嬌声(こえ)
~愛する妻の肢体(からだ)はもう、隣の旦那を忘れられない~」を応援中!

大好物のスワッピングからのNTR派生という最上コンボが期待される10月の目玉ですねv(`∀´v)

アレシーンではアニメがつくということで、そのへんは全く期待していなかったのだけど
サンプルを見ると、思ったよりも綺麗に仕上がっていたようでビックリです。

個人的には口取りシーンにアニメがあるのか気になるところです。
主人公の妻役には、口取りに定評のある人ですしね( p´∀`)q

ただ、本番のアニメサンプルで気になった点は、テキストで地の文が多めだったところ。
地の文の時はBGVが流れるんだろうけど、少し文章のリズム感は気になりました。
(地の文が長いと、実用度が…)

この手のスワッピングもののゲームは、同メーカーの「人妻交姦日記」や「ただかの」くらいしか
良作がなかったので、それに続いてほしいですね( p´∀`)q



■魔王のくせに生イキだっ!2 ~今度は性戦だ!~■
メーカーはLuxuryです。

前作はかなり前に、口取りスレで取り上げられていたので、その時にこっそり購入済みで、
評判どおり、なかなかの良い展開が続いて満足できました。

今回の2は続編で、前作の4魔王に加えて天界勢も入り乱れてという話になるようですね。
私が予約を入れたときにはまだキャストが発表されていなかったのでわからなかったのだけど、
新キャラのCVを見てみると、あまり口取りが上手そうな人は居なさそうですね(;´Д`A

…ちょっと早まったか?(;´Д`)オロオロ

まぁ、10月分は上の2つがメインとなるので、外れても痛くないはず。
…痛くないですよ・゚・(ノД`)・゚・

体験版はプレイせず、当日を待ちますq(`∀´;q)

魔王のくせに生イキだっ!2 ~今度は性戦だ!~

魔王のくせに生イキだっ!2 ~今度は性戦だ!~

  • 出版社/メーカー: Luxury
  • メディア: DVD-ROM


10月は以上3本です。


商業ゲームとも、10月とも違うんだけど、同人オリジナルで11月に
5年の歳月?をかけて完成した「Way2」が発売されるようですね( p´∀`)q

DLsite.com 商品ページ
Way''

ちょー楽しみですv(`∀´v)

なんか10月のゲームより、そっちの方が嬉しくてしょうがないです( ´∀`) q

11月といえば、「うたかたの蕾」も控えているし、楽しみですね。
うたかたの蕾


11月分の商業ゲームは、今のところ購入予定がゼロなので、
ちょうどよいタイミングだなと思っています。

ここで「ナナハよ。」も来ればいいんだけどね…(ちらっ、ちらっ)
http://www.dlsite.com/maniax/announce/=/product_id/RJ101373.html


今回はこんなところです。
nice!(0)  コメント(7) 

2013年9月のアレ系ソフト購入計画。 [アレ系ソフト月別 購入計画。]

最近、すっかり朝晩の気温が下がり、涼しさを感じてきた今日この頃。
薄い布団のまま寝てたら、喉が枯れかけたよ(;´Д`)ハァハァ

寒さで思い出したけど、氷河期の謎を解明とかいう まとめ記事を読んで驚きました。
大地の浮き沈みでっていう発想はなかったので面白いですね( p´∀`)q

さて 科学ニュースはそこそこに、9月分のアレ系ソフトの購入計画でも。
( '-').oO(最近は購入本数が少なくてサボって書いてませんでしたが汗)

とりあえずいつものように、げっちゅ屋の月別リストを貼っておきますね。
http://www.getchu.com/all/month_title.html?genre=pc_soft&gage=all&year=2013&month=9

9/27
■催眠術3■
メーカーは筆柿そふとです。

あまり詳しくは知らなかったのだけど、黒虹がゲーム製作から撤退?ということで
ゲーム作りたい人が出て行って立ち上げたのが筆柿そふと という流れのようです。

まぁ、そりゃおかしいよね、黒虹のゲームを主導していた人物が違う会社で
シリーズナンバーのタイトルを作ってるんだから(;´Д`)ハァハァ

というわけで催眠術3が9月末に発売ですね( p´∀`)q

催眠術というと村越というのが方程式にあったけど、今作は出てこなくて残念と思いつつも
ホッとしたりもしました。だって、村越が出てくると無双ゲーになりすぎそうだし(;´Д`A

今作は実親からの愛情を受けることなく育った少年が、叔父夫婦のもとで
それなりに平穏に生活していたけれど、思春期を迎えるにあたって強すぎる性欲を抑え切れなくて
モヤモヤしている時に「催眠術」という、これまでの生活、価値観を一変させてしまうものが
引き金となって進んでいく物語のようです。

催眠術を自力で研鑽したのか、与えられたものなのかは不明だけど
ちょっと陰のある少年が、抑えていた疼きや不満を徐々に解放していく・する姿が
どのように描かれているかが楽しみですね( p´∀`)q

ところで今作のメインヒロインは誰なんでしょうか?( ´∀`)
キャラの声優名公開はママ二人から始まったわけだけど気になりますね。

個人的にはメインが誰かとか関係なく、年上二人組みから声優名公開するところを見て
「プレイヤーが一番知りたい事が分かっているな」と笑っちゃいましたが( p´∀`)q

あと、げっちゅ屋の商品ページに登場キャラの全身立ち絵があるんだけど
叔母さんの青い服の下側が短すぎてびっくりしました(;´Д`)ハァハァ

こんな短いのだと、そりゃ主人公も性欲が高まりますよ(;´Д`)ハァハァハァ

気になる点といえば、最近の催眠術シリーズでは、催眠術が無双状態のシナリオであること。
掛かったら終わりとかだと、あまりに出来レースすぎてツマらなく感じてしまいます。
その辺にも注意して見て行きたいですね。

催眠術3【予約特典:吉野恵子描き下ろしA4クリアファイル付き】

催眠術3【予約特典:吉野恵子描き下ろしA4クリアファイル付き】

  • 出版社/メーカー: 筆柿そふと
  • メディア: DVD-ROM


■バルドスカイ ゼロ■
メーカーは戯画です。

最初の発売予定日から随分と季節が過ぎたのだけど、ようやくマスターアップ宣言が出ましたね。

バルドシリーズなのに原画が変わったり、戦闘が3Dになったりとで不安7割、期待3割というところ。
原画が変わったのは微妙な気分だけど、元々の人は最近、ロリ気味だったので
それはそれで微妙な気持ちに(;´Д`)

戦闘シーンの動画


3D化ということで心配していたけれど、コンボ中の懐かしいというか耳に残っている
打撃音なんかを聴くとワクワクしてきました。3D化として建物が立体的になったのは良いですね。

システムの説明によると自機の改良のほか、僚機の強化もOKだとか。
ゲーム面では問題が無さそうだけど、シナリオ面は気になるところです。



■ランス01 光をもとめて■
メーカーはアリスソフトです。

24年の時を超え、今なぜか──

本当に、今、なんでランス01なのかは意味が分からないし、購入する予定はなくスルー気味でした。

でもまぁ、暇だし、体験版でもやってみるかということでプレイしてみると、懐かしい
コマンド選択型が凄く新鮮に思えて、いつのまにか購入ボタンを押していたぜ(;´Д`)ハァハァ

いやさ、確かに体験版の開始10分くらいで、「めんどくせー、旅館から出せー」と思ったわけですよ。

でも落ちついてくると主観型のゲームスタイルを取っているのか、ゲームプレイが能動的なんだよね。
ただテキストが流れてきて それを読んで、合間に戦闘と日常の繰り返しじゃなくて
あくまで自分で操作して話を進めていくというスタイル。

面倒くさい点もあるけれど、じっくりとゲームをプレイするなら、この形式の方が
感情移入度が高くなるのは間違いないですし( p´∀`)q

あと最初の方で盗賊団退治に向かうのだけど、敵が強すぎて、体験版のプレイは終了しました。
倒すためにアイテムの購入やレベル上げを考えると、とても体験版でやるものじゃないなと。
これは製品版で遊ぶものだと認識しました。よって購入に傾いたわけです( ´∀`)

単純に登場キャラが可愛いってのもありましたけどね。シィルの扱いがぞんざい過ぎて
ちょっと引いたけど、一作目だと こんなものだったかなと納得する事にしました。

ランス01 光をもとめて【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】

ランス01 光をもとめて【Amazon.co.jpオリジナル特典付き】

  • 出版社/メーカー: アリスソフト
  • メディア: DVD-ROM


■シークレットゲーム 究極完全合体BOX■
メーカーはFLATです。

このBOXは過去作の「シークレットゲーム-KILLER QUEEN- DEPTH EDITION(げっちゅ屋)」と
新作の「リベリオンズ Secret Game 2nd Stage BOOSTED EDITION(げっちゅ屋)」が
一つになったセット販売ものです。

このシリーズを調べたところ、何度か移植を繰り返し、その度にシナリオ加筆とかやってるようですね。
その割には評価が高いのと、生死の境の極限状況での人間ドラマが面白そうなので購入決定。

でも、過去作の方の絵は、かなり気になりますね(;´Д`)
新作側だと、まだ「特徴的な」という冠詞を付ければごまかせるけれど。

一応、過去作の方の体験版は10分ほどプレイしました。
絵に問題あるかと思われたけれど、実際にプレイしてみると、テキスト分量が多くて
立ち絵を見ている時間の方が少なかったので、逆に気にならなくなりました( ´∀`) アヒャ

こう、文字情報が多くて、頭の中を整理するのが忙しいというか(;´Д`)ハァハァ

なんにしろ、このタイプの「無秩序の中の秩序」というシチュエーションは
生々しい人間の意思が見れるので楽しみです。




9月分の予定は以上です。
当初は「催眠術3」と「バルドスカイ ゼロ」の2本だけだったのに大きく予定が膨らんだものです。

この記事とはあまり関係ないのだけど、今年に入ってからのアレ系ソフトの購入は28本になります。
入金済みの10月分も合わせると31本に。…多いのやら少ないのやら(;´Д`)ハァハァ

nice!(0)  コメント(1) 

2013年6月のアレ系ソフト購入計画。 [アレ系ソフト月別 購入計画。]

もうすぐ6月も中旬にさしかかろうという今日この頃。

梅雨入りしたものの、1回くらいしか雨が降った記憶がなくて
庭の水遣りが忙しいです(;´Д`A アツィー


さて、6月ということで来月始めはたぶん、ボーナスの支給日になるはず。
ここらで無駄使いをしたいところなのだけど、いまひとつ食指が動くようなソフトがなく
購入本数からすると例年並みというところでしょか。

ただし今年は、5月分の購入予定ソフトが延期ばかりで6月に集中という珍しい事もあったり。
…記憶では、例年は6月あたりは発売日の谷間だった気がする。

まぁ何はともあれ、いつものようにげっちゅ屋の月別リストを貼っておきますね。
http://www.getchu.com/all/month_title.html?genre=pc_soft&gage=all&year=2013&month=6

6/21
■BUNNYBLACK 3■
メーカーはソフトハウスキャラです。

元々、多作構想という話を前作のおまけで聞いて驚いたのだけど、
まさか本当に3が出るとは思いもしませんでしたq(`∀´;q)

これ以上、3Dダンジョンも無さそうだしなぁと思ったら、
今作は街作り+3DダンジョンRPGというもので 街を作りながら、住民を増やすために
フォーゼロッテ宮の勢力が及ばない地域を回り、ボコって増やすという力技が展開されるようです( ´∀`)

気分的なものだと思うのだけど、これまでの「フォーゼロッテ宮」というものから、
新しい街作りとして「ダークス宮」という名前がついたのが、出世した感が出てて良いです。
なんだかんだいって、嫁さんの名前の居城だったしね。

ゲーム部分では、体験版をあまりプレイしていないのだけど、序盤の一人歩きが辛かったです。
でも、まぁ、長く遊ぶ分には初心に戻ったつもりで一人スタートというのも良いかなと思ったり。

一人で苦労して、そこからアリトンとか基本的な魔物を加えることでありがたみが増しそうです。

3Dダンジョン部分のRPG要素はこれまでのシステムの踏襲なんだろうけど、
新システムの街作りが未知数で、このあたりが心配です。

個人的には「雪鬼屋温泉記OHP)」のような3D表現の建物だと思ってたのに
ドット絵だったのが意外でしたq(`∀´;q)

どうせ3Dメインのゲームなんだから、3D建物のノウハウあるんだし、
統一すれば良かったのにとは思った。

体験版の狭い建設範囲から広くはなるんだろうと思うけど、門を守るお仕事で
期待を煽った挙句、本当に「ここだけでした」という前科があるので、過剰な期待はしないでおきます。

3DダンジョンRPGの三作目として、マンネリを打破するために1要素を加えた今作、
どんな感じになっているか見ていきたいです。

BUNNYBLACK3

BUNNYBLACK3

  • 出版社/メーカー: ソフトハウスキャラ
  • メディア: DVD-ROM


6/28
■花嫁狩凌~絶対快楽の白濁淫毒~■
メーカーはCROSSOVERです。
初買いになります。

お口にコダワリがあるということで、注目していた今作。
体験版をプレイしてみると一番期待していたメイドに、濃厚な口取りがあって満足しました(*´Д`)はわわ

導入としては、すごい家柄の主人公で、父親に精力増強の薬を飲まされていたら
毎日出さないとダメな絶倫になり、その白い液は媚薬成分も含むようになったと。

で、父親の死後、家を継ぐ条件が嫁ゲットということで、学園の女生徒に手を出していくらしい。

物語部分はアテにしてないのだけど、テキストが結構くだけた感じの楽しい文面だったので
スラスラ読めたのは良かったです。メイドのキャラ付けも口取りも良かったのでメインヒロインより
私としてはメイドの方を楽しみにしています( p´∀`)q

気になったのが「調教モード搭載」というやつで、ちょっと面倒くさそうかなというのが心配です。
中途半端に選んで進まないとか、シーン回収が面倒くさそうとか…(;´Д`)ごほgほ

とはいえ、久々にお口に特化した事をセールスポイントに挙げているゲームなので発売が楽しみです。



■義妹だからできること、妹じゃないとダメなこと。■
メーカーはMink EGOです。

「お兄ちゃんにはぜったい言えないたいせつなこと。」の記憶も新しい中、Mink EGOの新作が登場。

前作はNTR確定で発売日購入者は大勝利(しばらく品薄)だったのだけど、今作もそうかなと
思いきや、最近のOHPの様子を見ると、どうやら予想外なコンセプトで作られている印象です。

「萌え黒」というので、腹黒い実妹と義妹による お兄ちゃん争奪戦くらいかなと思っていたんだけど、
実際は、サンプルにあるように実妹?を覗き穴から見ながら、義妹に手で擦ってもらうというような
一枚絵があって これはこれで面白そうでした。

そして、デモ動画の公開ではショッキングな展開も(;´Д`)ハァハァ

話にアクセントをつける意味では面白い公開方法だと思っているので、
期待を煽られつつ発売日を楽しみにしています。




以上3本が6月の予定になっています。

この他には、プレイしていなかったリパッケージ版の「LOVELY×CATION」に予約を入れてあります。

あとは「逆王道(OHP)」なんかもチェック入れてます。

ただ、逆王道はつるみくのゲームであるので、ハードな描写が多そうなので
それでドン引きしてしまい、プレイを止めてしまいそうな気がしているので 上には挙げませんでした。

( '-').oO(ダーク系の牝教師3なんて、途中で可哀想になって乗れなかった。)

逆王道については、面白かったら こっそり感想を書こうと思います〆('-'*

nice!(0)  コメント(0) 

2013年4月のアレ系ソフト購入計画。 [アレ系ソフト月別 購入計画。]

早いもので4月に入りました。
気がついたら桜も咲いてたし、月日の流れの速さに驚くばかり。

てか昨日、会社で健康診断があったのだけど、「隠れ糖尿病」とか言われて脅かされたよ(;´Д`)ハァハァ

一斉検診のような(ザルっぽい)中で引っかかるなんて、どんだけ私の身体はおかしいんだ汗

一週間に2回ほど、プチ断食して血糖値を下げるようにしようとか言われたけど、
医者が断食とか進めるのってアリなの?q(`∀´;q)

とりあえず、そう言われてからはご飯を食べるのを、少し躊躇してしまうようになったぜ。
ちなみに2年前と比べて、体重は大体 47kg → 53kg というくらいの変化。

でも、ここまで言われるのだから、体重以外で聴診器を当てたときに
身体の中から変な音でもしたのだろうか(;´Д`)ハァハァ

とりあえず月水金のマクドは今後食べないようにしよう。
いきなり晩御飯のローテーションが無くなったわけだけど、何を食べようかな…

身体が健康な頃は、ご飯を食べるのが面倒なときは
ワインだけ飲んで寝てたんだけど…今ではコップ1杯で二日間の下痢になっちゃうしなぁ…

健康に気を使う年頃になった今日この頃です。


さて、話がかなりずれたけど、本題。

4月分の購入計画を立てました。
参考に、いつものようにげっちゅ屋の月別リストを貼っておきますね。
http://www.getchu.com/all/month_title.html?genre=pc_soft&gage=all&year=2013&month=4

4/26
■魔導巧殻 ~闇の月女神は導国で詠う~■
メーカーはエウシュリーです。

4/26は、なにはともあれ魔導巧殻ですね。

体験版をプレイした印象としては、非常に不安になる内容だったのだけど、
きっと強力なテコ入れがされていると信じて待つのみですq(`∀´;q)

ゲーム部分以外で個人的に気になっている点といえば、娼館の扱いです。
捕らえたヒロインを送れるのでしょうか。
一応、それっぽいCGサンプルはあるのだけど、気になります。

他、レクシュミ登場シーンのCGサンプルもあるのだけど、捕獲できるんでしょうかね?( ´∀`) y-~~



■牝教師3 ~淫悦の学舎~■
メーカーはビショップです。

久々のビショップです。私にとっては「三射面談(感想記事)」以来になります。
三射面談でアヘ顔というか、口の形が気持ち悪く感じて購入から遠ざかっていました。

( '-').oO(いまだにそれ以降のいくつかのゲームも、ヒロインが妖怪にしか見えません)

今回、購入することを決めたのは色々な要因があります。
セールスポイントが面白そうだったのもあるのだけど、ヘア解禁?になったのに目が惹かれました。
※CGサンプルのところを見て、そう解釈。

私の記憶の中ではアレゲーの中では初めてな印象です。幼い外見のキャラには興味がないのだけど
子供先生にもちゃんとヘアがあって、そのギャップで少しドキドキしてしまいました(;´Д`)ハァハァハァ

セールスポイントの通常→猛りになっての差も面白そうです。
この辺の変化は「おっぱいハート」以来で懐かしいですね( p´∀`)q

他にも「技を閃く」で「一振動体」の画面がカッコよすぎて笑っちゃいました。
きっとビショップのことだから、戦闘BGMが流れるのでしょう。色々と楽しみです。

ちなみに今作での第一印象での好みはリーナ先生です。

牝教師3~淫悦の学舎~

牝教師3~淫悦の学舎~

  • 出版社/メーカー: BISHOP
  • メディア: DVD-ROM


■ポルノ作家麻由華■
メーカーはカトレヤです。

年長者がヒロインというのを徹底しているメーカーですね。
ここのゲームも購入するのは久しぶりです。というか、最近は絵の好みが微妙すぎたし(;´Д`A

今作は絵の安定感が違いますね( p´∀`)q
作家の麻由華や、先輩編集者が良い感じです。

ただ一つ気になる点はサンプルCGのところに書かれているテキスト。
なんか、すごい読みにくい。いや、読みにくいというより本当にアレ小説のセリフ回しっぽくて
実際に声に出すと堅苦しい言葉に見えてしまう。

体験版未プレイなので、ゲーム上の流れで どんな風なテキストになってるかは分からないのだけど
抜き出したままのテキストだったら肩がこりそうな印象です。



■LOVELY×CATION2■
メーカーはhibiki worksです。

ちょっと面白そうだったので購入候補に入れてみました。
でも、おそらくプレイする順番としては6月前になりそうな雰囲気。

前作の絵は若干、目が大きいというか黒目が大きめなのが気になったけど、
今作の2の塗りは瞳がツヤっているので気にならなくなりました。
塗りの力って偉大ですね( p´∀`)q

今作は4人のヒロインとコミュニケーションを取りながら仲を深めるというのはよくある事なのだけど、
説明を見てるとゲーム要素が強そうなのを感じて、興味が惹かれました。

もう、私も歳なので、純愛系のシナリオゲーがちょっと辛く(ダルく)なってきてるので
そういうのとはちょっと違うゲーム要素があった方が面白そうに思えてしまうのですよ。

今作は服をプレゼントしたらそれを着てくれて立ち絵が変化するとか
アレシーンにも影響あるとか、回収は大変そうだけど素直に面白そうだなと思いました。

アイテムも200種類あるそうなので、その辺にも期待したいところです。
もちろんゲーム要素だけじゃなくてヒロイン4人が4人とも可愛いですね( p´∀`)q

お尻が大きいことを気にしているヒロインが跳び箱の横で跨っている一枚絵を見て、
購入を決意したようなものです( ´∀`) y-~~  おしり&ふとももフェチです。

私のキャラの好みとしては先輩キャラでしょうか。絵が光って見えるよ( p´∀`)q
この手のゲームを購入するのは初めてなので、どんなものなのか楽しみです。

LOVELY×CATION2 初回限定版

LOVELY×CATION2 初回限定版

  • 出版社/メーカー: hibiki works
  • メディア: DVD-ROM


4月の予定は以上、4本を予定しています。

4月の新作ソフトとは違うのだけど、廉価版で「MinDeaD BlooD Complete Edition 価格改定版」が
http://www.getchu.com/soft.phtml?id=766316
発売されるようなので、未プレイの人は是非チェックを入れて欲しいですね( p´∀`)q

攻略サイトを見ないと自力攻略は無理な難易度だけど、シナリオが最高です。
ブラックサイクはこの「MinDeaD BlooD」と、「ゴア・スクリーミング・ショウ」、
「EXTRAVAGANZA」、「GUN-KATANA(銃刀)」あたりは黄金期で、輝いていましたな。

ブラックサイクというと凄惨なシーンが多そうで、それで遠慮しがちな人がいるかもしれないけれど
私的には「無法地帯を支配するのは力で、そこで人間の本質が垣間見れる」と考えているので
アレとは別ベクトルの18歳未満お断りの表現が描かれた素晴らしいゲームだと確信しています。

未プレイの人は是非に、黄金週間で体験してもらいたいものです。
nice!(0)  コメント(0) 

2013年2月のアレ系ソフト購入計画。 [アレ系ソフト月別 購入計画。]

まだ少し早いけれど、2月分の購入予定でも。

ほら、明日から忙しくなりますしね( ´∀`) p


私的に2月分は、購入を迷い渋っていたソフト2本の購入決定が大きいです。
両方とも、「もう騙されない!」 と心に強く思っていたはずなのに、コロリと購入に
天秤が傾いたぜq(`∀´;q)

ということで、延期分も含めて2月の予定でも。

いつものようにげっちゅ屋の月別リストを貼っておきますね( p´∀`)q
http://www.getchu.com/all/month_title.html?genre=pc_soft&gage=all&year=2013&month=2


2/8
■姫巫女-燦■
メーカーは縁-yukari-です。

だいぶ前に購入予約を入れていて、つい最近(1/20)発表されたのだけど
なんと「音声がパートボイス」ということになっています。

えっと…どういうことですか?(;´Д`)

おじさん、意味が分からないんですけどq(`∀´;q)

それほど会話が多そうなゲームでもないのに、この削りようは予算不足なのでしょうか。
なんか今後のこのメーカーの行く末が本当に心配です(;´Д`A

パートボイスなんて、ここ最近では大帝国以来ですよ(;´Д`)
もちろんウンザリさせられたわけだけど、ちょっとこれはゲーム発売前なのに
厳しい評価をせざるを得ないよ(;´Д`)

アレシーンにだけ音声あるなら 極論でいうと、実写系動画を見てるのと変わらないのですよ。
二次元でゲームというからには、そこに至るまでのドラマやシチュエーションがあって
本番のアレシーンへの演出を高める効果があるんだけど、それが省かれて
盛り上がるわけがないというのが私の持論ですq(`∀´;q)

(;´Д`)はぁー…

なんか言葉にならないです。
ショックすぎて真っ白です。

(リンクは貼りません)


2/22
■SISTERS~夏の最後の日~ Ultra Edition■
メーカーはジェリーフィッシュです。

1月からの延期分です。
先月も書いた気がするけど、2月でも間に合うんですかい?( ´∀`)

アニメーションが増えるのは良い事なのだけど、結局ストーリー展開は一緒なのかが気になります。

私的には口取りシーンが増量されている印象なので、それさえミッチリあれば
たいていの事はスルーできるのだけど、何とか幸せに終われそうな話にしてもらいたいものですね。

SISTERS~夏の最後の日~ Ultra Edition

SISTERS~夏の最後の日~ Ultra Edition

  • 出版社/メーカー: ジェリーフィッシュ
  • メディア: DVD-ROM


■魔法少女はキスして変身る■
メーカーはルネです。

今回はハッキリいって、パスしようと思っていました( ´∀`)

絵的にこの原画の人と魔法少女は合わないよq(`∀´;q) って思ったし、
ヒロインのCV名公開で「う~ん(;´Д`)」な人だった事もあったし、
そもそもNTRというより、魔法少女モノになると敗北系が定番だろ!っていう印象が強くて
なかなか食指が動きませんでした。

しかし、そんな迷っている時に、あるCGサンプル絵を見て一気にテンションが上がりました。
屋上かベランダかは分からないけど、野外でヒロインのママンが跪いて口取りしている絵です( p´∀`)q

ヒロインが他の男に取られるとNTRが成立するけど、その母も取られるのはどうよ?って
人もいると思うけど、これは私が大好きなパターンの一つで、「アリ」だと考えています。

そんな感じで一度良い印象を持つと、他の興味のなかったサンプル絵も魅力的に見えてくる不思議。

私的にはママンとクラスメイトの幼馴染の女の子に期待しています。
でも、メインヒロインには相変わらず あまり興味が沸かないという( ´∀`) …

色々と理由を考えたんだけど、これはテンプレキャラすぎなところが自分的に受け付けないのかなと。
別にNTRのために、主人公にゾッコンLoveにする必要はないのよ?( ´∀`)

むしろ世界を守るため、超強気なヒロインが「はぁ? 何で私がそんな事しないといけないの」と
思いながらも、戦うために異世界の男に身体を捧げることを周囲から強要されて
オモチャにされてる展開の方が燃える! そこへ主人公が介入して守ってやるとか、仲良くなっても
結局ヒロインに裏切られるとか、そういうのがNTRの真髄だと思うんです( ´∀`)  熱く語ってしまったぜ

ちょっとこのジャンルがマンネリ化しているので、色物企画で変化を出そうとしているのだろうけど
NTRありきじゃなくて、主人公が介入したけど裏切られるようなパターンが出て欲しいなというのが
私が今、強く思っているところです。

まぁ、なんだかんだ語ってしまったけど、NTRには期待せず、魔法少女が力を得るために
不特定多数の男性と合意でアレをするという認識で楽しみにしています( p´∀`)q

魔法少女はキスして変身(かわ)る~相手が彼以外の人だなんて……~

魔法少女はキスして変身(かわ)る~相手が彼以外の人だなんて……~

  • 出版社/メーカー: ルネ Team Bitters
  • メディア: DVD-ROM




■パステルチャイム3 バインドシーカー■
メーカーはアリスソフトです。

購入をパスしようと思っていたゲームその2。
前作の2がイマイチで、1周しただけで投げてしまった記憶が強くて
「パステルチャイム」というタイトルには あまり良い印象がないのだけど
体験版をプレイしてみて、感触が良かったので手を出してみる事にしました( p´∀`)q

掛け合いもテンポがいいし、登場キャラも男女ともに可愛かったのが良かったです。
てか、おじさんバージョンの主人公に声があったのが驚きだ( ´∀`)

すごいカッコいい声で、ずっと喋ってくれると思ってたら、若返り後は無音声?に
なってたのが残念でした。アレゲーだと邪魔になるとか色々と言われるけれど
「顔があるキャラ」なら、主人公といえども ちゃんとCVがあった方がしっくりしますね。

むしろ、若返りなんていらなかった( ´∀`)
あの渋いおっさん声で、若い学園生を自慢のテクで攻略して欲しかったです(;´Д`)ハァハァ

ゲーム全体的に色合いがしっかりしている印象で、とっても綺麗で目が引きますね。
ゲーム部分でも戦闘時のビジュアルなど、かなり手の込んだものに仕上がっているのだけど
戦闘システム自体は長時間プレイを想定すると、ちょっと面倒くさい印象ですな。

この戦闘システムで、エンカウント方式だとキツイなと思いました。

あ、ちなみに好みのキャラはエルフな先生です( ´∀`)
中の人の名前が公開されたときに凄く無難な人を選んだなというのが第一印象だったけど
ゲーム中で喋っているシーンを見ていると すごくしっくりきてました( p´∀`)q

全く期待してなかったのに、楽しみになってきました。



2月の予定としては、以上4本です。

nice!(0)  コメント(1) 
前の5件 | 次の5件 アレ系ソフト月別 購入計画。 ブログトップ