So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
アレ系 ブログトップ
前の5件 | -

アレ系 「新人20歳のお姉ちゃんAVデビュー!! 悠木 倫2」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはアトリエさくらです。
新人20歳のお姉ちゃんAVデビュー!! 悠木 倫2  2018年 8月31日(金) 発売予定

「2」ということで、前作の続きからということになります。
前作の感想記事はこちら→https://aumays.blog.so-net.ne.jp/2017-11-25

今作は登場人物に従兄の存在が挙がっているのだけど、残念ながらアクセントにはなっていませんでした。
というよりもこのシリーズは、寝取られ うんぬんというよりも実姉弟モノですね。

その一要素に、撮影として他の男が絡んできて、それが良いエッセンスとなっているのだけど
従兄の存在が物語を盛り上げる存在にはなれていなかったです。

従兄の存在は、主人公の嫉妬心を煽るというよりも、この悠木倫シリーズを完結させるためのもので
実際にシーンを覗いてみても、それほど心にくるものは無かったです。

個人的にはむしろ主人公の大学の友人が、素人逆ナンパモノの撮影に参加して、
みっともないニヤけた顔で姉ちゃんにしゃぶられているの見て悶絶するようなシーンが欲しかったです。
そういうのを望んでいたのは私だけではないはず!

ちなみに今作は前作からのナンバリングであるので、前作からの物語の続きとなっていて、
状況としては姉ちゃんとヤっちゃってる状況です。

今作の特徴としては、前作でもそうだったのだけど、「焦らし」が効いていましたね。
前作では姉の動画を観て、いつしかヤリたいと思うようになり、それで念願叶ったというところだけど、
今作ではその念願が叶ったのもつかの間、従兄と結婚するからキッパリと行為を禁止された点。

一度、味わってしまったのに、ずっとお預けを喰らうという「焦らし」が良かったです( p´∀`)q
たんびたんびで断られて、その合間ごとに姉の新作動画を観て熱を燻らせていくのが良いですね。

最終的には完結すると最初に書いたとおり、「まぁ、そうなるわな」という台無しになる展開があって
いびつな姉弟関係になるのだけど、実の姉弟間だから出せる雰囲気のようなものが
シーンの随所にあって、この辺の軽妙なやり取りはこのシリーズ独特の持ち味だなと思いました。

■まとめ■
姉弟モノとしては変化球だけど、普通に面白かったですv(`∀´v)



■良かったシーン■
シーン数自体は値段相応というか、やや少ない(盛り上がらない従兄シーン+2が勿体なく感じる)のだけど
こういうアダルト動画独自の企画モノというべきネタがシーン展開されるのは魅力的ですね。

男性の初めて狩りのシーンで、役者と自分を重ねる姿もゾクゾクしたのだけど、
やはり壁ごしに彼氏の珍宝を当てるクイズが良かったですねv(`∀´v)

姉ちゃんとの行為を禁止されてのこの展開、1人だけギンギンになっているのも頷けます( p´∀`)q

壁穴からにょきっと出ているナニをを口でして、三人の内だれが彼氏か当てるゲームだけど
主人公視点では、壁の裏で無言で語り合っているシーンとかちょっと面白かったですv(`∀´v)
こういう舞台裏的なのは新鮮ですね。サムズアップする謎の共感が面白いです。

その後、擬似彼氏(弟)の前で貫かれて「激イキ巨乳」の名にふさわしく、激しく乱れる姿も良かったです。

「シチュエーション」として、これらのアレシーンがあるのはタイトルのとおり
大人の動画ならではですね。

これが本当のカップルだと ただの寝取られになるし、ごっこ遊びでもないし。
撮影というシチュエーションで、それでも乱れてしまう姉と悔しさを抑えきれない弟が良い対比になっています。

感想本編では、文章を上手く書けなかったけれど、こうやってシーンについて語ってみると
私ってば、普通にこのゲームを楽しんでいたんだなとしみじみ思いました( p´∀`)p

nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「Erewhon」クリアー('-'* [アレ系]

メーカーはCLOCKUPです。

さっくっと行きます〆('-'*

アレ要素と、徐々に明らかになってくる村の真実が上手くかみ合っていて良かったです。

ただ、その村の真実が明らかになるにつれて「可哀想」という気持ちになってくるので
それまででワクワクしていたアレ要素で使用する気分では無くなってくるのはマイナスだと思いました。

いや、シリアス展開で、そんな真実があったのか! とか、それは想像できないわとか、
主人公が御廻様になっちゃうとか色々と面白い部分もあったのだけど、やっぱり
やるせない過去を見せられると うーん(;´Д`) という気持ちになります。

ちなみにシナリオの流れ的には、最初にヒロイン達が話してきたように、稀世良 → 十子 で進めるのが
一番自然な話の流れになるんじゃないかと考えています。

その後は最初に戻って新しい選択肢が追加されていたり、元の選択肢に戻ったりすると
真相ルートがタイトル画面に開示されるという仕組みになっています。


■ここが良かった!■
☆口取り要素が多くて大満足です。
☆卑語は珍宝を完備しているので、使用が捗りますね( p´∀`)q
☆思っていたよりも根の深い物語でビックリしました。

■ここがイマイチ■
★終盤は対集団戦が多くてウンザリする場面が多かった。でも稀世良に集団戦が無かったのは不公平。
★卑語の珍宝完備は良いのだけど、さすがに物語の舞台と合っていないので違和感が強かった。
★真相が分かるにつれて、シリアス展開になっていき、可哀想で使用する気が無くなってきた。
★「CycloneX10」に対応しているが、設定が雑すぎて使い物にならなかった。(ANIMで慣れてる人はガッカリする)

私は無理やり系でも1vs1なら、まだ「ずっと狙っていた女を手に入れた」というような高揚感で
アレシーンを楽しむ事が出来るのだけど、それが対集団戦になって一方的に嬲られるのは
さすがにドン引きしてしまい、終盤は境遇が可哀想になって、素直に使用することが出来ませんでした。

アレ要素的には思い返せば、サエと脱出して、エンディングで お掃除してもらうあたりがピークだった気がします。

そうです、このゲームはシナリオ的には可哀想になる部分もあるのだけど、真相を知らない
序盤から中盤にかけては理想的な抜きゲーとして活躍してくれるのです( p´∀`)q

特に口取りに関してはしっかりガッツリとシーンを入れてきているので、
その手のジャンルが好きな人は満足するんじゃないかと思います。
口取り好きの人が好む構図が多いので、絵的にもちゅぱ音的にも満足です。

嫁候補となるダブルヒロインも良いのだけど、その母親も大活躍なのが良かったですね。
なんというか貫禄のあるバキュームを喰らって、おじさんはノックアウトですよ(*´Д`)ハァハァ

一方で残念だったのが、もう1人の方の母親で、そちらはほぼ終盤の過去でしかシーンが無く、
主人公と直接絡まないので、なんとも勿体なく残念でした。

いつ、この口うるさい十子の母親を屈服させるシーンがあるんだろうと ずっと楽しみにしていたのに
既に一通りの経験(フルコース)をしていて、うーん(;´Д`)…とやはり残念に感じました。


シナリオに関しての感想は、ネタバレになるので語らないほうが良いでしょうね( ´∀`)

なかなか凝っていて読み応えがありました。
でも、やっぱり可哀想という気持ちが出てきてしまい、もう一度あのシナリオを読みたいとは思わないです。

あ、別に可哀想というのはグロいとかいう意味ではないです。人権が蹂躙される系のやつです。
グロい系は私は、ゴアやEXTRAVAGANZAをプレイしてる人なので、
このゲームにグロい要素ってあった? っていうくらいソフトな感じだったと思います。


■まとめ■
まったくシナリオの感想に触れていないのだけど、最初に与えられた情況、情報からは
到底想像のできない、根の深い「赤い悪夢(ゆめ)を喰う」の物語で、よく練られているなと思いました。

今作の本筋というか根本がこの赤い悪夢で、すべての元凶なんだけど、
真相が分かって初めてこの意味が分かるのが面白かったですv(`∀´v)

アレシーン的には、私は口取りが好きなので、ガッツリとあったのは良かったです。

Erewhon

Erewhon

  • 出版社/メーカー: CLOCKUP
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク」クリアq('-'* [アレ系]

メーカーはワッフルです。

実は絵だけのチョイスで、全く期待していなかった今作。
序盤の展開も「親友クズだなぁ」とか、主人公の「便女にしてやる」発言にウンザリしていたのだけど
それらすべてのマイナス点にエロが勝ったというのが率直な感想です。

テキスト量も多すぎず、少なすぎず、ちょうどいい尺でゲームを終えられたのでお手軽感もありました。

卑語は無修正だけど、堕ちる直前までは皆無。でも卑語よりもエロい、
半落ちしながらも快楽を堪えている演技が最高に良かったですv(`∀´v)

■ここが良かった!■
ヒロインの心がなかなか折れず、悔しそうな顔をして不本意に要求を飲まないといけない展開が熱いです。
☆とにかくヒロインの絵が良いです。
☆後穴の喘ぎ、よがり方が 前穴と違いを出していた演技が光りますねv(`∀´v)
☆「こだわり表現」の演出がとても良かったです。

■ここがイマイチ■
★主人公が調教に失敗するエンドがあっても良かったと考えています。(確認できてないだけ?)
★貞操帯はやりすぎかなと思った。(SM要素は私は苦手)
★いくらなんでも露骨に 透けブラ すぎだろうと思った。


いやはや低価格ゲームだったし、体験版もプレイせずに 期待していなかったけれど、
予想を遥かに上回るエロさで大変満足しました。

冒頭に書いたとおりあらゆるすべてにエロが勝ったというのを久々に体験しましたね。
もちろんストーリーが面白くてアレ要素も充実しているのが一番いいのだけど、
低価格だったのか、あっち方面に特化していましたね( ´∀`)q

ヒロイン絵は少ないサンプル絵からも分かっていたとおり、ひじょうにレベルの高いものだったけれど
個人的には口取りシーンもそこそこあったのが良かったです。
あと意外にも胸で挟むシーンの一枚絵が神掛かっていましたね。

単に巨乳絵師が描く風船のように膨らんだ胸に挟むのではなく、ちゃんと立体感のある胸に
嫌悪の表情を浮かべながら挟み、その後に胸挟み口取りに移行した時の上目遣いに
睨みつけてくるヒロインの表情には体中の血管に電気が奔るほどの衝撃を受けましたv(`∀´v)

そうです、私は不本意に、嫌々だけど行為はしないといけないというシチュが大好物なのです。

またそのシーンだけじゃないんだけど、胸のホクロが良いワンポイントになってるんですよね( p´∀`)q

その後の69や部屋なのにスク水を着ての口取りも とても良かったです。これは非日常感が出てますよね。
その頃にはヒロインも学習してきて、嫌だけど早く終わらせるために、心の中はどうであれ
口と舌は動かすというシチュがとてもそそります。

後半の結合行為は中だるみを感じたけれど、後穴の攻略が良いアクセントになっていましたv(`∀´v)

前の穴と後の穴で喘ぎに変化を持たせているのが良いです。これはテキストやライターの演出も
あるのだろうけど、後の穴だと耐えられない、堪えられない、我慢できない と言ったような
身体の喉の奥底から上がってくる喘ぎ声が最高でしたねv(`∀´v)

若干、声が低くて、女学生というよりもOLや人妻的な声になっていたけれど
それだけ深い快楽によってひねりだされた声だと好意的に見ることにします( p´∀`)q

他、こだわり表現として画面が上下に動いた入りする演出は思っていたよりも馴染みましたね。
「交姦の虜たち…」でもそういう演出はあったのだけど、より進化しているように感じました。
今作はこの点で、巨乳がバイバイン跳ねるというような絵を混ぜる事で擬似アニメのように
表現しているしね。

てか、それをやるなら会話中でもずっと動かし続けれくれれば良かったんだがq(`∀´;q)
※擬似アニメ的なバインバイン跳ねる表現をする時はメッセージ枠が消える。

イマイチだった点は、貞操帯を装着させるという点。私はSM要素が苦手でコレはさすがにドン引きです。
しかも学生相手にこれは本当に無いわという感じです。スカート短いのに…
まさか貞操帯の上にパンツを履くということなのかな汗 ちょっと現実感なくて想像できないです。

これが企業勤めのOLとかなら、体育とかで着替えることが無いので分かるんだけどね。

あとは露骨な透けブラはどうかとq(`∀´;q)

もう透けるというよりも、これ、半透明だよね。てかもう水着じゃね?ってくらい。
薄っすらと柄が見えるとか、そういうくらいに留めないとフェチ要素は感じられないと考えています。

薄っすらとブラウスとブラが見えることで、彼女の体臭と洗濯物の臭いとかが感じられると思うんだが。
(水着のようなものを見て、体臭を感じられないのと同じ感覚)


■まとめ■
見守るだけで良かった存在が、親友に掠め取られて 逆恨み的な犯行に及ぶのだけど
自分を助けてくれた彼氏を絶対正義と信じる彼女は主人公の要求に対して
不本意に嫌々な表情で奉仕するという一枚絵が良かったです。

そんな彼女が こだわり要素のピストンで上下する一枚絵や、
後穴攻めでの こらえられない喘ぎ声をあげる声優さんもグッジョブでしたね。

物語自体としては、親友のクズさ以外はありきたりだけど、
エロ要素がすべてに勝ったというべき内容で満足しています。

ゲーム全体の尺もほどほどの長さで、プレイしていて疲れない、飽きる前に終われたので良かったです。
とてもバランスの良い良作だと考えていますv(`∀´v)

親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

親友が気づかぬ内に彼女を寝取るボク

  • 出版社/メーカー: WAFFLE
  • メディア: DVD-ROM


今回はワッフルの特典シナリオには興味が無いので、アマゾンで購入しました。
(汗だくにも、ブルマにも全く興味が無い)

nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「神待ちサナちゃん」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはフリルです。

いやはや大変良かったです( p´∀`)q
実はまだ回想埋まっていないけれど、サナちゃんルートだけで満足しています。

フリルの低価格路線はヒットが続いているように感じますね。
この前の「円交2」や「ヤリサー」は微妙だったけれど、これはディレクターの趣向の差?でしょうかね(;´Д`A

物語上で盛り上げるところと、プレイヤーが望むエロ要素をきちっと押さえたところが好感です。
いつも後ろの穴も盛り込まれるのはディレクターの指示でしょうかね。

こう、出すヒロインは必ず、全穴制覇みたいな( ´∀`)

若干、いい話の後なのに、そこで目隠しでする? って場面もあってアンバランスなところもあったけれど
満足しています。アレゲーはやっぱりいいね。わくわくして、生きている充実感を感じられますv(`∀´v)


さて、物語としては行き場の無い少女達を宿泊させる「神」としてコミュニケーションツールを使って
やり取りして若い身体を喰っていた主人公が1人の少女と出会うことから動き始めます。

大人の男を前にしての警戒感とか、とても雰囲気が出ていて良かったです。
脅えていながら行き場のない状況で条件を飲まされて、奉仕する姿にはゾクゾクしましたよ( p´∀`)q

そこに至るまでの会話のやり取りも、ゲームの特徴に挙げていた「E-mote」システムにより
感情移入が高まります。過去、色々なメーカーで同じシステムを使っているのを見たことあるのだけど
ここまで完璧に使いこなしているのは今作が初めてではないでしょうか(*´Д`)

ゲームの画面解像度が高くて、全く、これっぽっちも絵の境界線に粗が無い点も大きいのだけど
本当に自然に動くんですよ。

この前の他社の、「如月真綾の誘惑」もレベルの高い動きだったけれど
そのゲームは立ち絵のポーズごとで動く分、どこかコマ落ち(動きが飛ぶ)しているような影響を受けて
「ああ、ゲームだな」という動きの断片化が感じられたのだけど、
今作は顔アップで切れ目無く表情が変化したりするので「生きている」
「中に誰か居て動かしているんじゃないか」ってくらい自然に感じられました。

そういうわけでヒロインへの感情移入の前提として、仕草からでも1人の等身大の少女として
プレイヤーの私が認識して、自然とゲームに入っていく事が出来ました。

話を戻して、そんなサナちゃんと宿泊の交換条件でアレをしていくわけだけど、
フリルというブランドの性質上、ああ、この後は高品質にまとめたアレが展開されて終わりかなと
考えていたら とんでもなくて、実にtone work's 的な話の盛り上げ方で きっちりと物語も
作ってきていることにビックリしました。

アレシーンでアニメーションするので、その分HDD容量が大きいのかと思ったら違っていて、
シナリオ量もかなりのものでした。低価格なのに、このゲームのHDD容量は「4.02GB」ですよ(;´Д`)ハァハァ

家出少女はなんらかの家庭環境での問題を抱えているのだけど、このサナちゃんもそうで
交流が続くうちに徐々に問題が浮かび上がってきて、それと同時に主人公の生い立ちも語られ
収まるべき終着点にまとまるというシナリオ運びが秀逸でした。

主人公の勤め先とヒロインの親との関係も無駄のないシナリオ運びだし、母娘の関係を描いて
愛が深いゆえに暴走気味の母に気づかせる演出など、無駄が一切無い
すべて計算されつくした内容でゲームクリア後にとてもスッキリした気分になりました。

ヒロインの母に関しては、とても共感の持てる事を言っている一方で拘束しすぎな面も浮かび上がっていて
それが主人公の生い立ちには眩しく見えたりと、この辺の心境の妙もとても良かったです。

アレ要素については、アニメーションの威力が凄かったです。
アニメーションする場面は少ないのだけど、力強いストロークの腰使いが表現されていて、
上り詰める時にはガンガン腰を振るピストン運動がとても良い動きをしていました。

口取りに関しては小ひょっとこ も披露するなど、サナちゃんは頑張っていましたね( ´∀`)
若干、タコ的な不自然な絵の時もあったけれど、普段のサナちゃんとのやり取りを考えると
とても下品でエロかったです(*´Д`)ハァハァ


■まとめ■
個人的にはtone work's 的なゲームの1ルートを抜き出したかのような、丁寧で計算された
シナリオ運びでゲームクリア時にとても達成感のある物語となっていまいた。

脅えていた初対面の印象から、交流が続くうちに人の良さが表れて
ニコニコと からかい合うまでの人間関係の変化をシナリオだけでなく
E-moteシステムを使って表情を変化させてリアルタイムに感じられたのは初めてではないでしょうか。

ここまでの出来を見てしまうと、tone work's でもE-moteシステムで立ち絵を動かして欲しいなとも
思っちゃいますよね。例えば「銀色、遥か」だと、べスリーや雛多が このレベルのE-moteで動いたら
私はもう、三次元には戻れなくなりそうです( ´∀`)

でも、それやるとスタッフが倒れそうな気もしますが( ´∀`)

このゲーム、とても満足しています。

神待ちサナちゃん

神待ちサナちゃん

  • 出版社/メーカー: Frill
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 

アレ系 「ランス10」クリアーv(`∀´v) [アレ系]

メーカーはアリスソフトです。
ランス10

いやぁ、面白かったですねぇ( ´∀`)q
発売日からほぼ毎日数時間を繰り返しプレイして、やっと一息つくところまでクリアしました。

今現在の私の中でのやり遂げた感のある実績としてはこんな感じです。
もう、クリアしていいよね?実績.jpg
どんなやり込み系ゲームでも、セーブデータ一つで全回想、全実績オンって感じの世の中だけど、
自力でここまで実績解除を頑張ったのは、やはりランスシリーズだからでしょうか( ´∀`)

唯一の心残りとしては9ターン目でのワーグ撃破が出来なかった点でしょうか。


■ここが良かった!■
☆ゲーム性、バランス調整が絶妙で、プレイヤーの経験とCPを使って周回を重ねていくシステムが良かった。
☆最終的なエンディングは変わらないものの、そこへ帰結するまでのルートが色々あって楽しめた。
☆思っていた以上にシナリオボリュームがあり、魔人の各個撃破にもイベントがあって面白かった。

■ここがイマイチ■
★カード取得が運要素な部分もあり、ある程度の不規則性を楽しむゲーム要素を嫌がる人がいるかも。
★シリーズの最終作ということもあり、女性キャラは多いけれど、シーンが無いキャラも居て残念だった。
★プレイ時間が長大である。


最近のランスシリーズの印象としては、
ランス6は順当なRPG作として、戦国ランスは国取りSLG名作として、
ランスクエストは作業にならないゲーム性RPG、
ランス9は…シナリオは良かったけれどミニゲーム感が強かったという印象です。

で、今作のランス10は登場人物をカード化して、それらを集めて合計値を戦力として
PTというか魔人討伐隊を編成するという感じです。

今作のゲームシステムのキモは、これらの強者カードを揃えて、育てて、さらに能力を底上げすべく
一般兵だったり普通の仲間のカードランクを育てたりする収集系RPGです。

最初はピンとこないシステムだったのだけど、2周ほども周回すれば
どのキャラが強いか、便利か、同人物カードが複数枚あるかなどプレイヤー側が把握できてくるので
攻略がはかどるようになりますねv(`∀´v)

で、周回を重ねて新しいエンディングを見るたびにCPが貰え、
プレイヤースキルも上がることで魔人二人抜きという快挙も行えるようになってくると…
それに合わせてゲームの難易度も絶妙に上がるのが良かったです。

難しいAルートエンディングを目指すためには、効率的に魔人を撃破する必要があり、
それらを倒すための準備や人員の相性などなど、色々と用意して倒していくんだけど
効率よく倒せば倒すほど敵も強くなっていくのも、このゲームのキモになっていますね。

難易度の上昇の仕方が本当に絶妙で、敵は強くなるけれど、終盤あたりは
今の戦力でギリギリ勝てるか、勝てないかくらいのバランスぶりで、これは本当に凄いなと思いました。

もうね、何度も泣きが入りそうな死闘を演じる事もあったし、苦行ともいうべきボス戦も経験したのだけど
今となっては良い思い出ですね( ´∀`)q

シャングリラで影武者倒すのに精一杯で泣きが入ったり、夜のケッセルリンクなんて
とても倒せる敵では無いと思っていたし、大食い勝負なんて勝つのは不可能だと考えていました。
それがちゃんと倒せるようになるのには自分でも驚きましたね( p´∀`)q

もちろんそんな無理な戦い方をせずとも、ターン数を使えば(一体ずつ相手する)
ちゃんと倒せるようにシナリオ演出されているので心配はしなくても良いです。

ただしその場合は生存キャラが変化するので、どうしても助けたいという
ワガママを通すためには、プレイヤーとしては避けられない道でしょうな(;´Д`)ハァハァ

そんな感じで今作は固定入手カードと、ある程度のランダム性で得られる現有戦力をもって
戦っていく事が求められるので、すべて型にはめて寸分狂いなく攻略の筋道を立てたい人には
不評かもしれないですね。まぁ、今作においてはその触れ幅が遊びどころという感じだけど。

あと、シリーズ作でさらに最終作ということでこれまで登場した女性キャラも多く登場するのだけど
カードとして登場しただけで日常イベント3回分しかないようなキャラもいて、
その辺はゲームの仕様上とはいえ、やはり勿体ないなと思いました。

私的にはとりあえずウルザに1シーンあっただけでも僥倖というところでしょうか( p´∀`)q
裸カードの説明にある「なんだかんだ、良い雰囲気になることもあったり」というのが
たしかにウルザの持ち味だなと思いました。

ちなみに裸カードは一般兵ではなく、名前のある女性キャラ全員分あるのかな?
カード入手時にピロートーク的なイベントがあったりします。

最後にこのゲームの一番の強敵は「時間」です。
ターン制限のあるゲームシステムっていう意味でもあるけれど、リアルの時間消費が凄かったです(;´Д`A
まる一ヶ月以上、ランス10にかかりっきりでしたよ(;´Д`)ハァハァ


■まとめ■
十分に納得のいく「遊び」、「ゲーム」を楽しむ事ができましたv(`∀´v)
ランスのような人格の主人公キャラは、おそらく今の世の中からは出てこなさそうなので
これでランスの活躍が見れなくなると思うと残念でなりませんね・゚・(ノД`)・゚・

そういえばランスといえば最後の最後で「本命さん」への本音が聞けたので
シリーズをずっと通してプレイしてきた人にとっては、それだけで感慨深いものになりましたね( p´∀`)q

あまり感想らしい感想にはなってないのだけど、頭が燃え尽きるまで頑張ったということで。



■攻略情報■
初回プレイでいきなり難易度の高いAルートを目指すのは厳しいと思うので、
まずはゲームシステムに慣れるように、やりたいと思ったことをやっていけば良いと考えています。

シナリオ上で分岐の大きなポイントとなるのは、
「魔王探索」をしているか、「シャングリラ攻略」をしているか、「4地域は無事」か、という3点になります。

WIKIなどがあるので、攻略情報はそちらを見れば良いのだけど
一応、せっかくの記事なので書いていきます。

Aルートを目指すためには上記3つを満たす事は大前提となっているので、
それらを確実に実行しつつ、4地域を順番に支援したり魔人を撃破していくというのが
ゲームの基本の流れとなります。

攻略の流れの例
Aルート「魔物界大侵攻」達成時の私の道程。(CPは+11)
※拠点クエストで有利クエストを発生させる。(死傷者減らすために)

1ターン目:「カラー救出」(固定イベント)
2ターン目:「ゼス支援」と、「リーザスで魔人退治」で「魔人姉妹」を撃破。
3ターン目:「ゼス支援」と、「ヘルマンで魔人退治」で「バボラと」「ケッセルリンク」を二人抜き。
4ターン目:「ゼス支援」と、「自由都市で魔人退治」で「レイ」と「パイアール」を二人抜き。
5ターン目:「全地域で大活躍」と、「シャングリラ攻略」。
6ターン目:「ゼス支援」と、「魔王探索」で美樹を確保。
7ターン目:「ゼス支援」と、「ホーネット奪回」。
8ターン目:「リーザス支援」と、「ゼスで魔人退治」で「ガルティア」と「メディウサ」を二人抜き。
9ターン目:ヘルマンにワーグが現れたので「ヘルマン支援」と、「リーザスで魔人退治2」。
10ターン目:ワーグ撃破。
11ターン目:「自由都市解放」でマリアを見せ付ける。
12ターン目:鬼畜アタックカードを入手したり、各地域を解放したりなど。
13ターン目:準備にて「魔物界進軍計画」を実施し、「大規模徴兵」を行う。
14ターン目:大作戦「魔物界大侵攻」の開始

ちなみに10ターン目では、ワーグ撃破せずに「強行突破」も実行できます。
その場合各地ですべての魔人を撃破しているので、ケイブリスだけが強敵となります。
(強行突破にワーグは出てこない)

この魔物界大侵攻というのは人類側の兵力100万以上ないと成功しないそうで、兵力確保がキモになります。
兵力が間に合った魔界大侵攻.jpg

魔王を倒す以外ではおそらく、一番難しいルートじゃないかと考えています。
兵力を確保するためには早期に各地域の魔人を撃破する必要があるのだけど
二人抜きをしてしまうと当然難易度は+2上がりつつ、シナリオが短くなるので
キャラの育成が伸び悩んだり、カード取得機会が減ることになるので難しいです。

とはいえCP+11あり、プレイヤースキルも上がっているので 何とか このルートでクリアできました。
ネックになるのはワーグ撃破でしょうか。

ワーグ戦はカードランク51からでないと参加できないのでメンバー的にも戦力値的にも厳しくなります。
メンバーを選定して初期の頃から狙って育成する必要がありますね(;´Д`A

あと取得カード枚数を200枚以上集めるのもポイント。
リーダーの強化値が×5倍から×8倍に上昇します。

ワーグ撃破時の様子(10ターン目 難易度14)
10ターン目、難易度14 ワーグ撃破PT.jpg

私の場合はAP0攻撃でコンボ数を稼いで、高AP魔法攻撃を繰り返す感じで倒しました。
HP増強とハニージッポーは必須でしょうか。このメンバー内ではサチコが良い働きをしていました。
側面の排除が役に立ちましたね( p´∀`)q

このメンバー以外では、控えで健太郎や女ケッセルリンク、かなみ、マジック、アギレダ、きく、
シィル、アルカネーゼ、イージスなんかもいました。

…実績「恋人美樹」を達成するには9ターン目でワーグを撃破しないといけないんだが(;´Д`A
育てるのが間に合わなかったぜ(;´Д`)ハァハァ


■カードの育成■
基本的にずっと出しているであろうランスのカードのランクが、累積経験値量に近いので
食券イベントを使えば、ランスと同じまでとはいかないけれど結構近いところまでランクが強化されます。

「食券」の入手については、最初ゲームを始めた時は、道端に落ちているか拠点イベントでしか
入手できないと思っていたのだけど、ゼスの「マルチナ」のスキル、「調理準備」を使えば
支援状態のまま戦闘を終えると食券を入手できます。(マルチナはわりと簡単に入手しやすいカード)

食券は使用するまで3枚保持できるので、各ターンの準備クエストで3枚、作戦クエストで3枚というふうに
1ターンあたり6人分は使用できる計算なので、あとは育てたいキャラが出ることを祈って
食券イベントを引いていきましょうか( p´∀`)p


■便利なカード■
JAPANの上杉虎子、上杉勝子の二枚を持っていると、高確率でたがいに
割り込み攻撃をしてくれるので攻撃1回分得する感じです。

他、JAPAN勢では香姫様の「おだんごどうぞ」による100%毒が強烈でしたね( p´∀`)q
割合ダメージなので、敵のHPが1000万超えてたら、当然それに見合ったスリップダメージを与えます。

地味な戦法だけど、どうしても勝てないような相手には毒で相手のHPを1/4くらいまで削って
最後は大技の奮起で倒すのが良いでしょうね。
私の場合だと、初めてシャングリラを攻略した時は毒で勝ったようなものでしたよ(;´Д`A

ただし、アナライズで確認できる敵の異常レジストが高い場合はその分 成功率が引かれるので
過信は禁物ですね。「毒無効」を持つ魔人もいるしね。←後半に回すとガルティア戦で苦労する事に。

あとはAP消費0攻撃を持つ各勢力のカードでしょうか。「突撃-零-」とかそういうやつです。
コンボを稼ぎつつ大技を最後に持ってくる使い方はもちろん、防御+2回したあとでも
AP0だと攻撃することが出来るので地味に強いんですよね。

コンボ数を稼ぐだけなら、初期の頃から入手できる自由都市の警備兵による「突撃(弱)」も有効です。
使いづらい神の鉄槌スキルもちのキャラを常時入れておくよりも、ずっとストレスが無いです。
それに名前持ちキャラは食券イベントで育てられるので、そちらで一気に成長させるのも良いです。

神の鉄槌キャラといえば「魔法バリア」を思い出したのだけど、これ3倍攻撃とかダウン攻撃を回避する時に
有用なので覚えておきたいですね。手裏剣で不確実に防ぐよりも時と場合によってはAPの節約になります。
※敵の1回目の攻撃が大技だったりする場合など。

とりあえずこんなところでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - アレ系 ブログトップ